ゆっくりあるこう   by照美 yokoiterum.exblog.jp

大自然のかみさまと おなじほしにうまれたいのちにであう旅 唄いながら旅しています ~照美 


by yokoiterumi
プロフィールを見る
画像一覧

はじめの1ヶ月⑥2017年春

3月26日の週
明石公園へのモーニングピクニックで明けた週
4月からは 以前のようなリズムで暮らせたらなぁと思い
その練習の週にしようとちょっと気負ってた
勤務時間も通常に戻して 家事の手抜きとか考えて ゴミだしも考えて
b0138522_22561618.jpg
朝余裕を持って起きても なんだかんだとぎりぎりになって
「はるちゃん 早く 早く もーーーっ 早くしなさいっ」
といままで まこりんが一緒だったらほとんど言うことのなかった言葉が増えた
仕方ない と自分では思いつつ やっぱり はるちゃんごめんねという思いも募った
てるみん かわいい顔して と泣かれることも増えて
わたしも どうしたらいいんだろうと思った
わたしが笑ってないと はるちゃんだって笑ってられないんだというのも分かった
でも 難しいときが多い

b0138522_22295465.jpg
保育園の帰りは相変わらず どこかに寄りたいといい
海へ行ってお散歩したり 公園へ寄ったり
わたしも その場にいてその場にいないようなココロの在りようの
ときもあって そういうときに
きっとはるちゃんは 気づいているんだろうな と思いながら
やっぱり まっすぐはるちゃんに向き続けることのできない私を放置
b0138522_22294449.jpg
何を考えるわけでもなく
今 にココロが向かないという状況
だから はるちゃんは さびしいんだと思う
わかっていても できないんだ

「ごめんねー はるちゃん てるみん早く元気になるね―」
というと
「いいよっ がんばろうっ てるみん がんばってー」
と何処まで分かってて 何処まで遊びの続きか分からないけど
エールを送ってくれる

3月末を目標にしていた 様々な事務手続きも ほぼほぼ完了の時を迎えて
あとは ぼろぼろとおちこぼれて後追いで来るものだけを残し
なんとか新学期 あたらしい気持ちで始めたいと思う

2月に入ってすぐのころ
長くお世話になっている団体の月刊誌の記事を依頼されて 
締め切りがこの週末だった
ほんとうは はるちゃんを産んだ時のことを書くつもりで下書きをしていたが
今しか書けないまこりんへの想いを綴ることにした

このようにブログで自分の体験を2度味わいながら制約のない文字数の中で
気の済むまで自分と対話し
ほったらかしにしていた自分の想いと向き合い癒されているなか

決められた文字数にまとめるという作業が 今の私にできるのかなと思っていたけれど 二日前になってエンジンがかかり はるちゃんがお昼寝している時間と夜寝てからの本当に短い時間で仕上げて約束を守ることができ無事入稿できた

時間があふれるほどあって
自分のことだけに費やしていた時と 内容の優劣は分からないけれど
こんなときでも わたしはできるということが
自信になったことは確かだったし
独りよがりではあるけれど 文章を書くということが 唄を唄うことと同じくらい好きなんだと感じた

その原稿最後はこう書き添えて終わった

『桜が完全に散り、新芽がもりもり芽吹く頃には、音楽活動を再開しようと思う。
水島照美は、唄ってこそなので。
あぁ・・・これから私どうなっていくんかな。
まぁ・・・ぜったいに大丈夫ってことは分かってるんだけど。という2017年春。』

4月1日(日)は楠公さんの手仕事市に出店している友人に会いに湊川神社へ出かけた
いま鳥居をくぐってはいけない と自分の常識の中で分かっていたが
それでも 誰かに会いに少し遠くにいきたくて はるちゃんと出かけていった
ちょうど 結婚式で花嫁の行列がゆっくりお宮に進んでいた
はるちゃんは あーっ おひな様やー お内裏様や―と大喜びだった
b0138522_22541441.jpg
いろいろなひとにかわいがってもらって
ほんとうにありがたい

だんだん ふと気付くと歯を食いしばってることがふえてるけど
がんばろう

[PR]
by yokoiterumi | 2017-04-13 22:50 | はじめの1ヶ月 | Comments(0)