ゆっくりあるこう   by照美 yokoiterum.exblog.jp

大自然のかみさまと おなじほしにうまれたいのちにであう旅 唄いながら旅しています ~照美 


by yokoiterumi
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2月24日(水)
早く目が覚めて朝食 今回はじめての外食(?)バイキングでBOO大喜び
大好きなヨーグルトを3回もおかわりにいく

今日は鹿島神宮へ海からあがろうと思って下津海岸へ
b0138522_9425273.jpg

うららか日和になる予報だったけれど 空は灰色 風が強く 波が荒く感じる
いつものように海の水をさわってみたら 
色々なものが まじりきらずに混ざっているような不思議な 感じがする
海の水をさわって そんなふうに感じるのは はじめてのことで
思わず手を引っ込める自分に びっくりしていた
右手を見ると工業地帯
海に手を合わせる  保とう保とうとお守りくださることの感謝



鹿島神宮の御手洗池から入って歩いていく
b0138522_9461076.jpg

奥の院や大好きな大木にご挨拶したり 要石にお参りをして
b0138522_9474411.jpg

いつもならここまで
今日は要石の先に続く小道へどうしても行きたくなって ずんずん歩いていった
鹿島神宮は生と死が混在すると感じる森のなかに小道がいくつかある 
やがて道路にぶつかって
それでもまっすぐ行きたくてガードレールを越えていくと お宮があった
b0138522_1021296.jpg
とてもうれしくなって 木にふれたり写真を撮ったり
境内にはイザナギイザナミの道祖神や猿田彦大神
b0138522_94995.jpg

b0138522_9493895.jpg


とてもうれしい気持ちのまま香取神宮へ
旧参道から要石と奥の院におまいり
b0138522_9562163.jpg

境内の大木がすっと天に向かって立っている様子がとても気持ちよい
昼近く 予報どおりうららかな陽気になってきた
春を感じながら たびのしめくくり
b0138522_9582642.jpg

[PR]
by yokoiterumi | 2010-02-25 09:58 | 2010 たび | Comments(0)

つくば③ 筑波山

2月23日(火)午後
b0138522_852160.jpg

筑波山神社にお参りする
筑波山はロープウェーが頂上付近まで通っていて 時間を問わずいろいろな人が山にあがれる
出発が遅くなったけれど わたしたちは登りも下りも登山する予定で出発
b0138522_8551597.jpg

男体山を目指して登っていくと 途中で水の流れる音がきこえたところで
秩父から持ってきた水をお供えして筑波の水を頂いた
b0138522_90457.jpg

とてもうららかな気持ちのよい登山日和で穏やかな気持ちで登る
途中ブナの林では木々が風にさそわれて踊っているよう
b0138522_955638.jpg

まずイザナギノミコトがいらっしゃる男体山頂のお宮へ
b0138522_965741.jpg

そのままイザナミノミコトがいらっしゃる女体山のお宮とイワクラへ
b0138522_975844.jpg

高所恐怖症の私はとてもできないけどBOOは絶壁の上でポーズ
b0138522_914879.jpg

ほっ とひといき
すると あとからあがってきた女性に声をかけられた
「あの・・・ 十日市場にお住まいの方ではないですか・・・?」
聞いてみると うたさんしんクラブの会場で働いていたことがある方だった
なんと 筑波山の頂で再会とは・・・
b0138522_9125765.jpg


帰りは女体山側からおりてきた 
さまざまな奇岩が有名なコース もう夕方の傾き加減になったやわらかな陽がやさしい
b0138522_9172093.jpg

b0138522_9174434.jpg


無事に筑波山神社まで降りてくることができて
お水をいただいた
b0138522_9185676.jpg


頂上で一緒になった親子に神社で再び会った
BOOが吹いた笛に 
ズボンを真っ黒にして歩いてきた3歳くらいの男の子が
何度も振り返ってお母さんと一緒に手をたたいている様子 
寝たり起きたりしながらお父さんに抱っこされている赤ちゃんの姿が
なんというのか
とてもしあわせな気持ちにさせてくれて 筑波山をあらわしているような気がした


つくばで地震にあったことが強く後押しをして 鹿島香取へ行くことに決めた
海外旅行客に混じって成田に宿泊 BOOの大好きな朝バイキングのあるホテルへ
[PR]
by yokoiterumi | 2010-02-25 09:26 | 2010 たび | Comments(0)
2月23日(火)
おにぎりを作って出発 まず筑波山からおりる桜川へ
b0138522_822064.jpg

車1台分の狭い道の両側には 古い家並み
この橋も木造の古い橋をコンクリートで補強したようなあとがあって
川の曲がり加減も ただそのままのような感じが とても懐かしい
筑波の男体山と女体山を仰ぎ見て きょうはそばに上がれると思うとうれしくなる

山へあがるまえにもう一箇所気になる場所があったのでまわる
神郡というところにある蚕影(こかげ)神社  偶然地図で見つけた
おととし、伊勢原の日比田神社へいったときも「こかげ」神社を見つけたことを思い出した
蚕 織物 衣 に縁を感じることが最近多い 縁というか 好きなんだなぁわたし

b0138522_89680.jpg

ちょうど太陽の光が山の上からあたり始めた
あまり 人が訪れている様子がなく 朽ちはじめているところもあるが
それでも 神々しい
b0138522_8142418.jpg


蚕影神社のすぐ下に「春喜屋」というお店があって
お参りして降りてくると おばさんが伝わる伝説や昔話をしてくれた
b0138522_8235100.jpg

昔このあたりは入り江になっていて「豊浦」と呼ばれていた伝説  
大陸から流されてきた金色姫を助けたことから養蚕が始まった伝説
養蚕が重要な産業だった時代には とても賑わっていたこと 
日本一社の蚕影神社に日本中から観光バスでお参りにきたこと
7年前に神主さんが亡くなって いまは筑波山神社の神主さんが時々来てくれること
神社のやすみどころに飾ってある大切な額や文化財が 盗まれたこと 
十七夜講もさかんで 母が子の手を引いてお参りに来ていたこと
b0138522_8245278.jpg


春喜屋で 蚕影神社の手ぬぐいを2本買って 筑波山へむかう
この手ぬぐいをしめて登ろうと思って

いってきます~
b0138522_8431942.jpg

[PR]
by yokoiterumi | 2010-02-25 08:11 | 2010 たび | Comments(0)

つくばへ ① 加波山

2月22日(月)
つくばへ早朝出発するが・・・大渋滞
筑波山神社に御挨拶をしてから、すぐに加波山へむかう
曇りで時折冷たい風が吹くけれど
2時間程度で上って降りてこれる初心者向けの山だというガイドブックを信用し
気楽に登り始める  12時すぎ
バァアア~ン という爆発音がした 武甲山に登拝したときのよう
御影石を割る発破の音だった


天狗の伝説でも有名で 天狗がひょいと飛び乗りそうな巨岩があちらこちらに
b0138522_22125589.jpg


ここは秩父で困民党決起した頃に加波山事件が起こった場所
昨年からのつながりで お参りしたいと思うようになった

頂上に近くなるにつれて 地面が凍っているところや雪が残っているところが多くなり
さすがに笑えなくなってくる。。。
b0138522_22153583.jpg

加波山事件や自由民権運動にかかわった方々の慰霊の気持ちよりも
いまの自分の身の安全で精一杯になっていた頃
b0138522_22222276.jpg

60代くらいの一人の男性と行きかった
道標も整備されていないため、BOOが場所を尋ねると
先に探しに行って またわざわざ戻ってきて記念碑の場所を案内してくれた
栃木から来たこの方は この運動にかかわった人は栃木の出身が多かったと言っていた
雪の下り道に私が追いつかず一緒におまいりはできなかったのだけれど
この方と出会わなかったら おそらくあきらめていたかもしれない
b0138522_22225536.jpg

行きも帰りも加波山ではこの方としか会わなかった

山を降りたところで また発破
手をあわせるだけ
b0138522_22272550.jpg



あまりに気軽に山に入ったことを BOOとふたりで反省する
夜 筑波山にあがるまえにしなければいけないことをBOOと話す
お山の裾に感謝してからあがろう

19:00すぎ 地震 つくば震度3
旅先で地震とあうのは初めてか・・・
[PR]
by yokoiterumi | 2010-02-24 22:29 | 2010 たび | Comments(0)

ぽかぽか

2月20日(土)
b0138522_11401244.jpg

うららかな ぽかぽか陽気 お庭の梅 満開


「いってきまぁす」
BOOが庭に出勤・・・
b0138522_11422075.jpg

「庭で 今日のライブの練習してくる~」
b0138522_1143356.jpg


ぽかぽか にさそわれて私もお庭におりた
たくさん蒔いた大根の種から ひとつだけ実った大根
うれしくてうれしくて
とても抜けない・・・
眺めては はっぱを一枚とって味噌汁に入れるくらい
でもなぁ
そろそろ抜かないとなぁ きっと・・・
b0138522_11451381.jpg


振り返ったら
練習はおわって 昨日作ったぶどう棚を自己満足げに眺めてるBOOがいた
b0138522_11465521.jpg



今日はアンの家でライブ
半年あたためた 新しい曲がやっときのう出来上がった
[PR]
by yokoiterumi | 2010-02-20 11:47 | おもうこと | Comments(4)
2月17日(水)
b0138522_23285855.jpg

先週に引き続き団地の係で3月末に予定しているお花見ウォークの下見に
すぐお隣の若葉台団地は桜の名所が数多くあるとのこと
今はまだもちろんつぼみも膨らんでいない木を見上げながらあるく

せっかくだから なんちゃってウォークラリーのような
課題を作ろうと 頭をひねりひねり
色々な人の思いつきで盛り上がって 楽しかった

なにか課題の題材はないかなぁとキョロキョロ見て歩いたら
b0138522_2334959.jpg

こんなキノコや くるんと巻きつくように小枝を抱えた木
b0138522_23343031.jpg

団地の遊歩道というには 立派な 林が残っている

だいたい内容もはっきりとしてきて また来週集まる約束
なんか 毎週集まるのが 楽しくなってきてしまったぞ
近所にご縁ができるってほんとうにうれしいことだなぁ
10年に一度のお当番は なかなかいい仕組みになっている
そうでなければなかなかお付き合いはじめられなかったもの・・・


夜は うたさんしんくらぶ
定例会とはまた違うチームワークができつつあってうれしいひととき
ほんとうにありがたいな
b0138522_2339324.jpg

[PR]
by yokoiterumi | 2010-02-17 23:40 | 神奈川  | Comments(0)
2月15日【月】
b0138522_2141688.jpg

小寺卓矢さんのスライド上映を団地の集会所でひらいた
遠くから近くから友人がたずねてきてくれたり
自治会長さんや団地の方も集まってくださって
アットホームなほんわか上映会
一番遠くは2時間以上かけて千葉から まんぼうさん

北海道の森の写真を撮りながら動き続ける自分の心と
自分のあしもとに広がるいのちの世界を
ぼそぼそ(本人曰く)とおしゃべりを交えての写真上映会

見る人それぞれ 小寺さんの写真 ことば に動く心はそれぞれ 

来てくれた友人たちにたすけられて やれてよかったな
小寺さんにも強行軍のスケジュールのところを来てもらってよかったな


上映の準備をしているときに自治会長さんが、台所でごそごそなにやらしているので
なんだろう~ と思っていたら
なんとうどんを作っていてくれて 上映後みんなに御馳走してくれた
b0138522_2150080.jpg

思いもかけないこと ありがたくてありがたくて 
私たちの友達を大事にしてくれるこころがうれしくて
来てくれた友達に 団地の自慢ができたみたいでうれしくもなって


我が家で続きの ゆんたく
今日のゆんたくメンバーは どこか雰囲気が合うというか
同じ村の人のようなところがあって
おしゃべりがつきない
気取らず 気を遣わず いろいろな話をした
そろそろお開きといいながら 部屋で わの舞
踊ったらまた気分が開放されて またおしゃべりが始まった・・・
b0138522_21543628.jpg

[PR]
by yokoiterumi | 2010-02-16 21:58 | 神奈川  | Comments(0)
2月13日【土】
b0138522_19443133.jpg

友人の結婚式に出かけるために 久々の正装・・・したところで
BOOがリュックサックで行こうと準備していて 

ちょっとまったぁ!!

「だって BOOはかばんもってないんだもん」

・・・・。

急遽バレンタインプレゼントはチョコではなくて鞄になりました・・・。

準備も整いようやく出発。
青葉台駅のホームで、すれ違った女の人がおいかけてきて
「もしかして てるこ?」
えっ そういうあなたは みっこ・・・?
え~っ すごい よく見つけてくれたね~
「うん だって てるこ全然かわってないから」
小学校のときの親友だった。てることあだ名で呼ぶのは数人。懐かしい~
電話番号をぱぱぱと みっこのリズムで交換して これからまた連絡が取れるようになった
うれしいこと
この電車は予定より1本早い電車だったのだけど
この電車だったから会えた
ふしぎ

結婚式の会場のフロントには なんと団地でお世話になっている
近所のおばさんの息子さんがいて
おばさん似の目で ホテルマンスマイルで迎えてくれた
b0138522_19482939.jpg


結婚式はいいな
いろいろなひとのうれしいが いっぱいいっぱい
歌のプレゼントをして
b0138522_19474698.jpg
 
BOOがキャンドルリレーの最後に新婦に火をともす役になり
「えっ 大役だね どうしよう ずっとつながってきた火消しちゃったらどうしよう」
と不安気なBOO
新郎新婦と私も どきどき
『BOOさんは火を持っててくれるだけでいいですから・・・』と気遣う新婦
b0138522_1950368.jpg


こころあたたまる一日
b0138522_1951898.jpg


おめでとう~
[PR]
by yokoiterumi | 2010-02-14 19:51 | おもうこと | Comments(0)

ここで暮らしている

2月9日(火)
b0138522_20543213.jpg

昨年から団地の係でいろいろな行事を企画したり参加している
今日は3月末のお花見ウォーキングの下見で若葉台団地周辺へ
大人のウォーキングに子どもたちも一緒に面白いことできないかなぁと考えながら
はじめて歩く道もあって とても楽しい下見だった

団地に戻って打ち合わせ・・・の心つもりで部屋に入ると
なんと 自治会長さんが昨晩からおでんを煮てくださっていて ふるまってくれた


午後 北海道ツアーのときに一緒にあるいてくれた きたもとさんが遊びに来た
一緒に 新治市民の森の奥津邸へ
春には ろうけつ染の作品展と弥勒ライブができそうでとてもうれしい
b0138522_2162565.jpg

会場となる予定の長屋門
中に入って いろいろ想像をめぐらす
b0138522_2173874.jpg

どんなふうに絵を飾ろうかな
どこで どうやってうたおうかなぁ
たのしみだなぁ

昨年仕事をやめてから地域の行事に参加したり 森をよく歩いたり
いろいろな地元の人と知り合いになった
とても幸せなことだなぁ
ここで暮らしている とかんじる
[PR]
by yokoiterumi | 2010-02-09 21:10 | おもうこと | Comments(0)

立春 わの舞 アバター

昨日2月4日
昼 ふたりで立春を感じながら 大石神社へ歩いていった
いつものように神社をお守りしていると感じる大きな木が二本左右に立つところで
いつものように立ち止まり挨拶をしてからすすむ
この1週間 いろいろな集団で動いた自分たちをふたりで振り返った
どんな集団のなかでも自分たち自身をしっかりもつ強い意志を確かにしたいと話したくて
大きな石を御神体にしている 大石神社へいった

結論は
すすんではさがり またすすんでは立ち止まりといった自分たちを大切にしよう
流れて戻ることも すすみすぎることも ふたりで振り返って大切にしよう

b0138522_1955264.jpg


夜「わの舞」へ
「わの舞」へいくと思うと 自分たちの心が すっとしずかになっていく
このままで ただいればいい場所をいま わたしはもっている
わたしもBOOも家にいるときと そう変わらない状態で「わの舞」にいる
いつも ついつい着込んでしまうマントは いらない
わのなかに はいるだけで癒されるなにかがある


今日2月5日 「わの舞」で話題に出た アバターという映画を見に行った
すぐ映画のなかの森の住人になっていた
おぼえてると思うことがいくつもあった
家に帰ってきて ぐったり疲れて二人でずいぶん眠った
映画の中でいっしょに 森の中をとびまわり 感謝し
森を いのちをまもりたくて いのり はしっていたから
[PR]
by yokoiterumi | 2010-02-05 20:08 | おもうこと | Comments(2)