ゆっくりあるこう   by照美 yokoiterum.exblog.jp

大自然のかみさまと おなじほしにうまれたいのちにであう旅 唄いながら旅しています ~照美 


by yokoiterumi
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:2012 照美( 277 )

まっすぐに歩く

b0138522_2126179.jpg
せんせーと一緒に東京を歩く最終日
先生は 私の肩に軽く触れて白状をついて歩かれている 
電車に乗ろうと改札に入ったとき
2本の杖をついて30センチほどの歩幅でゆっくり歩くおじいさんがいた
とても歩き方がたどたどしかったので 
だいじょうぶだろうか と思わず目が離せなくなって
ずっと その方の後ろをついて歩いていった
エスカレータに乗ろうとした時に 気がついた

あっ せんせ-がいない

振り返ってキョロキョロすると はるか50mほど遠くに
人ごみに紛れて立っている せんせーを見つけて 慌てて戻った

すみません
「あっ 戻ってきはった~ どうしました~?」
足の不自由な方が目の前にいらっしゃって
気持ちがそちらに向いてしまって ついていってしまいました
「ははは そりゃぁ けっこうなこと~」
すみません
「いやいや そのうち帰ってきはるやろと思ってたから」

東京駅で もうひとり友人と合流し コインロッカーに荷物を預け 
お弁当屋さんの前を通りかかった
日本全国の駅弁を扱うお店だった
お昼はここで買っていくことにして せんせーは 初めから 
横川の峠の釜飯 と決めているのだけど
何があるのか知りたいとおっしゃって 店の中に入っていくことになった
満員電車並みの混雑ぶりで せんせーがそのように言わない限り
私一人では 絶対にはいらないのだけど・・・
もみくちゃになりながら お弁当を説明して歩くと
「へ~ そんなんもあるんやぁ~ 」 
「あっ それたべたことあるわ~」
「こっちよりそっちやな~」
いろいろコメントをしてくれる中から 選んだ私のお弁当は
岡山県の「祭り寿司」 おいしかった 
b0138522_2112936.jpg


お弁当を持って 夢の島の公園のベンチでお昼にして
東京都立第五福竜丸展示館へ行った
b0138522_21261484.jpg

私はここを訪れたのは二度目
そのときもそうだったけど
この木造の船体に触ると胸が熱くなる

展示資料のビキニ環礁での実験から今に至る 被災島民の暮らしを読んで
フクシマが重なる
せんせーのおかげで資料を音読したので
私の目から情報として入りカラダから情報を発信し耳から情報として再び入る
ありがたい ほんとにありがたい
黙ってしずかに文字を追うのと 音になった言葉を受け取るのと 何かちがうんだなぁ
b0138522_21283995.jpg


帰りの新幹線に乗るためにお送りした東京駅は
日曜日の夕方 春休み旅行や単身赴任の方々や 遠距離恋愛の恋人たちで
ごった返していて
前からも後ろからも右からも左からも斜めからも
四方八方とはこういうことかと思うよな方向から人がこちらにやってくる
一人で歩くときには
しゃらしゃらと肩をすくめたり ちょっと半身になったり自然にかわしてるけれど
今日は 
まっすぐに歩いた 
どちから人が来ようが しょーがない
後ろからついて歩いてくださっている せんせーの盾になる気持ち
こちらに向かって あるいてこられるみなさん
せんせーの白杖にどうか気づいて と祈るような気持ち
救急車のように 通してくださいと言いながら歩くわけにはいかないものの
心の中では そういう気持ちだった

そんなふうに歩きながら 社長さんとかは こういう気持ちなのかなぁ
と ぽっと思い浮かんだ
せんせーの為に まっすぐに歩くと決めて
人ごみをひたすら まっすぐ歩いて そんなふうに思っていた

人は鏡だなぁ
色々な人と向き合うことで それまで気づかなかった いろいろな自分に出会えるんだなぁ
得難い3日間だった



[PR]
by yokoiterumi | 2013-03-25 21:52 | 2012 照美 | Comments(2)

BOO 1歳 とぶぶー

12月28日(金)
b0138522_20344457.jpg
BOO 1歳の誕生日は とても印象的な一日になった
色々な人に発信して なにかすることはしなかったけど
初めて我が家に遊びに来たいと連絡くれた人をこの日に招くことだけ決めていた
きまってるのはそれだけ

朝から私はまだ不安定な気持ちを引きずって
自分でも呆れるほど 泣いた
布団の中で しとしとしとしと
いーかげんに起きれば涙も止まるだろうと起きたら
畳に正座して わ~~~ん え~~~~ん

・・・。シンジラレナイ・・・。だいじょーぶかなアタシ。
自分で自分を なだめにかかる・・・

『もう わかったからさぁ 泣きたいときは泣いたらいいよ
お客さんも夕方だから 好きなだけ どーぞ はいっ いーよ泣きな』
わ~~~~~~~~~~~~~~ん

そしたら  ピンポーン
「お昼をお届けにきました~」
去年の今ころも こーやって何度となくお昼を届けてくださった方だった
「あれっ 泣いてた?」

一緒にお昼を食べながら 
元気だった頃のBOOのこと ラストスパートのBOOのこと話す
BOOの話をすると なんでか大笑いになって いつでも笑って終わる
「BOOさんはさ ガンで死んだんじゃなくて 自然に死んだのかもね
 でも周りの人を納得させるために ガンだからってことにしたのかもね」
そうかもな 死ぬことは決まってて 
どうしたら私が納得するか どうしたら私が満足するか
知恵を絞ったのかな  演出家だねぇ~
b0138522_2031715.jpg

「ところでBOOさんは何してるだろうね~」
私が受け取ってる感じだと
BOOはとっても忙しいようなんです
それで 私のことなんかかまってられないっていう感じ
BOOさみしいようって言っても
あっ そー でもBOOは忙しいから てるみはてるみでやんなさい
じゃぁーね っていっちゃう感じなんです・・・
だからBOOの重さがなんにもないというか
ネチネチしたような そういう絡みつくような思念を全く感じないんです
アッサリ
えっ てるみ まだ泣いてんの ひまなのっ?みたいな感じ・・・
BOOは肉体持った今生にしがみつく未練はないみたい


やさしい色のお花のプレゼントが届いて 仏壇もそれらしく節目っぽくなって
夕方になるとピンポーンとチャイムがなり 
電話が鳴り チャイムが鳴り 電話が鳴り チャイムが鳴り 電話が鳴り
おしゃべりをして 見送って 迎えて おしゃべりをして 見送って 迎えて
思いがけず こどもと関わっている人が次々やってきて
それぞれの人は初対面にもかかわらず 保育談義 保育論になった
こどもにしか扱えない時間を大切にしている人たちだった
一番最後のお客様は やっぱり こどもだった
b0138522_2022893.jpg

保育するということと 今のように旅して歌を歌うということと
私にとって大切にする感性や研ぎ澄ましていたい感覚がとても似ているので
どちらも同時に真剣にするのはむずかしいと思い込んでるのだけど
思えば 「こどもをそだてる」テーマにふれる偶然が
ここ最近続いているなぁ・・・。
今日はなにか コンコンとノックされているような気がして
それが何かはわからないけど 今日の日の偶然のいろいろを大切に温めておこう

子どもが紙に絵を描き
b0138522_20343571.jpg

大人は窓に絵を描き
b0138522_2038689.jpg


今日の朝
しずかな部屋に戻ったこの場所で
b0138522_22181185.jpg
この部屋が とても喜んでいたなぁとかんじた 
わたしもうれしかった
人が集まる家が わたしは好きなんだ 
BOO1歳の誕生日 誕生日のBOOが私にくれたプレゼントは
あれこれ頭で考えず 
好きなものの中で楽しく暮らせばいい ということだったかもしれない
好きなものの中で暮らせるようにすればいいだけじゃん
そ〜思うと お掃除もするっ  庭とベランダは まだ見せれないけど
b0138522_21311266.jpg


私の誕生日に 長野のあずみのFMで弥勒の曲をかけてくれた
パーソナリティのふみちゃんのブログにBOOとわたしのこと書いてくれた
いろいろなところで いろいろなひとに応援してもらって
安心して泣いて笑って
いっぱい うたうぞ~

BOOの1歳のお誕生日に合わせてくれたのかはわかんないけど
水島さんからチラシが届いた
花子Baby's 楽しむぞ~  
お披露目ライブぜひ来てね 
アメリカ軍基地のすぐそばで「今」を見つめてきたお店UZUで。
b0138522_21212580.jpg


[PR]
by yokoiterumi | 2012-12-29 21:00 | 2012 照美 | Comments(0)

いいや わかんなくて

 今週・・・不自然に気負っているのか 早々に脱落
まぁなにか道筋があるわけじゃないから 脱しても落ちてもないんだけど

家にいるのもなんとなく違和感 
25日の午後からふらりと家を出た

1年だなぁ BOOのこと 何か書いたらいいかなぁ
年賀状はどうしよーか
ベランダどーしよー
庭のBOOの道具はどーしよー
あぁ・・・
いろいろ考えたら 外に出たくなってしまった

彷徨い人だな こりゃ


「BOO あたしつかれちゃった 楽になりたい・・・

そーだ 一年がんばったから プレゼントちょーだい」

25日に泊まった宿でボソッとつぶやいてみたら 
マッサージの割引チラシが目にとまって
迷わず行ってみると
セラピストは沖縄南部出身の女の子だった

私は沖縄が大好きですと言ったら
結局1時間 ずーっと沖縄の話 
ばくだんかまぼこ 糸満漁師 サンエーの味噌汁 我部祖河そば
マルエーの100円ショップ 聖地  2人前以上のボリュームの食堂
きれいな海 内地に来てとても海には入れないと思ったこと
咄嗟に印鑑が必要になった時に内地ではなかなかなくてとても困ること  
内地で沖縄料理屋へ行ってがっかりすることのアレコレ

『沖縄かえるとなんだか なんでもだいじょーぶな気持ちになるんですよ~
 ざっくりなことばかりで~ 』

うんうん そーですよねー
相槌打ちながら 沖縄のなんともいえないゆるい風に包まれた感じがして
とても癒された
沖縄にいきたくなった


28日には家にいないとなぁ・・・ でもいなくてもいいかなぁ・・・
何がなんだかよくわからなくなって 
でも 家に帰ってきた
車窓から 満月にあと一歩の月に照らされた 夜の街を見ながら
しとしとないて すこし心は軽くなった
コレという理由を自分でさぐらないつもりだったけど
ぼーっと 窓ガラスに映った自分をぼんやり眺めて
「心細いよね」 と言葉にしてみたら
またすこしなけて またすこし心がかるくなった

いのちを持ってうまれて 自分以外のいのちと生きて
早かれ遅かれ 必ず大切ないのちとの別れは誰もが体験する
親 友人 パートナー いろいろな大切ないのち
誰もが経てきた
気の遠くなる太古の昔から
特別なことがわたしにおこったわけじゃない

BOOが逝くまで
そうぞうすることできなかった 
叱咤激励ではどうしようもできない
自分の心を旅してる
なんとかしてーとこころで叫びながら
なんともならないよーと私がいう
だって ナニをドウしたいのかが分からないんだもの

と言いながら・・・
たぶん。。。 ナニをドウしたいかの結果が今の状況なんだろう
わたし自身の問題は多い


1周忌は何かするということをしない(いまの私にはできない)ときめて
用事が全くなかったというわけではないけど
なんだか ホロホロとちょっぴり足どり不確かな旅から戻り
こうやって 気持ちを少し外から眺めてみたら
だんだん・・・
うまくいってる気がしてきた
28日(もう今日だ・・・)は 満月
さすがBOO かんぺきだな
なにが完璧かわかんないけど 
なにがうまくいってるのかわかんないけど
いいや わかんなくて

とにかく ただ感謝しよう


一年になった
あたたかく そっと見守ってくださっている
たくさんの たくさんの方に
ほんとうにどうもありがとうございます
去年も今年も 夢中に生かさせてくださって 
ほんとうに ほんとうに どうもありがとう


やれることやれて しあわせだった ほんとにどうもありがとう
2011年12月26日 てるみのブログ「ゆっくりあるこう」
⑤ 完成 「ありがとう」 ユーチューブ版 http://yokoiterum.exblog.jp/17464941/


[PR]
by yokoiterumi | 2012-12-28 02:06 | 2012 照美 | Comments(0)
b0138522_1427285.jpg

12月9日に神楽坂でおこなわれた 山水治夫さんのトーク&ライブ
ゲストには釧路からあまむの吾郎さんがいらっしゃって
いろいろなトークと山水さんのピアノ演奏 素敵だった

明後日12月22日にリリースされる山水さんの3rdアルバム「三次元のロマン」にわたしは2曲参加させていただいた
10月9日のレコーディングもとてもいいお勉強 たのしかった
アルバムのバックカバーは BOOの作品をつかってくださった
b0138522_14352339.jpg

というわけで わたしもBOOも参加している
目に見える作品を残しているというのは すごいことなんだな
神楽坂でのトーク&ライブで歌を歌わせていただくことになっていたので
BOOの作品も持っていった

トーク&ライブが盛会のうちに終了し
たのしいお酒をのみながら 和気あいあいの懇親会で
「あわのうた」をヤンズさんと初披露した
この「あわのうた」は 日本古来のあわのうたのフレーズが入っているけど
ポップで老若男女みんなで歌える歌になって 私はとてもすき

でもこのうたは はじめレコーディングのリハーサルを始めた時には
まだカタチがなくて 「あわのうた」という歌が出来るかもしれない・・・
と ヤンズさんに聞いていたくらいだった
そのあと・・・ 歌が出来始めた時のメモを見せてくれたときには
アワアワ  アワアワ    シャンプー 髪の毛あらう アワアワ

・・・・・?
コメントがむずかしかった
「楽しみにしてます~」と返事していたら
やがて素敵な歌に仕上がり 一緒に歌わせてもらうことになった

12月22日リリースなので 今日アップするのは フライングなんだけど
ヤンズさんも いーよ~ と言ってくださったのでアップします
懇親会ならではの ゆるりとした雰囲気できいてくださいね
ちなみにこの歌を歌う時のユニット名は 「シイタケ」(ヤンズ&てるみ)
なぜ シイタケなのか 歌を聴いているとわかります
はじめは びっくりしたけど・・・

「あわのうた」 作詞作曲 山水治夫  唄 シイタケ(ヤンズ&てるみ)

ヤンズさんのCD「三次元のロマン」については
山水治夫さんのホームページごらんください

記念写真
b0138522_14501895.jpg


[PR]
by yokoiterumi | 2012-12-20 14:48 | 2012 照美 | Comments(2)

吉祥寺ファン

b0138522_21391466.jpg

週末 吉祥寺へ行く用事があった
待ち合わせの時間まで時間があって ふららぁふららぁ
駅から30分くらいかけて 興味をひくお店を見つけては入って
半分迷子になりながら井の頭公園に着くと
紙芝居をやっていたので すぐお客さんになる
その他にも バイオリンを弾いている人 ブルースを歌っているおじさん
いろいろな手作り品のお店
人がパラパラパラと自由に歩いてた
ボートをこぐ人 バギーを押している人
杖をつきながら歩く老夫婦
自転車でお宮をお参りしてまわっているおじいちゃん
路面に落ちた葉っぱがとてもきれいだった
いいなぁ こんなふうな公園
大好きな弁天様にも久しぶりのご挨拶をした
b0138522_2213143.jpg

小さな動物園もあって なんだかほっとする
動物はそのままだからかな
ほっとする

b0138522_2245377.jpg
 
「いせや」の前に来て またホッとする
老若男女 まだ明るい時間から 立ち飲み
子どもが「シュウマイなんこ~?」と聞いてる声がして
思わず吹き出しながら
生活している強さににわくわくする

吉祥寺ファンになっちゃったなぁ

夜 青梅へ 聞修院の忘年会に混ぜてもらった
遅くなったので 和尚さんのご厚意に甘えて泊めてもらった
「みるくのために いい布団準備しといた」
ふかふかだったぁ~

b0138522_22354616.jpg

朝のお寺は気持ちよくて 
一番大好きな場所から 大好きな風景をながめる
この参道がなんとも言えず好き
b0138522_22363735.jpg

「せっかくだから ご飯食べる前に お経でもよもうか」
いつものことながら キー合わせをして般若心経

泊まった方と和尚さんと5人でコタツに入って
朝ごはんを食べながら テレビ見た
団欒してるっていう感じだった

[PR]
by yokoiterumi | 2012-12-18 22:39 | 2012 照美 | Comments(0)

わたしの アイヌは

12月15日(土)
b0138522_183113.jpg

今日は寿町の作業所のクリスマス会で歌わせていただいた
たくさんのご馳走を一緒にいただいて
お楽しみのゲストは 
素敵な青年マジシャン 
シャンソンを歌う艶やかな智耀子さん
のんび~り歌うわたし
アイヌの踊りと歌をするペウレウタリの会のみなさん
楽しかった

今週 おきなわとわたしのこと考える時間がたくさんあったけれど
今日は思いがけずアイヌ
わたしのアイヌは 地上に顔を出したもののまだ種がついたままの双葉
自然の流れに乗って
いろいろな大自然と 色々な方にまなんでいきたい
うたやおどりや手仕事でまなびたいな

b0138522_1884043.jpg

治造さんがカムイノミをしてくださった

わたしのギターのストラップは手作りしたアイヌ刺繍
北海道でであった人に教えてもらった
沖縄の歌と同じように
その人のことを ずっとずっと忘れたくなくて
大切にしていたくて
刺繍をしたり歌ったりしているのかな
でも 刺繍教えてもらったら どれにもこれにも刺繍したくなるくらい
私の大好きな手仕事だった
出会えるということが とてもうれしい
b0138522_1895421.jpg


アイヌの治造さん とても著名なエカシ(長老)
その生き方はカムイと生きるというドキュメンタリー映画にもなった
帰り際 迷わずツーショットをお願いした
わ~い うれしい
あぁ~サインももらえばよかったなぁ
b0138522_1813137.jpg

[PR]
by yokoiterumi | 2012-12-15 18:19 | 2012 照美 | Comments(4)

わたしの おきなわ

12月14日(金)
今週 沖縄に関する映画を二つ見た
予定していたようなしていないような
時間と空間が後押ししてくれて見に行くことができた 

私が生まれた年 沖縄は本土に復帰
わたしは 沖縄生まれでもなく 
沖縄に行って沖縄が好きになって 沖縄の歌を歌い始めたわけではなく
沖縄出身の友人ができて 歌を教わって 沖縄を知って 好きになった
八重山の唄を教えてもらったとき 
「八重山」という東北のどこかの山の歌だと思っていたくらい
沖縄のこと八重山のこと知らなかった

沖縄の歌とであったおかげで いま歌っていることは間違いない
でも どうして わたしは沖縄の歌を歌うんだろうか と何度も考えてきた
そういう問いを自分に向けるたび
いつもいつも 答えが違う
私自身の成長と 受け止めるものが 答えをかえる
わたしのおきなわはどんどん どんどん成長している
これからもきっと そうだとおもう

わたしの歌の原点は おじいちゃん 
字が読めない頃に口伝えで教わった沢山のうた 詩吟
先人たちの愛情と伝え残したい気持ちが詰まっている
歌はそういうものなんだと教えられていたんだと思う
情け心 歴史 教訓 せつなさ 暮らし ことば 恋 いのり
沖縄の歌にたくさん詰まっているものと おじいちゃんが教えたことは同じ

観た映画のひとつは スケッチオブミャーク


もうひとつは ひまわり


ひまわり上映会では沖縄から日帰りで舞台挨拶にこられた恩人にあうことができた
私が来ることを知らず ロビーで声をかけると大変驚いた様子で
すぐに 目にいっぱい涙を浮かべて
「こどもたちがね 命を落としたたくさんのこどもたちがね 応援してるからね・・・」

戦争のあとの 事故という名の戦争がたくさんある沖縄のほんの一部を垣間見る
映画の途中のあるシーンで 
右手拳を握りしめて振り上げようとしている私を感じてびっくりして
左手で右手をなでた
自分の手をなでながら シクシクではなくて ウッウッと泣いた
拳振り上げようとする自分をしずかに感じながら

私がうたい始めた頃 月桃の花という映画の上映会の前座で歌わせていただくことが何度かあった
BOOが三線を照屋政男さんに作ってもらうことになったとき
月桃の花の洞窟で母親が我が子の口をつぐんで殺してしまうシーンの証言者が照屋さんだったと知り
実際に映画のなかで 洞窟で三線をひいてうたうおじぃの役を
照屋さんがしていたことを知った
沖縄に照屋さんを訪ねたとき 
照屋さんは わざわざ 伊江島で集団自決からもれて生き残ったおばぁちゃんの歌のレッスンに同行させてくれて 伊江島の歌と 戦中の様子を話してくれた

 ひまわりは過去と未来をつなぐ映画になっていた 
スケッチオブミャークもそうだった


過去は過去のままそのまま未来にはならない
「つなぐ」 ために 生まれてきて生きてるのかな

ウタ バシキリャ クゥトゥバ バシキル
クゥトゥバ バシキリャ ククル バシキル
(唄を忘れたら言葉を忘れ 言葉を忘れたら心を忘れる)
わたしは沖縄のこの言い伝えが大好き

だから ずっとずっと歌をうたいたいんだろうな




[PR]
by yokoiterumi | 2012-12-15 00:06 | 2012 照美 | Comments(0)
ひらきなおってる
わたし 変だと思う (でもそれがフツーだと思う)

もちろんっ 毎日泣いてるわけじゃない
でも かなりの確率で 簡単に涙がこぼれる ポロポロ
わ~んわ~んって長い時間泣いて
涙出し尽くすことできたら あとあと楽だろうに
あたらしい未来にツルンと行けるだろうに
それはできなくて
ほんとに ぽろぽろ え~ん しくしくって泣いておしまい
BOOのこと思っても涙溢れるけど
未来への不安
ははは わたしらしくな~い
でも 時々襲ってくるんです  未来への不安
そんで 不安にひたってる自分を見てるもうひとりの自分がいうの
「ばかじゃない・・・?
 どんくらいさきの未来に不安なの~ ?
 1秒先? 10分先? 1年先? 10年先?
 今を大事に生きなよっ ?」
そんなの わかってるってば
いーじゃん 時には不安がらせてよっ 趣味なのっ


それよりなにより
たくさんの方の心をかんじて涙がこぼれる

灯油をいれながら
たこ焼き屋さんの前を通りながら 
スタバでコーヒー飲みながら 
水道をひねりながら

走馬灯みたいに今年のいろいろなことも巡っていって
いろいろなひとに さりげなく支えてもらいながら過ごしてきた2012年のこと

今日は気持ちが どしんと落ちてたのに
一体何がどーなってるのか いろいろ久しぶりの人からの電話やメールがいっぱいあって
まだ返事も途中なところ
カラ元気もりもり出してるうちに だんだんほんとに元気になってきた

そーだ しょんぼりブログ書いたら心配かけちゃうとか思うのやめて
書いちゃえ書いちゃえ と今書いてる

書き始めたら青梅の聞修院の和尚さんから電話
「どう  げんきだろーね   ん?
 こんど忘年会するから 泊まりがけでおいで
 ほかにも女の人泊まるから
 BOOの1周忌だろう  黙祷くらいしてあげるよ
 楽器も持っておいで 1曲くらいうたっていーよ 」

やさしいね

歌を歌っているときは と~ってもしっかりしてるんだけどなぁ
それ以外はなんともね・・・
自信ございません    という自信アリ

[PR]
by yokoiterumi | 2012-12-10 21:59 | 2012 照美 | Comments(2)

おもしろいプレゼント

12月4日(火)
b0138522_0145780.jpg

ヨーガにいったとき おもしろいプレゼントをもらった。
テニスボール2個がストッキングにはいってるの。
これが 嘘みたいに優れもので 寝転がって背中にあててツボ押しや
椅子に座るときにおくとお尻のツボ押し・・・
うわぁ~ すご~いっと声を上げるくらい痛気持ちいい
今もしてる・・・
おすすめです

b0138522_07458.jpg

庭のビワの葉を時々喜んでくれる人に送ることがある。
北海道の友人やビワ葉療法をしている友人。
BOOが種から植えて大事にしてたビワの木。
と書くと丹精込めて育てたみたいだけど・・・。
引っ越してまもなくビワを食べて種を埋めたらこんなになっちゃった。
一昨年初めて実がなった。
BOOは実を食べたり果実酒作ったり大忙し 楽しそうだった。
昨年はBOOの体にたくさん貼って ビワの葉っぱは大活躍。
12月になってビワ葉を送ることがあって 私もそれを口実に庭におりた。
ありがたいな。


【12月の予定】

12月5日(水) うたさんしんくらぶ 18:00~20:30 
          十日市場地区センター ¥500  お気軽にどーぞー

12月8日(土) 地球愛祭り愛知 常滑市民文化会館
弥勒の出番は11:35~11:55までと16:00ころから神人さんのコーラスで参加します
愛知の方あそびにきてね~ ずっと会場にいます

12月9日(日)  『セオリツ姫 シ♭』 山水治夫氏トーク&ライブ in 神楽坂  わたしはヤンズさん作詞曲「流されて」という唄をうたいます

12月13日(木) 福生 UZU に夜8時ころから ふらりと歌いに行きます

12月15日(土) 寿町クリスマス会ミニライブ          

12月19日(水) うたさんしんおどりくらぶ 18:00~20:30 
          十日市場地区センター ¥500 みっちが踊りを教えてくれます

28日とか29日のことをちょっと考え中 忘年会しようかな



[PR]
by yokoiterumi | 2012-12-05 00:34 | 2012 照美 | Comments(4)

12月になっちゃった

12月1日(土)
カラダのこといろいろ教えてくれている先生に
とにかく体が冷え気味なことを指摘されて
冷えないようにできる工夫を色々教えてもらった
言われた通りに 生姜番茶を飲んだり
ふとんに電気毛布を敷いて 化学繊維ではない毛布をかけて寝始めてから
冷えている時と温まっている時の違いがなんとなくわかるようになった
それは 体だけではなくて心の調子にも影響することがわかる

あたたかでぽかぽかにしているので
布団に入るのが本当に楽しみなのと
あとは ちょっとくじけそうな時は 迷わず布団に潜り入りたくなる
子宮に戻る感じ


カレンダーをめくり12月になって
気持ちが一年前にきゅーんと逆戻りし始めて
今日は 朝からメソメソして何度も布団の中に入りに行った
あたたかな布団の中で 蚕になった気持ちで
くるんとまるまって メソメソしながら泣き寝入り

起きてご飯を食べて 
こんなんじゃダメダメと じぶんを叱咤激励して
歌の練習をしてみたりテレビを見たり
なんとかシャントしようとするんだけど
1時間もするとそういう自分に疲れ果てて
また布団の中にくるまってメソメソして 気づいたら熟睡・・・

え~と・・・
泣き寝入りは 意外と気持ちよかった

もうね
そんなんじゃBOOが心配するからとか そんなこといってられなくて
メソメソしたいんだもん
だから 今日は一日メソメソしてた

暗くなってから 霧が丘デポーに 月曜日の新聞作成の下準備に行くと
「あっ横井さ~ん 天丼1個残ってるよ~
 温めて食べればいいから どう~」と言われて
そーだ 食べなきゃっ  と迷わずカゴにいれた
デポーには未亡人の先輩も多いので 元気ないときもいける
こういう会話がね ありがたいと思えるの

でも 夏までは BOOがいるとき2個買っていたのに
1個になったことに いちいち引っかかったりしてたんだけど
デポーでは大丈夫
だって デポーではBOOのこともわたしのこともよく知ってるから
知っていて声をかけてくれる
でもケーキ屋さんとかに行くと2個買っちゃう・・・
ふふふ まぁ それはそれで堂々とBOOの前で二倍食べれていいんだけど~

今日の夜ご飯は なんとなくBOOと晩酌する気分で
コップを二つ出してビールを飲んだ

楽しかったこと幸せだったことはあっという間に
笑いながら話せる思い出になるけれど
昨年の12月のことは 夢中で真剣で邪念無しの真空状態だった
たくさんの人のおかげで暮らしきることができた2011年の12月
夢中だったので 心はすべてを感じるようなアンテナをはっておらず
研ぎ澄まして必要な心のヒダだけが もうないだろうと思うくらい敏感だった

思い起こしてもう一度感じてみるにはエネルギーが必要で
このまま真空パックしてしばらく倉庫に入れておきたい気持ちもする
なるべく思い出さないようにしていることも たくさんあると思う
それさえ わたしはじぶんのことなのにわからない

でも 暦の数字を見れば ぽろぽろと思い出すものね
こうやって 何度か この季節を これから
反復して暮らしながら
しずかにしずかに 思い出に変えていくのだろう

ただ どっぷりと 振り返ることのなかにくらしているのではなくて
明日へ 間違いなく進んでいる私を感じている
行きつ戻りつ
何層もの世界を行ったり来たりして疲れる
でも そういう生き方を私が選んでいる
過去と未来 行ったり来たりして今を生きたい 
うたいたい

BOOのいない私の暮らしが未来に向かってすすみはじめて
また違う扉を開けようとしているから
勢いもつき こころもゆるんで
今日は一日思う存分メソメソできて 

いい一日だった
たまには こーゆーのも いいな


[PR]
by yokoiterumi | 2012-12-01 23:00 | 2012 照美 | Comments(6)