ゆっくりあるこう   by照美 yokoiterum.exblog.jp

大自然のかみさまと おなじほしにうまれたいのちにであう旅 唄いながら旅しています ~照美 


by yokoiterumi
プロフィールを見る
画像一覧

はじめの1ヶ月④寄り道

3月13日(月)朝 はるちゃんを保育園に送っていく時

「てるみん おとーさんしんじゃって さびしいね」とふつーに言われドキッとした

わたし、はるちゃんに 『しんじゃった』って 言葉で話していないからドキッとした

うん さびしいね と相槌を打った

b0138522_22310758.jpg

夕方 保育園の帰りにすんなり家に帰りたがらない様子がずーっと続き あちこち寄り道して暗くなってから家に戻ることが多い

2人で明石公園を散歩してふたりでアイスを食べたり

海へ行ったり 


ちいさな楽しいこと ちいさな美味しいものたちに いま 助けてもらってる

いろいろな方からのお手紙やファクスやメールやコメントでの応援も

ほんとうにありがたく たすけてもらっている

ほんとにありがたいことだなぁと思う


3月14日(火)に二週間ぶりに職場へ出勤した

そのころのことは3月25日に書いたブログ 「近況はこんな感じです」のとおり

まこりんがいないということについて 

今日はたまたまいないんかなぁ と思考操作しているような私もいる


このころ

「まこりんの旅立ちの会」の会場を決めて 少し計画をたてはじめた

いろいろ思いつくこともあって なんとなく目の前のことから思考が離れて 

愉しく気持ちが楽になることもあった 

実際にホールに見学に行くと

事務所に入ってすぐに「あっ 花子Baby'Sさん~」と声をかけてくれる人がいた 

以前西部市民会館で花子Baby'sの音響を担当してくれた方だった

実は~ まこりん亡くなったんです それで旅立ちの会をしようかと思っていて 

と話すと 本当にびっくりされた


b0138522_22312163.jpg

実際に会場を見て 計画をすすめていこうとすると

わくわくする気持ちもありながら 

不安になることもおおきくなっていった

自由がたくさんあるということは とても楽しいことだけど 

手伝ってくれる方々がいるとはいえ 

わたし自身の判断したり 準備したりという 力が

いまとても弱っているということに 気づき始めていたからだった


このまますすめていいのかな

いいのかな

と思い始めてきた


その週末20日(日)は 横浜から友人たちが訪ねてきてくれていて 

はるちゃんをどこかへ遊び連れていこうということになった

まこりんと行く約束をして果たせなかった イングランドの丘へ行くことにした

b0138522_22303703.jpg

現地に到着すると 新玉葱のイベントのさなかで 

午後からラジオの生放送と 二組のミュージシャンのミニライブがあると告知されていた

そのひとりは 奄美大島の中孝介 さんだった

思わず友人たちに 「ははは~ まこりんCD わたしてくれよっていいそうだよね~」

と口に出して言ってからリュックサックの中を探ると 1枚CDが入っていた


はるちゃん係を友人がひきうけてくれたので 最後までライブをみて

花子Baby'SのCD「はるか」を持って 中孝介さんのCD販売の列に並んだ

友人に「えっ CD交換してもらうの?」 と聞かれたが

さすがに そこまで度胸はなくて


1枚CD買ってサインしてもらって それでしずかに状況を話して渡した

いろいろ話したらいいかとも思ったけど

2週間前に 一緒に音楽活動をしてきた夫を亡くした ということと

たまたま3歳になる娘を楽しませてあげたくて ここに遊びに来たということ

暇なときに聞いて頂けたらと思って とだけ話した

しっかり目を見て話しができたのは よかったな

まぁ だからななにがどうなるというわけでもないのだけど

できることと 思いついたことは ただしてみるということ それだけ


これも 私とはるちゃんと二人だけで出かけていたら できなかっただろう

はるちゃん ずっと同じ場所にいるほど忍耐力は育っていないし

大人の都合で時間どおりにとか 約束の場所にとか そういうことは稀にできても

まず無理が生じるから


まぁ あまり考えないで 寄り道しながら

そのままするりと立ってやっていこう








[PR]
by yokoiterumi | 2017-04-10 23:43 | はじめの1ヶ月 | Comments(0)