ゆっくりあるこう   by照美 yokoiterum.exblog.jp

大自然のかみさまと おなじほしにうまれたいのちにであう旅 唄いながら旅しています ~照美 


by yokoiterumi
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:2015 照美( 88 )

b0138522_1949391.jpg

仕事のある平日は 
朝は ゆっくりおだやかにと
何度も自分に言い聞かせながらも

出かける10分前になると
頭の中ごちゃごちゃになるくらい 
詰まってしまうことが多い 普段

年末年始がほんとにたのしみで楽しみで
だって 好きなようにできるんですもの~~~
夜だって少しくらい遅くなったっていいし
朝ご飯はホットケーキしてみたり
b0138522_1949387.jpg

はるちゃん  さすが 私のこども・・・
「はーるかっ はーるかっ 」 と強引に積極的作業
「おとーやん あっち  てるみん こっち」 と指さし指示
物心ついた頃から しきりやのわたし
はるちゃんに しきられているの
頼もしいわぁ~
b0138522_19494398.jpg

我が家は喪中で お正月はこないことになっているので
スキなようにしずかにのんびり暮らすことにしている

正月の準備もしないので
毎日 近所の公園にはるちゃんと滑り台に行って
ご飯をちょっと一緒に手伝ってもらってつくって
ゴロンと一緒に昼寝して
目が覚めたら また遊んで
べったりはるちゃんと一緒にいて
驚くことがたくさんある

こんな一面を持っているんだな
もう こんなことができるんだな

こどもの成長は本当に早いな

b0138522_19492756.jpg

先日 まこりんと食事にいったとき
装飾のツリーの根元に置いてあるプレゼントの箱をみて
「あっ てるみん プレゼントおきっ放しだよ 誰かもってっちゃうんじゃない」
・・・・。
えっ・・・? なんていった?
「プレゼントさ 持ってく人いるんじゃない?」

・・・・。
まこりん  置き物だよ 
「えっ じゃぁ 中何も入ってないの?」

うん・・・たぶん カラ箱だよ なんなら持ってみれば
「あっ ほんとだ~」

おもしろい夫です

喪中ということは いつも1年単位で区切られるものが
二年単位で 1年ぶんになるのかもしれないな
今年のテーマ課題は持ち越し
確かにそのような我が家
混沌としている
気持ちがすっきりしない

でも 私の一番得意とする状況に在ることも
あたしは本能的に知っている
こんがらがった糸の束のような 混沌とした状態から 
するりとシンプルにものごとがするりと流れるように
根気よく向き合って ひきだすこと
放り出したくなることもあるけれど
わたしは すきなんだとおもう たぶん 

動画もなかなかアップできず ホームページは全く更新できず
やりたいことは 毎日ほんのすこし チリも積もればの
チリ程度の積み重ねしかできないけれど
いつか大きく動くための準備運動 ぬかりなくしながら

むねのうちで抱きしめつづけたことを
開いて前進する年にしたい
すすみたい ルンルン鼻うた唄ってスキップしたい


2015年もまた いろいろな方にたくさんお世話になりました
ただただ 日々を生きることと
縁あるときに心をこめて唄わせていただくことでしか 
いまは恩返しできないところですけど
今年 わたしのなかで 一番大好きな動画をご挨拶代わりに

いつもいつも見守って下さって ほんとうにありがとうございます
2016年も よろしくおねがいします



【ライブ予定】
1月7日(木) 明石市立明南保育所 新春のつどいライブ

1月11日(月:祝)明石 中崎公会堂 メレディーズ新年ライブ

2月27日(土)舞子 「こずみっく 」    
          19:00~  神戸市垂水区舞子台6丁目10-5  舞子久保ビル2F
          TEL:078-782-7263

3月13日(日)明石 中崎公会堂 阪神淡路大震災 東日本大震災チャリティライブ

5月3日  地球愛祭り京都
[PR]
by yokoiterumi | 2015-12-31 20:21 | 2015 照美 | Comments(0)

12月

なんだか 落ち着かない師走をすごしている
年の瀬だからかなぁ
ここ数日は 決まって夜中の1時2時に 
誰かが起こしに来てるように目が覚めて
そのまま寝つけず新聞屋さんのバイクの音が聞こえ始めて
だんだん腹が立ってきて 言ってみる

スミマセンケド ネカセテクダサイナ
アカルイジカンニ シテクダサイナ

布団をかぶっても 頭が休まらず
昼間は目の前のことでいっぱいで
立ち止まって考えたり思い起こしたりすることのない
様々なことが 浮かんでは消え 浮かんでは消える

夜中は ポジティブななことがうかびにくいから
いやなんだ
b0138522_22234182.jpg

23日に大倭紫陽花邑の行事に参加させてもらった
はるちゃん すっかり 白ひげ眼鏡のヘビ学者と仲良しになって
たくさん オヤツをもらっていた・・・
b0138522_2156239.jpg

花子Baby'sの歌い納めもさせてもらった
大切な場所 大切な友人恩人 大切な時間
うれしい ありがたい

b0138522_21562297.jpg

クリスマスにはサンタがブロックをかついでやってきた
そして
さっそく着替えて 遊び方を伝授していた
サンタは夢中にいろいろなモノをつくっている
はるちゃんは尊敬のまなざしで見ている
片付けるよ~と言うと 
「あっ これは だめっ うまくできたから壊さないで~」
b0138522_21563362.jpg


おととい 26日 わたしの誕生日をおいわいしてもらった
ようやく ハッピーバースデーの歌をホンモノでやって
意味を理解した はるちゃん
b0138522_21451568.jpg

大喜びで 何度もローソクに火をつけてとせがまれ
何度も順番に誕生日になって うたった
b0138522_2145171.jpg


クリスマスも誕生日も
はるちゃんが喜ぶかなぁと まこりんと話していろいろ準備したり
こうだったねあぁだったね と話しながら
わたしが小さい頃 おとーさんとおかーさん こんな風に考えたのかなとか
こんなことしてくれたなとか 
思いだしたり 想像したりして
そーだ今度 会ったら聞いてみようかな という思いが浮かんで
ぐにゃりと潰れて消える
もう おとーさんには聞けないんじゃん
それで おとーさんに ありがとう ごめんねと言って
少し 私が癒えている 
b0138522_21435499.jpg

昨日は 明石のほぼ子午線上にある水島家のお墓にお参り
納骨後の初めてのお墓参り
そのあとは 何度もおとーさんと一緒に行った魚の棚商店街へ行き
お昼ご飯を食べた

何気ないところで 何気ないことを思いだす 
どっちが幻なんだかというくらい 
はっきり映像が見える感じがする
ここでもまた おとーさんに ありがとうすみませんと言って
わたしが少し癒えていく

b0138522_21435794.jpg

今日 12月28日の我が家の食卓の主賓はBOO
かしこまって考えてたわけではない
それなのに BOOの好きなおかずが今日はならんでいる
察してか 感じてか
普段おなじテーブルにつくことなど 全くない
猫のめーこさんが
BOOの席に座って落ち着いている

4年の月日が流れた
いま こうして ヨイショヨイショと 夢中で生きていることに
感謝している

ほんとに どうもありがとう

10月にアップしたユーチューブの 「あいのうた」 は
青梅の聞修院ライブの映像だけれど
あの映像には 続きがある
今日はフルバージョンで

2015年版の 「ありがとう」




【ライブ予定】
1月7日(木) 明石市立明南保育所 新春のつどいライブ

1月11日(月:祝)明石 中崎公会堂 メレディーズ新年ライブ

2月27日(土)舞子 「こずみっく 」    
          19:00~  神戸市垂水区舞子台6丁目10-5  舞子久保ビル2F
          TEL:078-782-7263
[PR]
by yokoiterumi | 2015-12-28 22:28 | 2015 照美 | Comments(2)

ワカイケドサ

b0138522_1947823.jpg

10日ほど前 四国関西ライブツアー帰りのゆーりーと
尼崎で待ち合わせて4時間ほどデートした

変幻自在の目盛りを持ちながら
いつも自分の心の目盛りの動きを感じて
今を暮らしながら 過去も未来も暮らしている 
同じ種だなーと 心とける友人のひとり

出会いは十年前の沖縄 読谷の海
バイオリンを木の下に無造作に置き去りにして
泳ぎに行ったらしい・・・ おねーさん
この楽器 見ててあげた方がいいのかなぁ・・・
と 勝手に楽器の番をした日は 6月23日
沖縄の終戦記念日だった

はるちゃんに この写真を見せたら
ゆーりーを指さして 「てるみん~」
最近 はるちゃんは私のことを てるみんと呼ぶようになった
わたしは 一生懸命
おかーさん と言ってるのになぁ


わたしは 
こんなに余裕がないことってあったろうかという毎日を暮らしている
いろいろな意味でだけど

そんなんで
このゆーりーとのひととき 私の心はどんなふうに反応するんだろうと
約束した時から楽しみにしていた

とてもとてもおだやかな私だった
わたしは かわっていないんだなと確認した感じがあった

いま
これまた得難い ただただ目の前のことに忙しい時間を暮らしているけど
未来を思い描いてワクワク楽しんだり
その準備をままごとのように頭の中で考えたり
吐くため息じゃなくて 吸い込むため息
b0138522_19471771.jpg

しかしながら
我が家この一ヶ月間 ずーーーーっと 誰かが体調悪く
二巡目に入ってしまった
とくに はるちゃん
1歳代で保育園に入るとはこういうことかと洗礼を受けるような
うつしあいのオンパレード
有名な病名ばっかりで 本で読んだことあるものばっかり
だけど
はるちゃんが調子悪いということは
御機嫌悪く 夜に咳がひどかったり熱が高かったりで
自力で何とかしておくれ~ と
隣でぐぅぐぅ寝れるわけがなく
わたしも一緒に体力奪われるし それでも日常は変わらないし
b0138522_19472294.jpg

おじょうさんが回復すると まこりんか私
それで どっちかが具合悪くなったら
どっちかが自分を騙して頑張るし
そのうちどっちかが具合悪くなるし
そしたら また違う病気いただいてきちゃうし
そんでまた・・・
を 延々と繰り返している

その合間にライブがいくつかあって
今の私にとって 歌を唄うことは 本当にかけがえのない
集中できる私の 私自身の表現のときなのだけど
ここ1ヶ月はひやひや ひやひや
今の我が家では 3人元気じゃないと ライブきびしいんだなぁと
改めて感じた
健康ってほんとに大事だなぁ
とくに わたしもまこりんも あんまり無理きかないし・・・
ワカイケドサ
b0138522_19471065.jpg

家で過ごす時間が長いから オムツの袋もおもちゃになる~
思ったより喜んでくれたアンパンマン帽子
b0138522_19471617.jpg

まこりんは 家事を頑張って手伝ってくれている
掃除機とか こんなんだけど
がんばんなきゃと思ってる
でも まこりんだから ちょっとずれちゃうことがあって
そんなとき私もいっぱいいっぱいで笑えない時もある・・・
ははは   しばらくすると笑えるけど
b0138522_19471283.jpg

今も その二巡目の渦中で
ニュースでも取り上げられてるウィルスがサンタより先に我が家にやってきていて
はるちゃん 夜中寝れないほどの咳が続いている
午前中まこりんが面倒を見て
私は朝出勤して午後半休とって帰ってきて
まこりんとバトンタッチでまこりん出勤

今日 久しぶりにはるちゃんが咳こまずにまだ寝ているので
パソコンを開けたところ
メールいっぱいだぁ
はは ははは
携帯電話も不携帯電話だし
ひどいなぁ わたし

週末におとうさんの納骨なので
その準備のためにとっておいた明日の有休も
はるちゃんのお世話の日になった
わたし お嫁さんらしいこと なにもしてないまま四九日を迎えてしまった


それで
具合が悪くて寝込ませてもらった何日かの間に
私も いろいろなこと自問自答して

すこし 成長した~

やっぱり ひとりで籠るって大事なんだと思った

ありがとう お熱さん~
発熱しなくても そういう時間をつくるように心がけようっと~

さて 私もまだ薬のみながらの看病だから
調子に乗らないで 寝ようっと
でも 今日は久しぶりにビールのんじゃおっかなぁ
この心の弱さと傲慢さがいけないんだろーけどなー
でも のみたいからいっかなぁ

あ~~~ 書いてすっきりした

【ライブ予定】
1月7日(木) 明石市立明南保育所 新春のつどいライブ

2月27日(土)舞子 「こずみっく 」    
          19:00~  神戸市垂水区舞子台6丁目10-5  舞子久保ビル2F
          TEL:078-782-7263
[PR]
by yokoiterumi | 2015-12-10 20:51 | 2015 照美 | Comments(0)

おきた

b0138522_21271530.jpg

もう10日経ってしまった・・・ 
久しぶりに有里巻きにして 気分盛り上がった日11月14日
「こずみっく」20周年ライブイベントはとても楽しかった
この日は午前中に 魚住東地区社会福祉協議会の
高年福祉リーダー研修会でライブさせていただいたのだけど
な~んと
はるちゃんの託児係を二人もつけてくださって
目がキラキラする玩具を会議室に広く準備してくださって
まるでどこぞのお姫様のような待遇だったはるちゃん
わたしたちも ゆっくりおしゃべりしたり歌ったり笑ったり
研修会というテーマに気負いなく いつもの花子Baby'Sだけれど
思っていたらよりも 大勢の方が来られて ホールでライブしているかんじだった
b0138522_2127331.jpg

あと3曲というところ 絶妙なタイミングではるちゃんが
キャぁ~~ と楽しそうな声を上げながら
客席中央を走って登場し
このタイミングは託児係の方が見計らっていたのか?と思ったけれど
はっとしたスキに はるちゃんが扉をあけてホールに入ってきたとのこと
1曲はステージに腰掛けてお客さんの方を向いて参加し
二曲目は私の着物にしがみついて参加し
最後の曲はだっこで参加
いい雰囲気をつくってくれた はるちゃん

私に似て 年上男性がお好みのはるちゃんは
目が合う男性に「おじーやん~おじーやん~」と声をかけていた

ライブのなかで まこりんが ♫おうちにかえろう~♪と何度もうたう
Home againを聞きながら
今年は父ふたりをおくった話をしたくなり
おじーちゃんがふたりともいなくなった はるちゃんに
たくさんのおじいさんたちが 
帰り際「おじいちゃんだよ~またね~」 と声をかけてくれた

はるちゃんにとっては 血のつながった特別な「おじいちゃん」の
ぬくもりを持った記憶は 残らないかもしれない
そのぶん
たくさんの「おじいちゃん」とたいせつにすごせる子になるかな

b0138522_21272239.jpg

一旦家に戻りしたくし直して 「こずみっく」20周年記念ライブへ
会場に入ったとたん気分上昇 
びゅ~~~~んっ
上屋劇場 すごく興奮するステージだった
「こずみっく」の懐の深さを どど==んと感じた日だった

三宮までバギーではるちゃん連れていくのは二回目で
新幹線以外の電車移動に慣れないので
考えるだけで頭がいたくなった出発前
やってみたら それほど大変ではないのだけど
電車の中で泣いたら~ とか
バギーからおろせーっておこったら~ とか
いろいろ 思ってしまって
のんきに構えてるまこりんに 八つ当たりしたくなっちゃう
いけないね・・・
b0138522_21271934.jpg

本番ぎりぎりで袖に待機している時
まだ はるちゃんはバギーでお昼寝してた
それで そのまま袖にバギーごといてもらおうと思って
スタッフのみなさんに お願いします~と言って
さぁ ステージに出るぞ~と 
もう一度振り返った瞬間

パチッと眼があいて 

おきた

b0138522_21273144.jpg

このまま つれて歌います~
まだ 寝起きでぼけーっとしてるし
とみなさんに言いながら
自分に大丈夫の暗示をかけてバギー押してステージへ
こんなに大きな会場で
はるちゃん まっすぐ前を向いていた

ばっちり 
3人で 「こずみっく」の20周年お祝いさせてもらえた~~~
気持ちのいいステージだったなぁ
NHKホールでうたってるかんじだった~~~~
それで
1曲づつ どんどん 交代して たくさんのアーティストがうたったので
なんだか紅白歌合戦みたいだった~
花子baby'sは 紅組
妄想いっぱい膨らんだ~
b0138522_21272552.jpg

普段と違うステージの雰囲気に
びっくりしたり 大喜びしたり 
着ぐるみのクマさんこわがったり
聴いたことあるぞ というステージが始まると
トコトコ前に出ていって手を振ったり
いろいろなはるちゃん たのしかった

明石に来て歌い始めて まだ二年 もう二年
ドキドキしてやってきた兵庫県
音楽で こんなに素敵な出会いが 私たちを待っていた

と同時に
ひとをたいせつに 音を大切に 
ひととひとを緩やかにつなげ続けてきた
「こずみっく」のゴンさんとあいこさんから
かんじること
たいせつに たいせつにしていきたいと思った

ありがとう ありがとう



12月5日(土) ライムカフェ子午線 ~認知症カフェ~  ライブ
          主催 市民会議「おおくら」(大蔵地区社会福祉協議会)
          問合せ℡ 078-911-6686
[PR]
by yokoiterumi | 2015-11-23 22:44 | 2015 照美 | Comments(0)

ばらまいたな

b0138522_14554832.jpg

お客さんのいる朝は とてもウキウキのはるちゃん
お客さんの泊る部屋は決まっているので
「とんとんとん」とドアをたたきに行く
わたしもまこりんも 遊んでくれる人がいると のんびり~~~~~
い~~~わぁ~~~~

先週日曜日 はるちゃん元気だったのに 生まれて初めての嘔吐下痢
びっくりして 大泣きした
でも すっきりしたのか 間もなく元気に遊び始め
なんだったのだろーか・・・?
というくらいだったのだけど
便はゆるく 様子を見ていた

月曜日の夜  こんどは まこりんが嘔吐下痢
生まれて初めて おとうやんが苦しそうに 
おえっおえっとトイレでやってるのを見て
はるちゃん びっくりたまげて大泣き

でも わたしがお風呂に入っていたので 
泣いているわけにいかないと思ったのか
なんと健気に
まこりんのズボンを握りしめて
「おとーやん おとーやん あいよーぶ(大丈夫)?」
b0138522_1458376.jpg

いろいろな疲れが出たんだろう―と まこりんは病院にいかず
仕事だけお休みして2日ほどカラダを休めた
はるちゃんは嘔吐下痢の前日に
喘息っぽい咳が気になり受診してたので
便がゆるいくらいであまり気にせずその後 受診せず
わたしもしばらくは休まず出勤したかったこともあり
4日間保育園にいかせた
ずっと便ゆるかった
でも 元気だった

がしかし 木曜日に保育園で二回水様便が出て
知らんぷりして登園させるわけにいかず 
金曜日受診したら ウィルス性の風邪だった  
あららららら

ばらまいたな・・・

はははは

月曜日には登園許可出しましょうと言われ
今日の朝 受診したら
「明日からだねぇ~~」といわれ

ほんとは 遅れた時間から保育園に預けて
久々に歌詞の整理とか HPの手入れとか 写真整理とか
花子Baby'sの事務仕事を少ししたいなぁと思ってたのだけど

遊びに行くことにした
しあわせの村というところ
b0138522_15222842.jpg

なんと ライブ以外で3人で遊びに出かけるのは
いつぶりぞやというくらい
1年前ということはないと思うけど オモウケド  あやしい
まぁ。。。。
家の中でも外でも やることあんまりかわんないんだけど
b0138522_15222527.jpg


あれっ・・・
あたし 嘔吐下痢してないなぁ
すごいじゃんね~
えらいなぁ


【ライブ予定】
12月5日(土) ライムカフェ子午線 ~認知症カフェ~  ライブ
          主催 市民会議「おおくら」(大蔵地区社会福祉協議会)
          問合せ℡ 078-911-6686
[PR]
by yokoiterumi | 2015-11-16 15:28 | 2015 照美 | Comments(2)
b0138522_1383762.jpg

おとうさんの葬儀の3日後 舞子「こずみっく」で
sarisariのお二人を迎えてライブをした
企画したときには ちょうど結婚二周年の頃だったので
そのお祝いも兼ねてたのしみにしていた地元でのライブ
東京から りゅうじさんが 今年もまた楽器とくす玉を持って来てくれた
b0138522_1384246.jpg

sarisariの くみちゃんがケーキを作ってきてくれた
だれのお祝いだろう― とボケーっとしてたら
私たちの結婚二周年のお祝いのケーキで
びっくりするやら照れくさいやら 
こころ遣いが うれしかった

何度か歌を聞いてくださっているお客さんたち
というより 友人たち
そして「こずみっく」のゴンさんあいこさん
かわらず いつものように迎えてくれた
しずかでやさしくて ひと肌にぬるくてあたたかい
凪いでいる海のような「こずみっく」だった

わたしたちは 当初あれこれイメージして
ちょっぴりこだわったライブのハズだったのだけど
そういうことはできず ドタバタ打ち合わせもできないままに
当日を迎えてしまった

でかける3時間前になって 向き合って選曲して
まこりんと話した

「今日は 声も出るか分かんないけど がんばるよ」

えっ? まこりん 体調イマイチだったら まこりんが唄う歌へらす?
わたし だいじょぶだよ

「いや 体調もだけど 気持ちもさ・・・
はいりすぎたら声でなくなるかもしれないから
でも 今日ははだかになろうって決めたんだ
泣いても声でなくても そのままのおれで歌おうって思ってる
どんなふうになっちゃっても みんなに 許してもらおうと思ってる」

まこりん今日は ぜったいに いいライブになる ぜったいなるよ

「なんで決めつけるの? いいライブにしたいよ でもリハもしてないし
 どうなるかわかんないよ」

ぜったいいいライブになる
だって けんかしたり ゴタゴタした後は 
いっつもすごくいいライブじゃん
こうゆうときは 超シンプルで 白か黒で  グレーないじゃん
だから なんとなくいいライブとかにはならないもん
すごくいいライブになる

と言うと
ちょぴっと固い顔をしてたまこりん。。。 
私の根拠のない圧倒的自信に笑うしかなくなって
「そーだね」
b0138522_1382139.jpg

かくして わたしのよげんどーり
花子baby's史上にのこる いいライブになった
↑ 自画自賛
って いっても・・・
わたしたち いつも いいライブを更新中なの
だって いつもいつも 落ち着いてないんですもの
いつもいつも 課題がボ~~~~ンと前に現れてよじ登って
違う景色を見て
また 課題がボ~~~~ンと前に現れて よじ登って
その繰り返しなんですもの
やってること文科系だけど
精神的トレーニングが受け身ながらも体育会系なんですもの
b0138522_1381827.jpg

sarisariのおふたりの演奏はゆるやかでやさしくて
はるちゃんは おふたりの演奏を聞きながら
目が半分になり
背負って2曲ほど唄ったら 眠ってしまった
こずみっくでのライブの時は いつも寝るか
お客さんの膝の上で チンとおとなしくしているかどちらかで
わたしたちにちゃんと歌を唄わせてくれるはるちゃん
b0138522_1375181.jpg

生まれて半年ほどから指定席のステージ横のベンチは
まだすっぽりカラダがおさまるベッドで
いつまでここで寝るだろうかな
b0138522_138223.jpg

家での打ち合わせの時
泣いても声が出なくても そのままの自分でステージに立つと言ったまこりん
わたし その場では言わなかったけど
そういうまこりんに 涙でそうなほど 感動してた

まぁ・・・
客観的にいうと・・・
いままでも じゅうぶん 
そのままの起伏あらわに歌ってきてる人なんだけど
宣言したとこが すごいとおもったの

ところが
二曲歌ってその次のおしゃべりのとき
この二年いろいろなことがあったなぁ 濃かったなぁ 
と言おうとした途端
あれよあれよという間に 全身涙が満潮になってしまって
わたし 泣いていた 

あまりに突然で まこりん調弦してたので
私が泣いてることに 気づくまで時間がかかり
気づいてびっくり 目まんまる
それで ぴたんと振り子のふれが正常値に戻ってしまったそうな

わたしも こんな
いきなり泣いてしまうと思ってなかったので 次に何しゃべろうと思って
考えるより先に 言ってた

濃いね この二年・・・
だって まこりんと結婚しちゃったんだもん

b0138522_138209.jpg

お客さんの中に はじめて花子Baby'Sを聞いてくださった方がいた
ライブが終わって 話しかけてくださった
どの曲も心にふれて涙がとまらなかったと感想を伝えてくださった
最近 御主人を亡くされて これから告別式で
準備をしていると話してくださった
ひとりになってしまったと話してくださった
生きている人の声が聞きたいと思ってお店に入ったと教えてくださった
ご飯を食べる気になれないし
骨になった御主人に話しかけても答えはこないけど
こうやっていろいろなことを見たり感じることが 
御主人の答えなのかなと思ったと
話してくださった

うんうん ときいたあとで 
以前
未亡人の先輩がわたしに話してくれたのと同じことを私も話していた
だいじょーぶです
1年くらいご飯食べなくても生きていかれます
無理に食べなくてもだいじょーぶ
寝れない時は起きていてもだいじょーぶです
起き疲れてねれるときがきますから

わたしは まこりんのつくった唄を歌うことで
だんだんと癒されてきたんです

「それは聴いていて とてもよくわかったわ
あなた自信が生きていく意味をみつけたのね
今日は どうもありがとう」

何度も握手をしておわかれした
b0138522_19431956.jpg

かなり年の離れた友人が なんとかっていうアプリをつかって
10代に見えるように撮ってくれたの~~~
わたし
なんてかわいいのかしらぁ~~~



【ライブ予定】
11月14日(土)10時~ 魚住東地区社会福祉協議会 高年福祉リーダー研修会ライブ
          魚住市民センター
             
11月14日(土) こずみっく20周年イベントライブ  
          花子Baby'sは17時~出演
b0138522_21241875.jpg


12月5日(土) ライムカフェ子午線 ~認知症カフェ~  ライブ
          主催 市民会議「おおくら」(大蔵地区社会福祉協議会)
          問合せ℡ 078-911-6686
[PR]
by yokoiterumi | 2015-11-13 21:28 | 2015 照美 | Comments(0)

わらうとか ワラウとか

b0138522_2295975.jpg

まこりんのおとうさんの通夜葬儀は家族葬でおくった
1歳~3歳の孫ひ孫が4人集まり
お葬式というより 
お正月とかお盆とかの里帰りのようなかんじで 
はるちゃんも大喜びでかけまわったりオモチャ取り合いしたり
笑い声たくさん響いた二日間だった
わたしは 
こどもたちの動きを目で追っている間におわった感じがあって

横浜のおとーさんを送った時と同様
わたしの かなしみ袋は膨らんだまま口を閉じている
まこりんもまた ときどきボスッと空気が漏れるように
かなしみ袋の口が破裂するように開くものの 
しなければならないことや
現実が動き続ける状況の中で 
かなしみ袋は膨らんだまま口を閉じている

空気いっぱいの風船が いつの間にか忘れたころにしぼんでいるように
または なにかの衝撃で破裂するように
わたしたちの かなしみ袋はどんなふうに宇宙にとけていくのだろう
b0138522_2294419.jpg


今日は はじめて おとうさんの骨の前で一人になる時間があって
涙が出てメソメソした とまこりん
10日経って やっと向き合う余裕が出てきたというところだとおもう

今度ふたりで泣ける映画見に行って 泣こうかぁ~ とこたえたところ

わたしもまこりんも
葬儀のあと ずっと おかしくてへんちくりんになっていた
へんちくりんのまま 葬儀翌日から
わたしもまこりんも 仕事に復帰した

わたしは突然自宅介護の為の休暇を申し出たその日のうちから
1週間お休みをいただいたこともあって
葬儀の後はすぐに出勤しようと思っていた

まこりんは葬儀のあと3日ほど休暇を申請したはずなのに
なぜか手違いで 休暇対応要員で出勤要請がはいり
午前は おかあさんのそばにいて 午後からは
休暇申請したはずなのに出勤することになった

家の外に出ると 大人にならなきゃいけないことばかり
それはあたりまえのことで
それはじぶんのココロが向きたい方向から目を反らすことでもあって
ある意味 逃避しているようで 
楽になった気持ちがする

でも ほんとは違う
悼むということ しなくてはいけない時間を
悼むということ していないわけだから
b0138522_2294228.jpg

わたしもまこりんも 二人になると
がまんするということができなくなって
お互いに当たりあって
二人でバシンバシンたたきあっているみたいな感じだった

かなしみ袋の口の開け方が分からなくて
ふたりで袋をたたき合ってるかんじだった
b0138522_22104711.jpg

それでも
はるちゃんのおかげで
どんなに気力が湧いてこなくても
どんなにカラダに力が入らなくても
大切ないのちを守るために必要最低限のことができている
笑うとか
ワラウとか
わらうとか

かわらず あいのうたが流れているところ


【ライブ予定】
11月14日(土)10時~ 魚住東地区社会福祉協議会 高年福祉リーダー研修会ライブ
          魚住市民センター
             
11月14日(土) こずみっく20周年イベントライブ  
          花子Baby'sは17時~出演

12月5日(土) ライムカフェ子午線 ~認知症カフェ~  ライブ
          主催 市民会議「おおくら」(大蔵地区社会福祉協議会)
          問合せ℡ 078-911-6686
[PR]
by yokoiterumi | 2015-11-12 22:22 | 2015 照美 | Comments(0)
大宇宙の中に浮かぶ 今朝の月 と 星は
格別に美しかった

おひさまのあがる気配が そろりそろり
でもまだ 白んでもいなかった

美しい月明かりに
うすく天女の羽衣のようにたなびく雲が
それはそれは幻想的な朝だった 

車に乗って
「おじーやん?」 と聞くはるちゃんに

おじーやんは おほしさまになったねぇ 
きらきらひかるやねぇ というと

きらきらひかるぅ とあたまをかわいくふりながらうたっていた

とても やすらかな かおで ねていた
まだ 
むねがあたたかかった


いろいろな打ち合わせが始まり
「おじーやん おじーやん」 とまだまとわりつこうとする
はるちゃんを連れて外に出た
そのまま公園をはしごしながら
1時間ほどかけて 歩いて帰ってくる途中

庭の草木に水を遣っているおばさんに
はるちゃんが手を振ると
「あら かわいいわねぇ お花あげるわね」
b0138522_13482176.jpg


あした
もっていこう

ここから まこりん もうひとふんばり
目を真っ赤にしながら
がんばれ がんばれ

昨日 ユーチューブにあげた 「あいのうた」を おとうさんと一緒にきいた
「おとうさん いいうたできたよ おとうさんのうたみたいなうたになったよ」
まこりんの呼びかけに 
おとうさん うなずいていた
「あいのうた」




【ライブ予定】
11月6日(金)舞子 「こずみっく 」  ¥1500  
          19:00~  神戸市垂水区舞子台6丁目10-5  舞子久保ビル2F
          TEL:078-782-7263
b0138522_2243180.jpg


11月14日(土)10時~ 魚住東地区社会福祉協議会 高年福祉リーダー研修会ライブ
          魚住市民センター
             
11月14日(土) こずみっく20周年イベントライブ  
          花子Baby'sは15時~出演
[PR]
by yokoiterumi | 2015-11-01 13:52 | 2015 照美 | Comments(0)
b0138522_2274798.jpg

スポーツ万能 目立ちたがり屋で ジェントルマンなおとうさん
呼吸が整い 余裕のあるときには
話しかけに応えるようにジェスチャーしてくれたり
指さしや 声になりきらない言葉で伝えてくれたり
うなずいてくれたりする

その度に
まるで 赤ちゃんが はじめてつかまり立ちしたとか
歩いたとか 言葉をしゃべってたとかいうときのように
みんなで手をたたいてよろこんでわらっている

まこりんが こどもの頃に一緒にキャッチボールしたグローブを持って
ボールを放る真似をしたら
両手をそろりそろりと上にあげて
胸の前でキャッチする仕草をした後
投げ返す真似をしてくれた
b0138522_227353.jpg

はるちゃんが保育園で唄ってる歌を歌うと
一緒に手を動かして
たしかに 遊んでくれている
だから はるちゃんも 朝晩「おじーやん おじーやん」とベッドに寄っていく
おとうさんが寝ている時は 「おじーやん ねんねー ねんねー」
おとうさんが少し苦しそうなときは 「おじーやん  え~ん え~ん」
と状況を伝えてくれる
b0138522_2275312.jpg

時間をおうごとに
おかあさんも ゆっくりと それでも行きつ戻りつココロのおきどころを見つけようとしている
おとうさんを 見守る為にあつまった家族の準備の整えようを
おとうさんは 見守っている
b0138522_22173670.jpg

はるちゃんが「おじーやん どうぞ」と魔法のステッキを渡すと
握って振って遊んでくれた
音のないことばが コロリンコロリン ひびきわたる

病院にいる時から おとうさんのたっての願いがあった
「水が飲みたい」ということ
ずっとずっと ダメと拒否され続けた
病院で絶飲食が続き 口腔ケアがいきとどかず 
飲むことが難しくなっているのを
こつこつみんなでケアをして 3日目
口の中の状態も 食べれた頃に少し近づき
お医者さんと一緒に 水をひと匙飲んだ
おとうさんの大好きな CCレモンのみたい?と聞くと
飲みたいとつたえてくれるので
看護師さんの提案で 氷にして砕いてひと匙
のんだ

そして そのあと 自分の意思で 
飲む ということも 手放した

b0138522_22295125.jpg

なんとなく 台所仕事をしながらのほうが
自然な気がして
スープを作らせてもらった
その合間に お父さんの様子を見たりお世話したり
いろいろなことをおねえさんやおかあさんとおしゃべりしたり


今日は おねえさんの心遣いに甘えて
早い時間にまこりんも家に戻り久しぶりに三人だけでごはんを食べた
これもまた 愛おしい

11月のライブ
まこりんと相談して決めていることがある

うたいにいくぞ その日がどのような日でも

11月6日(金) 「こずみっく」で 会いましょう




【ライブ予定】
11月6日(金)舞子 「こずみっく 」  ¥1500  
          19:00~  神戸市垂水区舞子台6丁目10-5  舞子久保ビル2F
          TEL:078-782-7263
b0138522_2243180.jpg


11月14日(土)10時~ 魚住東地区社会福祉協議会 高年福祉リーダー研修会ライブ
          魚住市民センター
             
11月14日(土) こずみっく20周年イベントライブ  
          花子Baby'sは15時~出演
[PR]
by yokoiterumi | 2015-10-31 22:36 | 2015 照美 | Comments(0)

おとうさん いっしょに おうちにかえりましょうか~

10月あたまに救急搬送された 95歳のおとうさん
病院暮らしが3週間になり 
肺炎予防を含めた絶飲食が2週間になり
身体ケアより どうしても治療中心の病院の片隅で
とうとう
おとうさんの舌の上には 分厚い膜が生えた

まこりんといろいろな選択肢を話し合い 結論をだした
いっしょに おうちへかえろう
病院ソーシャルワーカーやケアマネージャーはじめ
いろいろな方の協力のもと
2日後に かえるための準備が整った
b0138522_21252168.jpg

「ちょっと あなたみてちょーだい 
花が咲いたのよ
この花がひとつ こっちもよ」
b0138522_2130744.jpg

「それから これも みてちょーだい
アロエの花も咲きそうなのよ
こんなこと なかなかないわ
おとうさん帰ってくることお祝いしてるんだねぇ」
b0138522_21301946.jpg

希望 と 失望と 
よろこび と かなしみ と 
安堵する気持ち と 不安な気持ち と 
相反する様々な感情が押し寄せて
つぶされそうになりながら
おかあさんが 一生懸命いることが 
とても いたいけど しんじている

退院当日
帰る途中のリスクも お腹一杯になるほど伝えられ
まこりんが おとうさんに付き添い 
カラダ横にしたままでおとうさんは おうちにかえってきた

ただいまの その瞬間を一緒に分かち合えたこと
そのときの心のふるえ
おとうさんに
ありがとうを何度言っても足りない
b0138522_21443683.jpg

おとうさんに トントントンの台所の音きこえるかしら
退院お祝いに おかあさんと一緒におすしをつくった
b0138522_21444264.jpg

「おとうさんは食べれないけど おとうさんの分もよそっておこう」
と おかあさんが小さなお皿におとうさんのぶんをよそった

訪問看護師が丁寧にお世話してくださったあと
近所に住む何十年来の かかりつけ医が
「よぉっ おかえりっ」 と往診に来てくれた
b0138522_21444854.jpg


夕方には二人のお姉さんが到着し
半合宿のような おとうさんを中心とした暮らしがはじまった
いろいろなことを学んでいる
いろいろなことを感じている
おとうさんは 食べること カラダを動かすことは
もう 手放しているのだけど
みんなをひとつにしてしまった

泣きながら笑いながら
まこりんと分かち合っている
ありがたいなぁ

私たちはいま
急な状況の変化で職場も含め 
いろいろな方にお世話をかけている
おとうさんがかえる日は 一日も早い方がいいという主治医の意見もあり
最短で準備できる日を設定した
ほんとうは もう少し悠長に考えていた
28日(水) ほんとうは 「こずみっく」でユーストリーム収録に
花子Baby’s三人で出演の予定だったけれど
行くことができず
「気にしなくてもいい」という こずみっくのみなさんの言葉に甘えた
ほんとうに いろいろなみなさん ありがとう
お世話になります




[PR]
by yokoiterumi | 2015-10-31 22:02 | 2015 照美 | Comments(0)