ゆっくりあるこう   by照美 yokoiterum.exblog.jp

大自然のかみさまと おなじほしにうまれたいのちにであう旅 唄いながら旅しています ~照美 


by yokoiterumi
プロフィールを見る
画像一覧

魔法のゲーム

仕事から帰って メールチェックしてたら面白いゲームを見つけた

「このゲームは、おもしろく、かつ、 あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう。
たったの3分ですから、ためす価値ありです。
まず、ペンと紙をご用意下さい。そして約束してください。
絶対に先を読まず、1行ずつ進む事を。
先を読むと、願い事が叶わなくなります。」

と書いてあって やってみようかな と気楽にやってみた

もしよろしければ やってみてね
わたしは びっくりする結果だった




1)まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。




2)1番と2番の横に好きな3~7の数字をそれぞれお書き下さい。




3)3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。


必ず、興味のある異性の名前を書く事。
男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同性の名前をかく。





必ず、1行ずつ進んで下さい。




4)4、5、6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さい。


これは、家族でも知り合いや、友人、誰でも結構です。






8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。




5)最後にお願い事をして下さい。







さて、魔法のゲームの解説です。




1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。




2)3番に書いた人は、貴方の愛する人です。

→ まこりんって書いたの~  すごーい


3)7番に書いた人は、好きだけど叶わぬ恋の相手です。

→ これは伏せときます


4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。

→ はるちゃんって 書いた~


5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。

→ これも伏せときますけど なるほどな名前を書いてました


6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。

→ これも伏せときますけど なるほどな名前を書いてました


7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。

→ 「はるか記憶たどる旅路へ」=まこりんを表す唄


8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。

→ 「あいのうた」


9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。

→ 「レッサンピリリ」


10)そして11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。

→「おひさまのうた」



そうすれば、あなたの願い事は叶うでしょう。


願い事はなににしたかと言うと
はるちゃんとわたしが 笑ってしあわせに暮らせますように


そんな お迎え前のひととき

さっ いってこよ


[PR]
# by yokoiterumi | 2017-04-04 17:06 | まこりん やくそくのひ | Comments(0)

大きめの服にしといた

3月中に ひとくぎり「やくそくのとき」書ききりたいと思っていたのだけど
無理しない限り集中する時間を作れないかんじで
今は とにかく省エネ低空飛行を心がけているので
次回平日のお休みをとっている日までは
「やくそくのとき」書くの無理だなぁ とあきらめた

今日も はるちゃんを寝かしつけながら少しうとうとしたのだけど
そのまま寝たらカラダは楽なんだと思うのだけど
私のペースでいられる時間を少し過ごしたくて 起きてきた

土日や登園前の朝は はるちゃんべったりで 
泣いたり駄々をこねたり 今までにないはるちゃんになることが多くなった
まぁ年齢的なものもあると思うけど
ご飯作ってくるねと言うと
ご飯いらない てるみんのお膝にのりたい といい
しばらくお膝抱っこしてから立とうとすると またおお泣き
いろいろ 彼女自身で試行錯誤して 自分のおさまりをさぐっているんだろうな
b0138522_21451200.jpg
いろいろな事務作業も 牛歩なかんじ
電話での問い合わせは大抵がフリーダイヤルでありがたいけど
ずーっと待たなくちゃいけないし
把握できていないことを聞かれることも多いし
はるちゃんいる時にはやはり難しいので 仕事が終わって
はるちゃんをお迎えに行く1時間の間に車の中でとか
家に帰ってご飯の下準備しながらとかで
一日ひとつの用事がすませられるかどうかの 超スローペース

平日の休みをとった日しか銀行や役所や病院などの手続きや支払いに行けず
支払っても支払っても 手続きしても手続きしても まだまだ 
いろいろ残っていることがでてきたり気づいたりで
ほんとに いろんなものに絡まって生きてるんだなぁと気づかされる

渋谷にある銀行には いつ来れるかと聞かれ
明石に住んでるし、子どもも小さいし日帰りできないので 行かれませんっ と言いきったら
上司と相談すると言ったきり もう1週間連絡がなく
わたしがヒジョーシキなのか?と思ったり

家賃の引き落とし口座を私の口座に変更しようと思って気楽に連絡したら
賃貸契約自体を見直すのでと言われて 審査があるとのこと
ははは そーなんだー  へー  だまってればよかった
まぁ 大丈夫だと思うんだけど

まこりんの携帯電話の解約に行ったら
携帯本体の支払いがまだ残っていて
そうだったなぁ 新しく変えて大喜びしてたのに
もったいないなぁ  私使おうかな でもわたしのもまだ古くないけど
まこりんの携帯にひもづきで電気料金の割引設定がされていたので
割引がきかなくなるんだって 
そうーなんだー  へー  ということばかり・・・
  
でも 解約の時に 貯まっているポイントで食品と交換できますといわれ
案内された棚をみてびっくり
b0138522_22144678.jpg
まこりんと病院で一緒に食べたカレーがあった
こういう偶然に だいぶ癒される
b0138522_21440633.jpg
保育園のかえり お散歩にいきたいというので 海へ行った
海に向かって はるちゃんは
「おとーーーーーさーーーーん」とさけび わたしは負けじと
「まーーーこりーーーーーーん」とさけんで 大笑いした
笑える時と笑えない時と 繰り返し過ごしながら 現実を思い知っていく
b0138522_21442743.jpg
明後日4月5日は はじめての月命日
もう1ヶ月になる
いろいろな 友人たちが訪ねてきてくれたり 手紙やメールをくれたり
私が笑いそうなことをしてくれたり おいしいもの送ってくれたり
ただ だまって見守り続けてくれたり
ほんとうにどうもありがとう

ほとんどの方に お礼やお返事ができていないのです
届いたよ ありがとうさえもせずにいて
ごめんなさい

先日 友人を通じて数十人で励ましチップともいえるお心遣いをよせてくれた方々があって
あっというまに 涙で目の前が曇ったけど
泣いたら誰も喜ばないと思って 励ましチップ受け取り記念に
はるちゃんに洋服を買いにいきました
えーと 3年くらい着てほしーなぁと思って 大きめの服にしといた
b0138522_21435407.jpg


2012年夏に一緒にライブしたエンジェルくみさんが
そのときうたった映像を送ってくれた
くみさんのお友達が亡くなった時にうけとった唄だと言ってたこと思い出した
このううたもまた うたおうかな







[PR]
# by yokoiterumi | 2017-04-03 22:56 | まこりん やくそくのひ | Comments(0)
3月5日 早朝
ほとんど寝ないまま朝がきてしまった
空が白みかけたので カーテンを開けて空を見上げて
まこりんのカラダの声をよく聴いて
ベッドの柵を全部外した
それで ユーチューブにあげている花子Baby’sの唄を伴奏にして
わたし ライブのように本気でうたった
大きい声でという意味じゃなくて  本気で 何曲もうたった
看護師さんが途中入ってきても唄いつづけた

立って唄って  唄い終えたらベッドに腰掛けてカラダをさわり
また立って唄った
まこりん すごくいいうただね~
花子の歌いいよね~ といいながら
まこりんは 反応する時もあるけど
呼吸に集中している時の方が多いけど

まこりんの朝食は ちょっと無理でしょうかねと運ばれてこなかった
でも わたしは たべた
自分で買ってきたものだったら たぶん食べなかったかもしれないけど
友人が手作りのパンを差し入れてくれたから
パンと一緒に 友人の気持ちも一緒にたべた

b0138522_22084741.jpg
もしかして まさか 
でもなんとなく でもまさか
気のせいかな

大切な時に冴える自分の直感にまっすぐ耳を傾ければ
しなければいけないことが ちゃんと分かって
なんというのか  よく分からなくても分かるというのか
肝が据わるというのか お臍が下の方に降りていく感じがする

来ると言っていたひとには 早めに来てほしいと連絡を入れ
はるちゃんを遊びに連れていってくれる約束をしていた友人にも
遊びに行く前に 会わせたいので病院に連れてきてほしいと連絡をした
理由は ただなんとなく

夜勤との交代で日勤の看護師さんが挨拶のあと血圧や体温を測りに来た
血圧も体温も 何度も測り直してようやく計測できていた

声をかけるとまこりんは うなずいたり手を握ったりしてくれる
金魚が口をパクパクするようにして 一所懸命呼吸しようとしている
呼吸のたびに お腹がぺこんぺこんとへこんで 
カラダはほんとうにほんとうに健気で いとおしい

時々口の中をスポンジしてほしい時に
「てるみん くち」 というけれど
たぶん 他の人には もう聞き取れないと思う

8時半ころ 先週の日曜日の夜と同じように
看護師さんが心電図や血圧のモニターを大きなものに替えた

9時前に「てるみん  おしっこ」 とまこりんに言われて 一緒におしっこをした
寝たままだけど 自分で腰をひょいと上げて自分で下着もパンツもはいた
最後のおしっこだった
最後まで お父ちゃんパンツ すごいじゃん
やせてしまったけど まだまだ呼吸器以外は本当に元気なんだ

朝から リラックスしながら緊張している
ふとした瞬間に こみあげてきて
思わずベッドに頭をうずめて泣いてしまうと
まこりんがさわってくれる

ふたりきりのうちに たくさん話しをした
ほぼ一方的にだけど まこりん一生懸命呼吸に集中しながら
時々うなずいたり手を挙げたり 手を握ったりしてくれた

一緒にすごして愉しかったこと たいへんだったこと
まこりんの好きなところ 家族になれてうれしかったこと
はるちゃんとの3人暮らしは 本当に幸せだったこと
たくさんたくさん
それで そうだ大切なこと言わなくちゃと思って

まこりん わたし まこりんの唄ずーっとうたうから
それで 世界中に届けるから いろんなひとに届くようにがんばるから

そしたら金魚みたいにしてたまこりんが きりりとこっちを向いて
「おれもいっしょにうたう」 と はっきり言った
それで あっオレ息が苦しかったんだと思いだしたみたいに
また まこりんの今の自然体にもどっていった 

まこりんのこういうところが 
なんだか 夢と現実と入り混じってる感じで
まこりんがふざけてるんじゃないこと分かってるんだけど
なんだか すべてがお笑いで 
なんちゃって~とそろそろ終わりにして元気に起きてくれるんじゃないかと思ってしまう

そう思うことで 私自身のココロを逃がしているのかもしれないけれど   
そうだったらいいのにな  
そうだったらいいのにな








 

[PR]
# by yokoiterumi | 2017-03-31 23:06 | まこりん やくそくのひ | Comments(0)
3月4日(土)夜
食後に痰を吸引してもらうので私は部屋を出て デイルームで待っていた
なんとなく座って机にひじをついて 手で顔を覆ったら
涙がぽろぽろぽろぽろ落ちてきて
あぁああ 泣いちゃった あたし

しばらくそのまましていたら
向かいの席に誰かが座ったので涙ぐちゃぐちゃのまま顔をあげると 
主治医の先生だった
「どうですか」 と聞かれた

どうですか  というのは 今日の様子のことですか それとも今後のことですか
と質問すると
「今後のことですけれど どのように考えていますか」 と聞かれた

それで ひと泣きしてすっきりしたせいもあって
せんせいは あとどのくらいの命だとお考えですか  と聞いてみた

「そうですね 1ヶ月くらいか でもそれが1週間とか2週間ということもあるかもしれませんし
 状況としては1カ月より長く生きられるということは難しいかもしれません
 その間、どのようにすごすかということが大切になってくると思うのですが、
 このままここにいてもいいですし、今の酸素量ならば少しの期間かもしれませんが
 家に帰ることもできるとは思います」 

そうですか
せんせい わたし 家で末期がんの看取りを経験してるんです
だから この後の状況が なんとなく想像できるんです
それで 家に帰ることもできると思っています
ただ 痰の吸引は口の中から見える部分しかしたことがないので
今のまこりんの容体を見ていると そこが一番自信がありません
訪問看護師さんに来ていただくのは一日一回だと思うのでそれで間に合うのか・・・
痛みが出たときに薬で緩和することは指示通りにできるとおもうのですけど
のこりの肉体のある暮らしを大切に いい時間を過ごすことを優先したいと思うと
家にかえることは難しいと感じているんです

「なるほど もちろん このままここにいることもできますし
 あとは 緩和ケア専門の病院にうつるということもできます
 ご希望があれば6日の月曜日に病院ケースワーカーと面談の時間をとりましょうか」

そうですね  お話してみようかな
おねがいします

と話しを終えた頃 まこりんの担当の看護師さんが痰の吸引が終わったと伝えに来てくれた
そのまま看護師さんも交えて先生と私と3人でしばらく状況の意見交換になり
わたしは 昨日と今日とではだいぶ状態が変わっていると感じています と答えた

だって 具体的に考えてみれば
昨晩はカレーライスをモリモリ食べた
今晩はお粥を数回口に運び出汁巻き卵を二口
昨日は自分で起き上がって 少しおしゃべりも楽しんだ
今日は自分で起きることはなく ほとんどしずかにしていた
それは 元気な時なら 今日はそういう感じなのね~ですむ話だけど いまはちがうから

この速度だったら 1ヶ月後、1週間後どうなのかというより
明日はどうなんだろうという感じがしているのが正直な気持ち

看護師さんの医療用携帯が鳴り続けていて
「あっ 水島さんが呼んでますから いってきます」と部屋に戻られた
ほどなく戻ってきた看護師さんが
「すみません 話しこんでいるうちに トイレだったみたいなんです」

あわてて部屋に戻ると
まこりん元気な時と同じように不機嫌そうに怒って一喝
「てるみん すぐ帰ってきてくれると思ったのに もうっ」

まこりん おしっこは看護師さんでも嫌で わたしと一緒におしっこしてる
でも 私も戻らず 看護師さんもコールしてもすぐ来なかったのでおこってた

ごめんね まこりん ごめんねほんとに ごめんね
「・・・・・・むっ」
でも むっとしたまこりん 久しぶりで なんだかうれしい私もいる
むっとしてても好きなんじゃんね~

夜 友人が訪ねてきてくれた
思いがけなかったので それまでの話しの流れもあって また泣いてしまった
今日はよく泣く日だなぁ
まだ少し機嫌の悪いまこりん  友人たちに向かってガッツポーズをして見せた


夜中 なんだか心配で なんどもまこりんの酸素の値を見てしまう
やっぱりおかしい
なにかおかしい

まこりんが足をベッド柵にもちあげてはズルッと足が落ち
また持ちあげては落ちしたり なんだか身の置き所に困っている感じがして
看護師さんに話すと
「痰が苦しいのかな 鼻から吸引しましょうね 苦しいけどがんばって」
まこりん必死に口を指さして
口からしてほしいと訴えていたけれど 鼻から

私は外に出ていくとき 背中がさされるようにいたい

処置が終わって戻ると ぐったりとした感じがして
このまま2時間でもいいからそっとしてあげたいと思う

なのに またすぐに痰がゴロゴロいって カラダも落ち着かず
気づくとまこりんは自分でマスクを外していた 

まこりん 酸素の風が強くて嫌なの?
でも これしないと苦しいよ

と言うと大きく首を横に振った

酸素の値がおちているので看護師さんがきてマスクをテープでとめて
明け方に近い深夜
鼻から吸引しますねと看護師さんが言ったとき まこりんが手を大きく交差して
×印をつくった

わたし もう × でいいよ とおもった
酸素も たぶん まこりんにはこんなに多くの量 もういらないんだきっと

それで まこりんが入院してから いままで一度も お祈りをしなかったのだけど
姿勢を正して 真剣に心をこめてお祈りをした

どうか まこりん自身の最善がつくされますように 
あるべきように よきように お導きくださいおねがいします


治してくださいとも 楽にしてあげてくださいとも
言えない


夜のじかんは 密度が濃いな











[PR]
# by yokoiterumi | 2017-03-31 13:07 | まこりん やくそくのひ | Comments(0)
3月4日(土)夕
はるちゃんを預かってくれている友人が 
はるちゃんを動物園に連れていってくれて
写真を送ってくれた
おっかなびっくり餌やり体験する様子に
まこりん手をたたいて大笑い 「かわいいなぁ はるか」
b0138522_11120450.jpg
突然はるちゃんを預かってもらって今日で一週間
この協力なくして 今の私達の時間はない
ありがとうの仕方がわからないくらい ありがとう

b0138522_10144470.jpg
午後になって 東京からまこりんの友人が 迷子になった末に到着した
「みずしままことー きたよ」 
思わず笑いたくなる似顔絵をお土産にもってきてくれた

わたしは席を外してドラッグストアに買い物に出かけた
口腔ケアをする棒付きのスポンジを買い足しにいった

1週間前に覚悟してくださいの話しがあって
マスクから最大量の酸素を投与していた時から 私が勝手に
気をつけていることの一つが口腔ケアで
まだそんなの必要ないんじゃないと思われてたかもしれないけど
口の中の乾き癒すといい気分転換にもなるし
まこりんも気持ちイイっていうし

歯磨きだって命がけなら スポンジゴシゴシでいいし
氷水だときもちーってもっと喜ぶし
なにより お世話してる~っていうのがわたしがうれしくて
私の癒しは おせわできるまこりんがいるってことだから
と思っていて

東京の友人は こちらに来て音楽で知り合った私達の友人の家に泊ることになり
翌日は はるちゃんを預かってくれている友人に替わって
はるちゃんと遊んでくれることになった

いろいろな気持ちのリレーを感じながら
ふたりだけのじかん 大切にさせてもらっている


まこりんの体調は低空飛行で
わたしは すこしカラダ温めてあげたい感じがしてしまうのだけど
発熱しているので氷枕して 腋の下などに氷水をあてている
時々自力で体勢をかえたときに 背中やら足や首を
たくさんなでなですると
「てるみん ここ」 とマッサージ希望を言ってくる
「きもちー」を連発して
さすがまこりん わたしの扱い方を心得てる

それでも 夕食は 気がすすまないという感じがあったのだけど
看護師さんがベッドをおこして準備してくれたので
「まこりん わたしね 出汁巻き卵つくってきたの むりしなくてもいいけどね」
と一緒にならべると
おかゆを口に運んで出汁巻き卵をたべて 酸素が下がってしまったので休憩して
もう一度 出汁巻き卵をたべた
「てるみん おいしかったよ ありがとう ごめんね ぜんぶたべれなくて」
b0138522_10154524.jpg
これが 
まこりんが お口に入れたさいごの食べ物

それで のこりは わたしがたべた
半分こだから いつだって なんだって








[PR]
# by yokoiterumi | 2017-03-31 11:58 | まこりん やくそくのひ | Comments(0)