ゆっくりあるこう   by照美 yokoiterum.exblog.jp

大自然のかみさまと おなじほしにうまれたいのちにであう旅 唄いながら旅しています ~照美 


by yokoiterumi
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:そして3ヶ月目( 10 )

6月4日(日)
朝 ご飯の前に ラムネを食べたいというはるちゃんと ひと悶着
いろいろなやりとりの結果 友人が駄菓子屋で買ってくれたまま
ずっとお預けになっていた ラムネ付きのメガネを手渡すと
大喜びで ラムネはたべたんだかどうだかわからないうちに
メガネで大騒ぎ
あまりにおもしろ可愛いので わたしも まこりんの眼鏡をかけて
2人で大笑い
b0138522_21252668.jpg
朝は 丁寧にご飯を作った 時間をかけたわけではなく ココロ丁寧に
はるちゃんにも包丁でキュウリを切ってもらった
なかなか上手になってきた
なちゅらるでアジアンテイストなお総菜3品 はるちゃんに好評で
やっぱり 丁寧ってたいせつだなぁとおもう
b0138522_21261516.jpg

この1週間の空白のような棚ボタ休みは わたしに必要なお休みだったな
たいせつなこと だんだんわかってきた
できないことを どうしようと悩んでも仕方ないこともわかってきた
考えこんでしまうことだって気持ちが晴れないことだって 
そんなん今は仕方ない当たり前って思えるようになってきた
はるちゃんと一緒にベタベタと過ごす時間がもてたことで
はるちゃんがとても落ち着いた
たいせつな1週間だった
 
「てるみん~ きょうは どこいくのー」
どこいきたい?
「うみいくー」
というわけで 今日もまた海へ
車で5分の大蔵海岸 砂場セットと帰りのお風呂セットを持っていった
b0138522_21261806.jpg
砂遊びに夢中のはるちゃんをおいて
「はるちゃ~ん ちょっと海であそんできます~」
須磨の海とはまた様子の違う海で そのにおいも全然違う
なんていうのか 須磨の海は 生と死が発酵して日本酒みたいになったかんじだけど
大蔵海岸は 生と死がいまここに在るという感じ
砂浜と磯の違いなんだと思うけど
石ころをひょいと持ち上げれば たくさんのカニや貝がうごめいていて
波が打ち寄せて引くたびに あたらしい景色がみえてくる
b0138522_21260983.jpg
はるちゃんも 団子虫の次に捕まえられるようになった貝に夢中で
たくさん捕った後は 彼らを子どもに見立ててごっこ遊びしてた
この貝 ひょっとして塩ゆででいけるんじゃないかなぁ
やってみよっかなぁ という思いも浮かんだけど
今日のところは やめた

でも・・・ ひょっとして 食べれるんだったら~
すご~~~い すごいね~ いいとこに住んでるなぁ わたしたち
b0138522_21255654.jpg
二日連続で砂浴
地下足袋シューズも履き心地満点だけど やっぱり裸足にはかなわない
きもちがいいな

2人で龍の湯につかったあと 車の中でとつぜんはるちゃんが
「てるみん? まこりんに会いたい?」 というので
あいたいなぁ  というと
「はるかちゃんね あわせてあげる まこりんくるよー」

どきどきして家に帰ると
あのメガネをかけて登場
「てるみん ただいまー 」
『あ~ まこりん おかえり~ げんきだった?まってたよ』
「はるかもげんきにしてる?」
『うん はるちゃんも元気よ ちょっとまってね
 はるちゃ~ん はるちゃ~ん どこいったかな』
と二人でくすくすしながらまこりんごっこをした

はるちゃんの芸は細かくて
メガネをはずして遥香に戻ると
「てるみん まこりんきた?」ときいてくれた

夕方 お汁をふざけて飲んでこぼしたことを 注意すると
はるちゃん口をきゅうっと結んで 
まこりんのトレーナーを着せてる座布団に頭をうずめていた

明日で 3回目の月命日
はるちゃんは はるちゃんなりのまこりんの居場所を確保しつつ
自分の拠り所にしているんだなとおもう


【予定】

6月11日(日) 13:00~  京都

クロージングイベントミニライブ
KYOTO ART EXHIBITION2017~平和を願う美術家の集まり  


6月25日(日)14:00~16:00 明石
「こもれび」花子Baby'Sライブ パレス朝霧丘集会室


8月12日(土) こずみっく


8月26日(土)岡山 駅前商店街イベント


9月8日(金)こずみっく 花子Baby'sライブ

      「ゆっくりあるこう Vol.2」

      水島照美 with 木村秀子 土村和史 





[PR]
by yokoiterumi | 2017-06-04 22:02 | そして3ヶ月目 | Comments(0)
6月3日(土)
須磨水族園のイルカライブでかかるテーマソングを
そろそろ覚えて唄えそうなはるちゃん
今年3度目のイルカショー
b0138522_15450729.jpg
1回目のイルカライブを見て 
ここでもまた お馬さんにのり
b0138522_15451765.jpg
イルカの背びれや胸びれにタッチするコーナーに参加し
2回目のイルカライブもみた
イルカづくし
2回目のイルカライブは1回目と内容が違っていたので
なんだか得したような気持ちになった
b0138522_15452256.jpg
水族園をでて いつものように須磨の海へ
「てるみ~ん  はしろー  くつぬいでいい?」
いいよいよ
「てるみ~ん  お洋服ぬいでいい?」
ズボン脱いでいいよ シャツはダメ パンツもダメよ~
b0138522_15452778.jpg
「てるみ~ん おにいちゃんたち シャツぬいでるよー」
男の子はいいの 女の子はぬいじゃだめ
「じゃぁー あの子は? 女の子なのにシャツぬいでるよー」
ほんとだね・・・
「はるかちゃんも ぬぎたいのー」
b0138522_15453027.jpg
広い須磨の海をそれぞれの大人や子どもが プライベートビーチみたいに
思い思いにあそんでいた
わたしも 靴脱いで 靴下脱いで海に入った

今日の海も生と死がまざりあってるにおいがする
はるちゃんは 海にざぶざぶと入ったり
砂の上を走り回ったり貝殻をひろったり
大きいお兄ちゃんたちが流れついたクラゲで遊んでいるのを見つめたり
好きなようにすごして
b0138522_15453282.jpg
流木を見つけて血が騒いだのか 
なにやら はるちゃんにしか分からない儀式をしていた
それはそれは いい顔で帰ってきた

わたしも 好きにすごしていた
砂の上に座って目の高さを低くして海をみていた
なにか海がおしえてくれるかなぁと思いながら
ざぶんざぶんという波の音を聞きながら
寄せて返して寄せて返して
打ち寄せる波に乗って流れつくモノもあるのに
打ち寄せる波に乗りながら沖へ流れていくモノもあって
それが 自然なんだなぁ
とぼんやり感じながら


家に着いたのが二時半 
それからふたりで ずるりんと泥風呂に浸かるような脱力を味わいながら
昼寝をした
郵便屋さんが5時過ぎにピンポンするまで 一度も起きず
ぐっすりと眠った

夕方 まこりんのおかあさんの家へ行くと
倉庫の片づけをしようとしていたらしく 玄関前が荷物の山で
はるちゃんと二人 びっくり仰天
おかあさんなりの理由もあって 考えもあってのことだから
横浜のおか―さんだったら 厳しく言うことも
そうなんですね~ なるほどね~ と聞いてあげられる
一緒に片づけをして ご飯を食べに行った





【予定】

6月11日(日) 13:00~  京都

クロージングイベントミニライブ
KYOTO ART EXHIBITION2017~平和を願う美術家の集まり  


6月25日(日)14:00~16:00 明石
「こもれび」花子Baby'Sライブ パレス朝霧丘集会室


8月12日(土) こずみっく


8月26日(土)岡山 駅前商店街イベント


9月8日(金)こずみっく 花子Baby'sライブ

      「ゆっくりあるこう Vol.2」

      水島照美 with 木村秀子 土村和史 




[PR]
by yokoiterumi | 2017-06-04 21:17 | そして3ヶ月目 | Comments(0)
6月3日(土)
「くじらさんいくのー」
はっ・・・? んん?
「くじらさんみるのー それからあんぱんまんのるのー」
あぁあああ  須磨の水族園に行きたいのね
くじらじゃなくてイルカだよ
「いるかいくのー」
じゃぁ おにぎり持っていこ まってて
b0138522_22515050.jpg

朝ご飯用に炊いたご飯で昼ごはんの弁当を作って 
朝ご飯は近くの大きなパン屋さんへ行った
そしたら はるちゃんと同じクラスの子が買いに来ていた

わたしは 小さい頃から 人ごみの中で人を見つけるのが得意で
たぶん 誰よりも先に見つけてしまう 
どこまで気づかないふりをしたら普通の人なんだろう・・・と
いっとき悩んだ時期があったくらい
その悩んでた頃の癖がついていて 見つけたらまずすぐには声をかけない。。。
少ししてから声をかける

それで パン屋さんに入って すぐにおともだちに気づいたんだけど
どうしようか迷って 声をかけなかった
はるちゃんが気づいたら 「あっ ほんとだ おともだちだね」って言おうと思ってた

はるちゃんは気づかず
おともだちが気づいてお母さんに はるちゃんがいると言ったらしく
トントンと肩をたたかれた

どきどきした

まこりんが逝ってから まこりんのこと保育園の同じクラスの誰とも話してないけど
でも お迎えに行くと はるちゃんのともだちには よく聞かれる
「ねー はるちゃんの おとーさん なんでしんだん?」
「はるちゃんのおとーさん いなくなったん?」

それで たぶん どきどきしてしまった

おともだちは パン屋さんの外に設置されている喫茶コーナーでパンを食べていた
「はるかも おともだちとたべるー」というのを
なんとなく早くその場を立ち去りたくて
でもさー 早くイルカさん行こうよ~  と一応誘ってみたものの
ずっと保育園を休んでいて 久しぶりにともだちに会えたうれしさもあって
そんな誘いに乗るわけもなく
隣のテーブルでパンを食べた

保育園はそれぞれの保護者の都合で 送迎時間が違うので 
あまり顔をあわせておしゃべりしたりということも少ない

アデノで休んでいた間に 実は はるちゃんのミニ運動会があった
「数週間前から ねー てるみん だれがくるん? てるみんくる?ばぁばは? おばぁちゃんは?」
今までは賑やかにまこりんと二人の祖母と行っていたけど
ひとりでは はるちゃんを連れて 横浜からおかーさんを呼ぶことも自信がないし
明石のおかーさんを連れていくのも自信がない
それで 
「てるみんがいくよ~」
というと
「てるみん はるかちゃんと一緒に玉入れしてくれるん?」
と聞くので ここは 盛り上げとかなくちゃと思って(わたしを)
「するする  それに てるみん走るからっ みとってー 早いから 応援してな」
と 保護者のクラス対抗リレーにエントリーした

でも。。。
エントリーして はたと気づいた
わたし 結構 歳とってるじゃんねぇ・・・
狭い園庭のリレーは経験もあって自信があるんだけど・・・
でも・・ どーしよー 肉離れとかしちゃったらー ねんざとか・・・
洒落にならないよなぁ・・・
やっぱりやめようかなぁ・・・

と腰が引けてきたころに お迎え時間が一緒になって声をかけてくれたお母さんだった
「みずしまさん~ はしるんですね~ 」
 はっ  はいっ  えーと はしれるときにはしろっかなぁ=とおもって~

結局
はるちゃんがアデノで出席停止だったので 運動会にも参加できず
わたしが走ることもなかったのだけど

隣のテーブルでパンを食べながら
はるちゃんは 照れながらうれしそうに おともだちや おともだちのお母さんに
いろいろおしゃべりをしていた

アデノで運動会に出れなかったことを話すと
アデノがどんな症状なのかいろいろ交換しておしゃべりし
どうしてきょうパン屋さんに来てるのかなどなど
特別のことじゃなくくて いまのことを ただおしゃべりして別れた

勝手にひっかかってるのは
わたしなわけで
わたしから まこりんのこと話せばいいんだけど

それも たぶん もう少ししたらできると思う
自然な流れの中で

そんな兆しを感じた朝ご飯だった


【予定】

6月11日(日) 13:00~  京都

クロージングイベントミニライブ
KYOTO ART EXHIBITION2017~平和を願う美術家の集まり  


6月25日(日)14:00~16:00 明石
「こもれび」花子Baby'Sライブ パレス朝霧丘集会室


8月12日(土) こずみっく


8月26日(土)岡山 駅前商店街イベント


9月8日(金)こずみっく 花子Baby'sライブ

      「ゆっくりあるこう Vol.2」

      水島照美 with 木村秀子 土村和史 



[PR]
by yokoiterumi | 2017-06-04 16:21 | そして3ヶ月目 | Comments(0)
はるちゃんは 昼間は元気で熱もナシ
夜になると熱が上がるというのを繰り返していたけど
木曜日夜は熱が上がらなくなり 一応治癒したようなので
どこにいきたい?と聞くと
「おんまさん」
b0138522_22514714.jpg
乗馬の途中に おねーさんに年齢を聞かれたようで
馬に乗りながら片手を離し 指で3をつくって応えていた
「はるかねー ひとりでおんまさんのれたー」
小さな自信を積み重ねているところ
待ち時間なし コース二周300円のポニー乗馬
明石ってなんていいとこなんだろー
b0138522_22514057.jpg
家の本棚から はるちゃんが本をだそうとしたらカードがはらり
あっ まこりんの書いたカードじゃん
こんなとこにはさまってたんだー
b0138522_22514218.jpg
b0138522_22514526.jpg
このカード探してたんだよ
まこりんの思い出箱にいれとかなきゃ
はるちゃんが大きくなったら見せてあげなきゃ


はるちゃんの体調が戻るのに反比例して
わたしのココロのアップアップ度が急上昇し
このままじゃ おかしくなりそうだと思って
現実逃避することにした

えーいっ  どこか旅行に行こっ
いまからっ
どっか 泊りにいこっ
そうだよ 土日もいれたらあと3日あるじゃん

最初 沖縄のツアーとか 北海道ツアーとかネット検索して
今日の今日でいかれるわけないよなぁ・・・ とだんだん冷静になって
子連れにやさしい宿とか探して
でもなぁ。。。 近場じゃないとわたしの体力がもたないかも
とさらに現実的に
淡路島とか姫路とか岡山とかにしようかなぁと検索して

「ねー てるみん 本読んで~~」
というはるちゃんに ごめんねと断ってまで
1時間くらいネットサーフィンした挙句
隣の駅のホテルに泊まりに行った

気が晴れるかと思って

結果 家にいるのとココロの動きは 何も変わらなかった
ホテルのバイキングは はるちゃんを気にしながら
ただ食べる感じになって
あぁ~あ まこりんがいたらなぁ と思うことを目の当たりにする
ねーねー これ食べてみた? おいしーよー とかさ
ずーっとしゃべって食べてるのに

はるちゃんが寝た後のホテルは 家と違って 何もすることがなくて
ぼけーっとテレビを見たり
お酒を飲む気にもなれず
早く寝ようかと思っても 寝つかれず

どーしよー このまま寝れなくて朝になっちゃったら
明日もはるちゃんと一日一緒なのに 体力持たないかも と心配になったり

あぁ=あ  あたし けっこう重症だな と自覚した

翌朝はゴミの日だったので 荷物をまとめてレストランに降りて朝ご飯を食べて
9時前には家に帰ってきた

まさに。。。現実逃避のために一晩家から抜け出したという感じ
それはそれで 意味のある夜だった
自分のへんてこりんさを 少しはなれて 笑いながら


それで本屋さんで
『ぐっすり眠れてイライラしなくなる ココロとカラダのやすめかた」っていう本を買った

前進したっ あたしも
おかげで昨日の夜は よく寝た
昨日の夜は




【予定】

6月11日(日) 13:00~  京都

クロージングイベントミニライブ
KYOTO ART EXHIBITION2017~平和を願う美術家の集まり  


6月25日(日)14:00~16:00 明石
「こもれび」花子Baby'Sライブ パレス朝霧丘集会室


8月12日(土) こずみっく


8月26日(土)岡山 駅前商店街イベント


9月8日(金)こずみっく 花子Baby'sライブ

      「ゆっくりあるこう Vol.2」

      水島照美 with 木村秀子 土村和史 





[PR]
by yokoiterumi | 2017-06-04 00:32 | そして3ヶ月目 | Comments(0)
横浜の法事から帰り 翌月曜日は 無理のないように休みをとっていたのだけど
夕方から熱が上がってきたので受診して
火曜日の朝は7度1だったけど
ぜったいに 熱があがる顔をしていた
ほんとは 休んだ方がいいと思うけど
思うけど
先週も2日間熱で休んだのに
えーーーーっ またーーーー
っていうのは 職場のひとじゃなくて わたしなの
誰も責めない でもわたしが私のこと勝手にせめちゃう
それで午前中だけでも出勤したいなぁと思って はるちゃんを保育園へ
熱が上がってもお昼ころ あわよくば夕方まで行けるかもという予想に反して
出勤後1時間もしないうちに電話がきた
8度7分まであがってます~
b0138522_22511583.jpg
夕方には7度3にさがったけど
翌日はどうしよう
朝はさがって元気かな
でもあがっちゃうってこともあるし
二日連続で 電話呼び出し退勤っていうのもなぁ。。。
どうしよう 
たしかにパートなので勤務時間がそのままお給料なわけで
働く時間が少ないっていうことは そりゃぁ 新米大黒柱としては
気になるけど でもそんなことは 今は二の次三の次なんだ・・・

まこりんいたらなぁ 
体調悪くて仕事行かれなくてもいいからお留守番してくれてたらなぁ・・・

んん?  思いついちゃったぁ~~

いちかばちか 近所に住む友人にメールしてみた
お迎えとかお留守番とかお手伝いするよって言ってくれてた~

「あのー だめもとでメールしてるんですけど
明日はるちゃんとお留守番してもらえないでしょうか
お弁当をつくっておきます」

『いいですよ』 と返事が来た

b0138522_22513893.jpg
いろいろ やってみよう
とにかく おもいついたら やってみよう

はるちゃんは 大喜び
たくさん遊んでもらった様子

わたしは ほんとうにひさしぶりに「いってらっしゃ~い」「おかえり~」を言ってもらえて
おうちだなぁという感じがした

元気は有り余っている様子なのに 夕方遅くにまた熱が上がり再度受診すると
アデノウィルスに感染していた
出席停止なので有無を言わさずわたしも仕事休み
棚ボタ休みと笑えない

はるちゃんの為の休みであるけれど 
私自身を見つめる休みになる
いまここにいる私自身と向き合って ありのままをただゆるして
ジャッジせず うんうん そうだそうだ 今の私はそうだそうだと
みとめている

こまったわたしなの
でも 仕方ない

3ヶ月目の最終週は ようやく わたしが へんてこりんな私を具体的に見つめて
具体的にゆるしてあげる時間をもつことになった

【予定】

6月11日(日) 13:00~  京都

クロージングイベントミニライブ
KYOTO ART EXHIBITION2017~平和を願う美術家の集まり  


6月25日(日)14:00~16:00 明石
「こもれび」花子Baby'Sライブ パレス朝霧丘集会室


8月12日(土) こずみっく


8月26日(土)岡山 駅前商店街イベント


9月8日(金)こずみっく 花子Baby'sライブ

      「ゆっくりあるこう Vol.2」

      水島照美 with 木村秀子 土村和史 



[PR]
by yokoiterumi | 2017-06-03 23:44 | そして3ヶ月目 | Comments(0)

そして3ヶ月目⑤紅二点

b0138522_13584007.jpg
横浜のおとーさんの法事のため
金曜日の仕事帰り ふたりで新幹線に飛び乗った
立ち乗り~  かっこいー
新大阪で座れるってよんで あえて立ち乗り
お疲れモードのビジネス戦士に混じって 紅二点~ そりゃぁ 目立ちましたわぁ
あたしたち かわいくて~ 

横浜のおとーさんが突然 逝ってからもう二年
まだ二年
その二年の間に まこりんのおとうさんをおくり
まこりんをおくることになるなんて 思わなかったなぁ

2013年からのわたし ほんとうに駆け足で濃い日々を過ごしている
2013年までのわたしも 濃い日々だったけど スピードが桁外れ
よくついていってるなぁ アタシ  わたしの人生に

b0138522_13583003.jpg

はるちゃん 新幹線の中では泣くこともなくぐずることもなく 成長を感じる
まこりんと交代で抱いて客室から出てあやしてたのが嘘のよう
b0138522_13590745.jpg

覚悟していたほど疲労せずに往復できた
でも やっぱり つかれた

いろいろ


父方の叔母たちにまだまこりんのことを知らせておらず
「あれっ てるみー まことさんどうしたの?」と聞かれ
じつはね  と話すとおばちゃんたちみんなびっくり
いとこのお姉ちゃんが
「ばかだねー ばかだよねー ほんとに ばかだねーっ あんなにうれしそうだったのに」
と涙浮かべながら連発してくれたので 一緒になって
「そーでしょっ ばかだよねー ばかなのよっ ばかでしょー」
と言った
もう90歳になろうというおとーさんの一番上のおねえさんが
「てるみっ 今度結婚する時は うんと若い男にしなっ」
はは はははは
けっこんねぇ・・・ワカイオトコねぇ。。。  はは ははは
b0138522_13585733.jpg

精進落としをした場所は実家を出てから十数年暮らした街で
毎日のように通った道をみながら
まっすぐ帰ってきた

寄り道をする気力と体力がなくて ただ 眺めるだけ
だれかにバッタリ会えるんじゃないかときょろきょろするだけ
恋しい場所は 近くにありて 遠きもの
みたいなかんじだった

b0138522_13584219.jpg

日曜日 早めに実家をでたものの新幹線に乗る頃に すこしはるちゃんのカラダ熱く
覚悟する
でも 月曜日は保険でお休みをとっているし
一日ゆっくりすれば。。。と思って のんびり
b0138522_13583662.jpg


でも だめだった
火曜日 保育園に預けて 出勤して1時間もしないうちに電話がきた
あれれーという間に熱が上がってしまっていた
それで 早退~
毎週のように棚ボタ休暇・・・

ごちそうさま~



【予定】

6月11日(日) 13:00~  京都

クロージングイベントミニライブ
KYOTO ART EXHIBITION2017~平和を願う美術家の集まり  


6月25日(日)14:00~16:00 明石
「こもれび」花子Baby'Sライブ パレス朝霧丘集会室



【友人があげてくれたユーチューブの中からライブのおすそ分け】
まこりんが 2人の家に泊りに行った時「こんどさー 一緒にへんてこりんな音楽しようよ」っていったから 
まこりんの遺志を継ぎ へんてこりんでおもしろい 音の世界へ
「耳切り坊主」~ジャジ―におきなわん子守り唄

まこりんが「ほんとはこの曲はピアノかオーケストラをバックにしててるみんにうたってほしいんだ」って言ってた。動画を覗き込んではるちゃんが「おとーさんどこにおるん?」とさがしてるとこ

あたらしい へんてこりんでおもしろい 音の世界へ
まこりんの弾く音のないギターの音が聞こえてきそうな
「黄金の国ジパング」 

私が作った唄もうたいました
まこりんへ それから まこりんにかわって
アンコール 






[PR]
by yokoiterumi | 2017-05-30 20:59 | そして3ヶ月目 | Comments(0)
5月21日(日)
奈良の大倭から 恩人たちが文化行事で明石へ遠足にくるというので
便乗して遠足に参加しようと
わくわくして明石駅の改札口へ

携帯で連絡取り合わない待ち合わせって なんて素敵なんだろ
のんびりくるのかこないのか分からないけど待って
もう一本待ってみましょうか~
そろそろ行きましょうか~と出発

なつかしいなぁ こういう待ち合わせ
こんな感じだったよ 高校生の頃とか 
初めて恋人できた頃とか
b0138522_22390136.jpg
奈良のみなさんに案内されて
今まで歩いたことのない道を通って 明石のまちを歩いた
いいところに住んでるなぁ と言われて
そうでしょうーそうでしょー と自慢したくなる

偶然、日本の標準時計の正午の時報をみんなできいた
その真下にまこりんのお墓
やるなぁまこりん
もちろん偶然だって知ってるけど
まこりんが何かしでかしたって思うと愉しいもん

歩くみちみち はるちゃんは 団子虫つかまえておおさわぎ
b0138522_22385771.jpg
「ねー みてー みてー」
と見つけて捕まえては 見せて廻っていた
自分の実力でつかまえられる唯一の虫・・・
b0138522_22384087.jpg
まこりんのお墓にも立ち寄ってくれた
奈良の恩人が 背負って歩いてきたリュックをおろし
中から次々に お酒や水やお米やお菓子やお塩を出して
お供えをしてくれた
「まこちゃん~ ひさしぶりだね~ あえてうれしいよ」
といつもと何も変わらず話しかけてくれた
そして みんなで歌をうたってくれた

ズシリと重そうなリュックの中は
きっとそうだと駅で会った時にわかった

もう高齢の恩人なので  そうだろうと気づかなければ
「わたし荷物持ちますー」と言いたいところを
ぐっとがまんした
登りも下りも ひと足ひと足 明石駅からの道のりは楽じゃない
半袖でも暑い日だった

人それぞれ
まこりんに届けたい想いを みせてくださること
誠実なまっすぐな 真剣なありよう
しっかり わたしに刻んでおこう

前日のライブでも「こずみっく」のおふたりに
そして 一緒に演奏してくれたおふたりに
どきどきした顔で会いに来てくれた友人たちに
同じような想いを それぞれの真心で感じて 
ぐっときた


続くこの日も また感じている
わたし たいせつなことを学んでいる
b0138522_22384818.jpg
歩く道々 野の花たちをめぐるおしゃべり愉しかった
一緒にあるくって こんなに豊かにしてくれるんだな
どこで手折ったのか
母子草 父子草 そっと墓前に置いてくださった方があった

ひとつひとつがやさしくて
どれもこれもせつなくて
みんなおもしろくて あたたかい
そんな 二日間だった

魚の棚で自由解散となり
明日もまた会うみたいに 恩人たちと手を振って別れた
b0138522_22385220.jpg
気づいたら はるちゃん「クルマクルマー」とリクエストして
肩車してもらってるじゃないっ
・・・。
b0138522_22534785.jpg
最近大好きでたまらない「お好み焼き道場」で玉子焼きを食べて
はるちゃんとわたしは先に家にかえった
もう一泊してくれる友人たちは古墳散策に出かけた後
明石の幸をたくさん買って帰ってくれて
久しぶりにお酒がたのしいご馳走が並んだ我が家
b0138522_22385598.jpg
ここは私の家で・・・
明石に住んでるのは私で・・・
お客様は友人たちなのに・・・
友人たちに明石のご馳走をもてなしてもらってるねぇ・・・
不思議だねぇ・・・
はは はははははは

あまえてる しっかり
はるちゃんだけでなく わたしも
はるちゃん 大騒ぎでヨロコビの舞を披露した
わたしの扇子を振り回して どこぞのダンスなのか
中東系の香りのする振り付けだった
以前はそのあたりの方だったのかしら・・・



【友人があげてくれたユーチューブの中からライブのおすそ分け】
まこりんが 2人の家に泊りに行った時「こんどさー 一緒にへんてこりんな音楽しようよ」っていったから 
まこりんの遺志を継ぎ へんてこりんでおもしろい 音の世界へ
「耳切り坊主」~ジャジ―におきなわん子守り唄

まこりんが「ほんとはこの曲はピアノかオーケストラをバックにしててるみんにうたってほしいんだ」って言ってた。動画を覗き込んではるちゃんが「おとーさんどこにおるん?」とさがしてるとこ

あたらしい へんてこりんでおもしろい 音の世界へ
まこりんの弾く音のないギターの音が聞こえてきそうな
「黄金の国ジパング」 

私が作った唄もうたいました
まこりんへ それから まこりんにかわって
アンコール 






[PR]
by yokoiterumi | 2017-05-24 23:16 | そして3ヶ月目 | Comments(0)
5月20日(土) こずみっくで ライブをさせてもらった
あたらしいスタートの日
まこりんのお墓参りを兼ねて横浜から来てくれた音楽仲間を迎え
「こずみっく」の扉をあけると 
目に見えないけど 瞼とじたらみえてくる たくさんのたくさんの想い
溢れて溢れて 満ちて満ちて 
ごんさんとあいこさんが 心配そうに待っていてくれた
それをあらわす言葉が わからないので ことばにできない

そのまま  あたたかな涙としてながすこともできるエネルギーが満ちていた
でも それをゆっくりたいせつに 私に沁みわたらせて 
おおきく揺れる自分を感じながら まんなかにただいることができた
どこにも力が入らなかった
お釈迦様の掌で安心して遊んでるみたいな感じだった

「花子Baby'sですっていうのも 水島照美ですっていうのも しっくりこないから いわないっ」
とご挨拶してライブをはじめた
b0138522_16344082.jpg

2013年2月に東京福生のUZUで初ライブした花子Baby's
音楽パートナーから恋人になりたてだった
ほどなく結婚の約束をして 関西へ行こうと決めた頃子どもができていた 
2013年9月に明石に引っ越して結婚し 出産後の活動再開は
関西での花子の活動開始ということで
2014年5月(はるちゃん生後三カ月)おんぶでうたった
「こずみっく」でのライブがスタートだった
「こずみっく」との出会いがなければ 花子Baby'sは この短期間にここまで成長しなかったと思う
たくさんの仲間にも出会えなかった
そして 再び「こずみっく」でゼロ地点に立った 
b0138522_16362114.jpg
よし やるぞっ と気合が入ったのが1週間前
それまでちゃんと連絡もせず 心配かけていたと思う 
それでも あいこさん「どうなの?」と聞かずに待っててくれた
b0138522_16345529.jpg
今回のテーマは「ゆっくりあるこう」
隠れテーマは まこりんへのラブレターとわたしへの原点回帰
ひとりで演奏するシーンと
土村和史さん(エレキベース 三線)木村秀子さん(キーボード 鍵盤ハーモニカ バラフォン他)と一緒に演奏するシーンと
b0138522_16342931.jpg
宮本武蔵好きが高じて剣道部に入りお通さんに憧れて横笛教えてくれる人を探してたこと
笛で習ってる音楽がまさか沖縄音楽とは思っておらず東北の民謡だと思っていたこと
気づいたら 笛は二の次になり舞踊と唄と三線まで始めていたこと おしゃべりした
そのときの兄弟子が土村和史さん わたし20歳だった
時が経って こんなふうに一緒に 産みだし続ける音楽できるなんて想像もしなかった
すごいなぁ
人生って ほんとに不思議 生きてこそだな
b0138522_16343959.jpg
「こずみっく」を自分のお部屋みたいに自由につかって遊んだ
三線で唄う民謡はマイクを使わずフロアに出て唄った
わたしが盛り上がった~
関西ライブメニューで初踊りもした「竹富島のしょんかね節」
たのしかったぁ やっぱり踊り好きっ
はるちゃんが なにしてても自由にさせてあげてといってくれたことも
ほんとにありがたかった
それでも途中で飽きてきたはるちゃんを友人が連れだして
少しの間お散歩してくれたことも 
申し訳ない気持ちを 手放して ほんとにありがとう
b0138522_16345122.jpg
はじめて会った方もいた
ブログを見てずっと応援してくれてた方もいた
しらないところで たくさんのかたが見守ってくれてる
ありがたいな ほんとうに


誰かが助けてくれると信じてまこりんがセットしてるまま持っていったビデオセット
SDカードの挿入向きもあやうく そこからやってもらった・・・
家でビデオ鑑賞をした
控え目に言っても めちゃくちゃ いいライブだった

ユーチューブ用に編集するのは少し時間かかるなぁと思っていたら
お客さんで来て下さった方(でももうお友達になった)が一曲一曲ユーチューブにあげてくれていた
びっくりした
こういう作業が今 時間がなかなか作れないのでとてもうれしかった 
たすけてくれるひとでいっぱい
わたし しあわせだな
あまえないように 甘えよう

わたしひとりでは この日を迎えることできなかった
お世話になった方がたに しずかに感謝しています

ライブしました~
どうもありがとう



【友人があげてくれたユーチューブの中からライブのおすそ分け】
まこりんが 2人の家に泊りに行った時「こんどさー 一緒にへんてこりんな音楽しようよ」っていったから 
まこりんの遺志を継ぎ へんてこりんでおもしろい 音の世界へ
「耳切り坊主」~ジャジ―におきなわん子守り唄

まこりんが「ほんとはこの曲はピアノかオーケストラをバックにしててるみんにうたってほしいんだ」って言ってた
動画を覗き込んではるちゃんが「おとーさんどこにおるん?」とさがしてるとこ
『賛歌~明日へ』

あたらしい へんてこりんでおもしろい 音の世界へ
まこりんの弾く音のないギターの音が聞こえてきそうな
「黄金の国ジパング」 

私が作った唄もうたいました
まこりんへ それから まこりんにかわって
アンコール 







[PR]
by yokoiterumi | 2017-05-24 18:57 | そして3ヶ月目 | Comments(0)

いよいよ新開地音楽祭出番の40分くらい前に現地へ行くと

私より先に来て待ってくれている友人たちもいて

いろいろ声をかけてくれた


私はこれから新人戦に出る高校生みたいな気分で OBやOGの先輩たちが

見守って声かけてくれるみたいだった

いろいろな言葉をかけてもらった 名言集ができるかも

b0138522_22140780.jpg

私は今までで一番といっていいくらい緊張していて
だいたいが緊張しないタチなので
自分の状況にびっくりして ウロウロしてた

何度も ガラス越しに映る自分の姿を見て 中心とおってるかなアタシ・・・ と立ち直してみたり

ギターの調弦をあわせようとしてもっと狂っちゃったらどうしようと思うと

こわくて 思い切りねじをひねれなかったり


ギターが上手く弾けない曲は 他の曲に 差し替えしちゃおうっかなぁ

もう まこりんへのラブレターのならびじゃなくなってもしょうがないや・・と考えたりしてた

でも本番始まって 歌っておしゃべりしてたら
落ち着いてきたというか。。。
調子にのってきた

b0138522_22075876.jpg

しあわせだな うたっておしゃべりできて
お客さんと気持ちが通い合って ほんとにしあわせ

はるちゃんもほとんどをステージでうろちょろして過ごした

準備してきた曲5曲のうち2曲は差し替えたけれど

消極的差し替えではなくて

会場の空気を感じて曲を選んで唄ってるという感じで気持ちがよかった

b0138522_22090505.jpg

練習してほぼほぼ確実に弾き語りできるようになったはずの「うちなー夢語る」それでも 前奏二回目で手に汗がでてすべってしまい びっくり仰天・・・

あぁあああああ  わたし やっぱりキンチョーしてるんだ

でも 唄えばやっぱり落ち着いていい気持ちになってきた


会場から お囃子や手拍子や指笛や三板の応援が入り

ありがたくて 心強くて
私・・・泣いちゃうんじゃないか思ったんだけど
ますます調子にのってきて たのしくなっちゃった 気持ちよかった
それで まこりんになったつもりで
首振ってガンガンってギターを弾いた 

まこりんと遊んでるみたいな気持になった

最後の曲は まこりんが作った「あいのうた」を歌おうと準備してたけど

「花」をうたった

楽譜も持ってなかったけど うたいたくなってうたった

気持ちのいい やさしくてつよい「花」がうたえた

b0138522_22141302.jpg

終わってから久しぶりの友人たちと少し過ごし 

そばに来て 感想を伝えてくださる方々にご挨拶をして 会場を後にした

b0138522_22251662.jpg

歌い終えて一時間もしない頃には
地元の大蔵海岸ではるちゃんと遊んでいた


すべて 日常の中にあることが またうれしい
持参の砂場セットを全部出して囲いのない砂場で思う存分遊んだ

お尻がモリっとしているので「はるちゃんウンチした?」と聞くと

「うん でもなぁ もう一個出るねん」と時間稼ぎ

ウンチしてもなお遊び続けるのは まぁ別にいいけどさ

やっぱり気になって
「じゃー てるみんはかえりますね~」 と言い放つと


海に向かって手を合わせ
「うみさん 遊んでくれてありがとう はるかはかしこいのでよろしくおねがいします 今日は帰ります」
と叫んでた。。。。


たくさんのみなさんに ありがとう


うたいました

ありがとう



【予定】

5月20日(土)  舞子 こずみっく
  open17:00 start18:00 ¥1,500

「花子Baby’S ライブ ~ゆっくりあるこう~ 」

655-0046 神戸市垂水区舞子台6-10-5 二階

078-782-7263

b0138522_21441978.jpg

6月11日(日) 13:00~  京都

クロージングイベントミニライブ
KYOTO ART EXHIBITION2017~平和を願う美術家の集まり  


6月25日(日)14:00~16:00 明石
「こもれび」花子Baby'Sライブ パレス朝霧丘集会室


[PR]
by yokoiterumi | 2017-05-16 22:39 | そして3ヶ月目 | Comments(0)
カラダのない まこりんとの暮らしも まる二ヶ月が過ぎ
日々の暮らしのリズムなど 慣れたこともありながら
一番慣れないのは カラダがいないこと
あたりまえだけど さわれないこと

家の中では近くに寄れば背中や腕にさわったり 
すれ違う時もわざわざ胸に頭ぶつけたり
何の理由もなく カラダは触れあってたもんなぁ

それがないということが やっぱり さびしく 
なんだか緊張が高まる感じ
電気のマイナスばかりたまっちゃう感じ

まぁ しょうがない

5月14日(日)の新開地音楽祭にエントリーしていたのは まこりんだった
どんなふうに書いて どの動画を添付して応募したのか わたしは知らない

無理せずうたえたらうたおうと思っていたけど
照準は5月20日(土)の「こずみっく」ライブで
14日は気持ちが整えば歌おうとおもっていた

そして はるちゃんとふたりで 初めて訪れる街へ出かけていった
砂場セット ビーチボール 水鉄砲 おやつ その他いろいろ持参して
とても ライブに出かける準備とは思えないカバンの中

心配だった迷子にならず 朝の打ち合わせに着いた
「花子Baby'sさん~」と呼ばれると 「はいっ」と手を挙げたはるちゃん
出る気まんまん…
b0138522_21053398.jpg
まこりんを送って3か月が過ぎた5月はじめ
私自身の心とちゃんと向き合わなければと思うようになって
自分のことを少し客観的に見るようになった
それで三日前になってようやく 肝が据わった感じになって
新開地音楽祭は 準備万端とはいえないけど 
それでも わたしひとりで立って歌おうときめた

選曲は わたしのできるもの なわけだけど
わたしなりに まこりんへのラブレターのような気持ちで選んだ
まこりんのつくった曲は わたしにとってはギターが難しいので今後の課題なのだけど
「うちなー夢語る」を私なりのバージョンでやってみようと思って練習していると
最後の後奏のときに 与那国しょんかね節の一節がずっと頭の中でまわるので
「くくるやしやしとわたてぃいもり」と付け加えると 私のココロが納得した
b0138522_21294429.jpg
ギターの電池を入れ間違えてしまい 係の人があれこれ心配してくれたり
ハプニングもあったといえばあったけど 
思った以上に緊張していると自覚したサウンドチェックの後
はるちゃんと公園へ
年上の男の子をつかまえて 甘えて遊びに誘い そのうち主導権を握っていた・・・
やっぱり わたしのムスメだわと思った…
b0138522_21295439.jpg
お弁当を食べた後は ボンゴの屋根を持ちあげて昼寝させようと思ったけど
興奮して 寝るどころではなく・・・
歌う前に なんとかひとりで心落ち着けて集中したいと思うのだけど
なかなか叶わず
b0138522_21295714.jpg
出番の1時間15分前になって はるちゃんがようやく寝た
わ~い やった~
寝ているはるちゃんの横に 姿勢を正して座り
ほんの20分ほどだったけど 
目を瞑ってありとあらゆることに
ただただ感謝した 
いっぱいいっぱいのありがとうで 私のこころをあたたかくした


【予定】

5月20日(土)  舞子 こずみっく
  open17:00 start18:00 ¥1,500

「花子Baby’S ライブ ~ゆっくりあるこう~ 」

655-0046 神戸市垂水区舞子台6-10-5 二階

078-782-7263

b0138522_21441978.jpg

6月11日(日) 13:00~  京都

クロージングイベントミニライブ
KYOTO ART EXHIBITION2017~平和を願う美術家の集まり  


6月25日(日)14:00~16:00 明石
「こもれび」花子Baby'Sライブ パレス朝霧丘集会室



[PR]
by yokoiterumi | 2017-05-16 21:48 | そして3ヶ月目 | Comments(0)