ゆっくりあるこう   by照美 yokoiterum.exblog.jp

大自然のかみさまと おなじほしにうまれたいのちにであう旅 唄いながら旅しています ~照美 


by yokoiterumi
プロフィールを見る
画像一覧

ゴールデンウィーク前半初日 

神奈川から迎えた友人は わたしの算命学の先生で
教えてもらう以外にも いままで
節目のときに算命学でのアドバイスをしてもらってきた

私自身の直感と算明学の照らし合わせも わたしが大切にしていること

わたしがわたしですっと立てていれば 私は大丈夫だと思っているので

バランス悪く力がかかっていると感じるときに 

なにが私をそうさせているのか 自分と向き合うツールにもなっている

今回もそれが一番の目的ではあったけど

b0138522_23354883.jpg

ぎりぎりまで予定調整してくれた友人が

多忙の合間をほんの数センチ縫うようにして

豊かな時間をきゅっとつめてもってきてくれた
「お茶持ってきたから 一緒に飲もーっ」 っと中国茶でのお茶会から始まり
はるちゃんを一緒に保育園に迎えに行って 家に帰ってのお遊びから
算命学のセッションから  おしゃべりから

二年半ぶりの再会だったけど その二年半のあいだに いろいろなことがあった

生きるってすごいことなんだ

b0138522_21530310.jpg

手放す 別れる悲しみさびしさは
あらたなものを受けとり 出会っていくことでもあって

わたしは このあと わたしに会いに出かける


私の人生も後半戦に入り 生まれてからいままで積み重ねてきたことたちを糧に

誰かの為ではなく わたしはわたしを 納得のいくように生きよう

そういう思いの芽吹きを自分でも感じていたけれど

ハッキリと自覚する時間になった

真剣に 私の力をだしてはたらきたい 



今朝はパンを買って思いつきで明石公園へ行くと
ロハスミーツをしていて 乗馬体験コーナーがあった
興味あるけど はじめてのことに弱いはるちゃんの前で
「てるみん 乗ってくるねー」
と馬に乗った
そういう私も 初体験
それをみてはるちゃんも挑戦

「てるみんー 手つないでよー  こわいー」

はるちゃんより小さい子も一人で乗る中 てるみん同伴で手を繋いで乗った

でも こわいけど やめようと思ったけど 「乗った」ということは 

はるちゃんにとって自信になって いい顔をして笑った

b0138522_21530375.jpg

時間がきて帰る友人に 「おーち かえらないでよー」と大泣きして見送ったあと
もう一度馬に乗りに行くというので 公園へもどった
今度は一人で乗った

おそるおそるの背中 なんて愛おしいんだろう

b0138522_23244661.jpg

次は一人で乗ることに挑戦してみようと さっき思ったのかな

こうやって はるちゃんは行きつ戻りつながら すごろくみたいにすすんでいくんだな
b0138522_23244611.jpg
ひとりで乗ったあとの顔はまた格別だった

小さいながらの胸の内

「馬」をめぐる ココロの中の大冒険

私もこうやって 大きくなってきたんだな 

はるちゃんの色々を見ながら 自分のことも愛おしくなって

いろいろ感じながらそばにいられることに感謝して

家に帰って 2人でお昼寝をした


はるちゃんは もう一回お馬に乗るの〜と言いながら寝た



【予定】

5月20日(土)  舞子 こずみっく
  open17:00 start18:00 ¥1,500

「花子Baby’S ライブ ~ゆっくりあるこう~ 」
 


5月20日の前に コンディションが整えばこちらでもうたおうと思っています

5月14日(日)  16:00~16:30
「新開地音楽祭」メトロステージ


いまのところのその後の予定


6月11日(日) 13:00~  京都
クロージングイベントミニライブ
KYOTO ART EXHIBITION2017~平和を願う美術家の集まり  


6月25日(日)14:00~16:00 明石
「こもれび」花子Baby'Sライブ パレス朝霧丘集会室


[PR]
# by yokoiterumi | 2017-04-30 09:02 | つづく2ヶ月目 | Comments(0)

今週に入って やっとわたしも じわっと涙が沁み出るようになってきた

朝 慌ただしく はるちゃんを保育園に送ったあと 

ひとりになって車で出勤途中の20分のあいだに何度かじわりと目じりが湿って

人差し指でぬぐうのと

夜 はるちゃんを寝かせてしばらく自分の時間を持ったあと 

自分の布団に入ると じわっと涙が出るようになってきた

少しづつ私もゆるんできてるんかな

b0138522_21530483.jpg

休みの日に 

おひさまがのぼってる時間に昼寝はぐっすりできるけど

夜は まだ ちゃんとは眠れていない


なんでだろーなー

おひさまがいると安心するって どういうことかしら


でも朝 目が覚めるので 寝てるんだなわたし と思う感じ
こういう感覚は まぁ・・・二度目ではあるけれど

すこしづつ疲れがたまってきている
まぁ そういう期間だから しょうがない

いつも 無意識に緊張してるので 足がつってしまって 少しゆるめる体操でもしようと

ストレッチしたら ぽきんと音が鳴るんじゃないかと思って またびっくりして

ココロとカラダはつながってるからねぇ

しなやかさに 今は欠けてて 油ささないとギコギコ音がしそう

あぁあぁあああ おばーちゃんみたいだな あたし・・・とおもったりする

b0138522_21530427.jpg

そして 不慣れなことは まず失敗ばかり

やんなっちゃう


車の窓に蜘蛛の巣がはってたので
オートマ洗車しにいったら

停車位置が間違ってたらしくて 途中で止まってしまい
さらにボンゴの車幅が広いので機械にぶつかりそうで
こわかったー

そういう時に限って 私の後ろは長蛇の列

それで・・・ 強面のおっちゃんに 後ろからクラクション鳴らされ

泣きそうになった


ハルちゃん こらえきれず号泣
「もー おわりにしてよー やめてよー」

だいじょーぶだから と言いつつ
私も逃げ出したかった
あーこわかった

b0138522_21530498.jpg

連休前半は 青梅の聞修院のおまつりにもいきたくて

横浜へ帰ろうかとも思って 一日前倒しでお休みをとっていたけど
少し元気が足りないので明石にいることにしたら
ヒョンなことから
神奈川から友人を迎えることになった


友人を迎える前に 29日にまこりんの名前の彫刻をするのでお墓へ行って
お花とかお掃除とかと思って行ったら 整っていた
おかあさんがきてるんだな
そう思ったら 納骨してよかったなと思った

b0138522_21530546.jpg

コープさんがポイント5倍だったのでメーコさんの餌と砂と買った
レジに行く前にお財布を覗いたら
ちょっと足りないかもーと思って
自分の買いたいものを返してレジに並びなおした
あぁあ あたしメーコさんのおかーさんにもなっちゃった
自分のものよりメーコさんのもの買ってるし

b0138522_21530502.jpg

それで家に戻って 友人を迎えに行く前
おひさまが出てる間に 少し寝ようかなと思ったけど
お休みが勿体無くて 外に出てみた
あま〜い飲み物を海見ながら飲んだ

こういう時間も いいじゃんね~
でも やっぱり眠くてだるいから 家に帰って1時間ぐっすり寝た

b0138522_21530324.jpg




[PR]
# by yokoiterumi | 2017-04-29 22:25 | つづく2ヶ月目 | Comments(2)

一昨日は仏教的に数える七七日の夜だったので 
まこりんのおかあさんの家ではるちゃんと3人で御飯をたべた


昨日友人宅で四十九日目の夕食をいただき


今朝は地域の民生委員さんが訪ねてきてくださり


午後からは 縁のある 奈良の大倭紫陽花邑へ
月次祭の今日が まこりんの50日にあたると気づいた友人が
五十日祭を一緒に過ごそうと声をかけてくれた

b0138522_23263965.jpg

自分の感覚で感じていることももちろんあるし
数字ではあるけれど 

数えてなにかおさめようとすることもあるし 

まだ夢の中のようなかんじだけど 

ひとつの区切りの日を迎えていることを感じながら

少しづつ あたらしいわたしに会いにでかけます

b0138522_23261955.jpg

というわけで 桜の花も散って葉っぱの方が元気になってきたし

歌う準備はじめます~
あたらしい出発目指す日は


5月20日(土)  舞子 こずみっく
  open17:00 start18:00 ¥1,500

「花子Baby’S ライブ ~ゆっくりあるこう~ 」
 

きてねー
詳細はまた後日 おいおい


楽器や歌のコンディションを整えることもそうだけど

しなくちゃいけないなぁと思ってることはいくつかあって

ちゃんと向き合う予定 

花子は花子に会えるかな


b0138522_23262275.jpg


5月20日の前に コンディションが整えばこちらでもうたおうと思っています

5月14日(日)  16:00~16:30
「新開地音楽祭」メトロステージ


いまのところのその後の予定


6月11日(日) 13:00~  京都
クロージングイベントミニライブ
KYOTO ART EXHIBITION2017~平和を願う美術家の集まり  


6月25日(日)14:00~16:00 明石
「こもれび」花子Baby'Sライブ パレス朝霧丘集会室




[PR]
# by yokoiterumi | 2017-04-23 23:31 | つづく2ヶ月目 | Comments(0)
4月16日(日)はずーっと前から 
「いきたいいきたいっ だれだれチャンはいったんだってー」
と言いつづけていた おもちゃ王国へ友人の助けも借りて出かけることになった
b0138522_20220050.jpg
まこりんが高熱をだしてから数えたらちょうど2ヶ月
いろいろなことがあった
はるちゃん ほんとによく乗り越えてきた
いま
頑張った と書いて消したんだ
がんばったんじゃなくて 乗らざるを得ず越えざるを得なかったんだとおもって

先週1週間続いた体調不良も 正直なカラダとココロの反応だと思っている
保育園に送っていくたびに「てるみんがおむかえにくる?」と聞く日が続き
「てるみんはどこにもいかない?」と聞く日もあって
はるちゃんなりの いろいろなココロの動きや
この世で生きる覚悟や自分の安心安全の確保の芽生えを感じずにいられない
それで たしかめるように わたしにべったりそばにいてほしかったのかもな

いま3歳3カ月になるところ
そんなこと何も気にせず ただ暮らしていい年頃なのかもしれないと思う
でも
はるちゃんは 早くからそんな課題に取り組むことを選んで生まれてきたんだと思う
だから わるいな かわいそうだな と思わず応援していきたいと思っている
b0138522_20220668.jpg
わたしひとりで 遠くへはるちゃんを遊びに連れていくのは
私自身がなかなかまだしんどくて
友人が来てくれるときには よしいまだ~っと 一緒にどこかへ行ってもらっている

いろいろなこと あぁたいへんだなぁ つかれるなぁ ふあんだなぁ
と思いはするけど 
世の中には たくさんがんばってる おとーさんも おかーさんもいて
べつにお別れしてなくたって 
単身赴任でおとーさんはどこ?おかーさんはどこ?のおうちだって
仕事が忙しくて全くおと―さんやおかーさんの気配を感じないおうちだってあるんだし
ただ わたしが慣れないだけ と思うんだけど
おもうんだけど

もうすこししたら 
多分 もっと上手に わらって暮らせると思うんだ わたし
いまは若葉マークだけど


おもちゃ王国を堪能して帰ってきたら 熱が上がってた
はははは  この事実 
でも それでもいいと思って遊びに行ったのもたしか 覚悟もしてたし
だって はるちゃんは 遊びに行きたかったんだもん

でもさすがに土日含めて前の週に6日休んでるので 
月曜日はなんとか頑張ってもらおうと保育園に連れていった
朝7度ぴったりだったし 

そしたら12時過ぎに電話が来た
仕事を早退しお迎えに行ってかかりつけにいくと
他の病気も想定して血液検査することになり はるちゃん晴天の霹靂
「おかーさんは待ちあいで待っててください」
と席を外すと 診察室からはるちゃんの声
「いたいっ いたいっ やめてっ やめてっ ママがいいっ」
泣くことも忘れて必死に懇願してる声が聞こえた
それで こういう時に出る 「ママ」
b0138522_20221937.jpg
結果は なにも異常なし 自然治癒を待つのみといわれ
今の我が家の状況そのもの
注射頑張ったからご褒美何がいい? と聞くと 「ドラミちゃん弁当」というので
いわれるままに
注文したら本当に嬉しかったらしく 
お店のBGMに合わせて喜びの舞を披露し 店員さんのアイドルになっていた

それほどまでに買ってうれしいお弁当だったのに
体調悪かったらしく からあげとプリンを食べてバタンキュー
翌朝起きてすぐに 
「てるみん はるかちゃんのおべんとーたべたでしょー わるいなぁー」だって
元気はあるのに熱はずーっと37度台をキープ
職場の同僚や上司も事情を察して あせらなくていいから と言ってくれるので
またもや 棚ボタ休暇をとることになった・・・
はははは
ははは

とりあえず わらっとこ










[PR]
# by yokoiterumi | 2017-04-20 20:57 | つづく2ヶ月目 | Comments(0)

4月14日金曜日  七七忌法要納骨

朝 はるちゃんを4日ぶりに保育園へ連れていった

先生に事情を話し13時半に迎えに来ますというと そばで聞いてたはるちゃん大喜び

「はるかねー はやおむかえやねん  はやくかえるねん ごめんなー」

と ともだちをつかまえては嬉しそうに言っていた

b0138522_22005541.jpg
お花を持って ほぼ子午線上にあるお墓を整えに行った

簡単におそうじして草取りしてお花を買ったまま生けたら 

なんだか ムゾーサですっというかんじだったので ハサミで切って高さをだして供えた

いいじゃんいいじゃん

そういう「いいじゃん~」っていうのが 自分にたくさんあるほうがたのしい

どんな小さいことでも愉しい


これでよしっ と終えた帰りに立ち寄った郵便局で ばったり友人と出会った

お互いに言葉が出ず 黙って手を差し出されたので握った

それで まっすぐ見つめられて どうしよう なにか言わなくちゃと思って

「だいじょうぶ だいじょうぶだから」と言って笑おうとしたら

大丈夫じゃない自分がハッキリと分かって 自分で自分のこと びっくりした

わたし 大丈夫じゃないんだなぁ


家に戻って お寺に持っていくものを復習して

はるちゃんを迎えに行く前に ボンゴに乗せておかないと大変だなと思って

御骨以外の持ち物を先にボンゴに積んでから迎えに行った

b0138522_22095722.jpg

おかーさんを迎えに行き お寺へ行ってまこりんの七七忌をして納骨をした

前日に用意した布は 御骨を布にいれて納骨する時に使うもので

骨壷のままだと なかなか土には還らないけれど

骨壷からあけて布で納骨すると 数十年後には土に還りますと和尚さんがおしえてくれて

どちらでもいいと言われた

それで 布で納骨をした

和尚さんが骨壷のふたを開けて

「それでは布に移してください」 といわれ

わたしが布にうつした


骨壷のまま納める時は いつか開けるタイムカプセルみたいな感じがするけれど

布にくるんで墓石の下の土の上にそっと置いてみたら 

自然界にお返しするような感じがして とても納得のいく納骨だった


通夜葬儀に来れかなったのでと 友人がきてくれた
位牌は実家の仏壇にいれて
わたしたちの家には分骨した喉仏だけを持ち帰ってきた
部屋の模様替え(ほんのちょっとだけど)をして
リビングの片隅に作った私の作業スペースの上にまこりんコーナーをつくった
顔をあげるとまこりん
まぁ・・・ ここにはいないとおもうけど

部屋を片付けると 実感として

カワッテイク という感じがしてきて

カワッテイコウ という気持ちが湧いてきては

でも・・・と後戻りして

カワッテイコウ という気持ちがまた現れては

でも・・・と後戻りする


それでも カワッテイコウ すこしずつ

b0138522_22171286.jpg

職場の先輩におくったお休み長くなってしまってすみませんのメールに

実は早いもので七七日忌でした ということや

はるちゃんの様子がただの熱というより疲れを癒したいという感じを受けるということや

ひとりってたいへんだなぁ ということを ぼそりと書き添えて送ったら

さりげなくやさしい返事がかえってきて

なんだか気持ちが楽になった 

あまり職場では家の事や自分のことを話さずいたけれど 

ほとんどの職員は働くお母さんなので わたしのこと心配してくれているのがよく分かる

正直な気持ちもときどき聞いてもらおう

いろいろいろいろで 続けるかどうか迷った職場だったけれど

たすけてもらっている

こどもたちにも 同僚にも

ありがたいな



[PR]
# by yokoiterumi | 2017-04-17 22:29 | つづく2ヶ月目 | Comments(0)