ゆっくりあるこう   by照美 yokoiterum.exblog.jp

大自然のかみさまと おなじほしにうまれたいのちにであう旅 唄いながら旅しています ~照美 


by yokoiterumi
プロフィールを見る
画像一覧

やくそくのとき㉑はだかんぼうのガッツポーズ

3月5日(日)午後
約束していたわけではないのに 
まるで約束していたように 無言のメッセージをうけとった人が集まり
まこりんの脱皮を見届けたあと

早速事務的な作業が始まった
はるちゃんと遊んでくれる予定だった友人たちが 
そのままはるちゃんの面倒を見てくれたおかげで
葬儀屋との話し合いもはるちゃんを気にせずにできた

お義母さんを想うお義姉さんの希望で 
お義父さんの時と同じく、知らせず密葬ということになった

すこしつらかった

明石に移り住んでたった4年のあいだに まこりんの友人関係は ほんとに豊かに広がり
今回もたくさんの友人たちが心を寄せて 手伝ってくれた 感謝でいっぱい

地域の方々にもお世話になった 地域で唄う機会を何度も何度も与えていただいて 
道を歩いていると声をかけてもらえることも多くなった 感謝でいっぱい

わたしの勝手な突然の休暇宣言にもかかわらず気持ちよく休暇をゆるしてくれて
応援してくれた職場のみなさんにも 感謝でいっぱい

お世話になった方が多いほど きちんとしたい感じがしたからだった

職場には この後の休暇もお願いするので もちろんすぐ知らせたけれど
お葬式をクローズでするならば 他の方に知らせることがないわけで 

このあと いろいろな方に会うごとに
「あれ? まこりんは?」 と聞かれるんかな
そのつど説明しなければいけないのかと思うと 
とても胸が詰まって苦しい感じがしてしまった

どうして知らせてくれなかったの? と聞かれるんだろうな
最後のお別れしたかったよと 言ってくださる方 いるだろうな

もう・・・ 頭が回っていないので
お義父さんの時と同じしつらえで 初七日のお料理も同じで
なにもかも 同じでいいですと葬儀屋さんに言ったあと

でも セットになってるエンバーミングは費用も高いし
季節的に必要ないと思うのでしませんと言うと湯灌をすすめられた
必要ない感じもしたけどお風呂入りたいかもなと思って それはお願いすることにした

でも落ち着いて考えたら 上限額提示をして内容の検討提案してもらうべきだったと反省してる…頭が回らなかったとしても・・・

まこりんのカラダを家に一度連れて帰ることをせず
葬儀屋さんにお任せした わたしも 成長したなぁとおもう
以前の私なら なにがなんでも連れて帰っただろう

でも まこりんは もうとっくに それも 爽やかに
当たり前のように 家に帰ってるかんじがしたんだもん
それで 俺はいいから 遥香の面倒見てやってって言ってる感じがしたんだもん

約束したわけではないのに友人たちが絶妙なバトンタッチバトンタッチで 私とはるちゃんのそばに誰かがいてくれた
夕方来てくれた友人は「てるみん 気持ちは分かるけど 食べないわけにいかないからね どーせ 作ってご飯食べないだろーから」と回転寿司に連れていってくれた

電車がお寿司を運んでくる斬新なスタイルの回転ずしで はるちゃんは大喜びしていた

夜 1週間ぶりにはるちゃんと二人きりになった
1週間ぶりに一緒にお風呂に入った
「おとーさんは? どこにおるん?」
今日は 会館にお泊りしてるよ 
明日 はるちゃんとてるみんもおとーさんと一緒に会館にお泊りよ
「ふーん」

そっか いろいろなこと 説明していかなくちゃいけないんだなぁ
「てるみんっ ばんばろーねっ」
なにかを察して はるちゃんがガッツポーズをしたので
2人で はだかんぼうのガッツポーズで健闘を誓い合った

はるちゃんを寝かせた20時過ぎ 
まこりんなにか書いてないのかなぁ・・・と
スケジュール帳をさがした
今年は2人で同じ作家のイラストの手帳にしてた
右側まこりんの 左側わたしの
b0138522_15213455.jpg



[PR]
by yokoiterumi | 2017-04-06 16:27 | まこりん やくそくのひ | Comments(0)