ゆっくりあるこう   by照美 yokoiterum.exblog.jp

大自然のかみさまと おなじほしにうまれたいのちにであう旅 唄いながら旅しています ~照美 


by yokoiterumi
プロフィールを見る
画像一覧

30代

10月6日(土)
今日は「ゆめのなる木」のライブを友人たちにモニターしてもらいながら
本番に近いリハで 感覚として「ゆめのなる木」のこれからを考える日
埼玉のななちゃんの家で子どもおとな入り混じり15人くらい?

せっかくのユーリーとの久しぶりのライブだったのに
カメラ持ってくの忘れちゃった

「ゆめのなる木」のライブは しばらくは
新しい何かが生まれたというよりも
いろいろあそびながら 感じながら「ゆめのなる木」になっていく感じ
出来あがっていく未来の姿に なにいろかな

わたしは ユーリーの隣で
いろんなことして遊んだり ためしてみたり
「ギター」 「ウクレレ」 「鉄琴」 「縦笛」 「三線」 「鍵盤ハーモニカ」
「かわいい楽器たち」 「声」 「愛嬌」
もちろん唄もうたう~うふふ 実はまだ増やす気でいるんだよ
BOOに教えてもらった「横笛」 
でもまだあまりにヘタクソで BOOが哀しむから人前で吹けないの・・・
それから
サポートしないというサポート うまくいえないんだけど
ユーリーのライブのし~んとした間のようなもの なんともいえないときがある

さて
今日のモニターライブはランチの後で少々ぼけーっとしながらも
気づいたことたくさん
終わった後に 近くの温泉に行って ながながとユーリーと話す

おかげで お風呂からあがるのをすっかり忘れ
夜ごはんを御馳走になるはずだった まきちゃんちに行けなくなっちゃった
うわぁ~ん せっかくのモニターライブアンケートも
見ないでかえってきちゃった~

しかし 漕ぎだしはじめ 
そうそう  いいことばかりじゃない
ひとつ予定してたライブは中止になってしまった
集客がうまくいかなかったということ
さすがに落ち込む どっしーん

ユーリーと話して
「ゆめのなる木」という名前ではなく 経験の蓄積があって知られている
「吉本有里」の名前に「withよこいてるみ」 秋のツアー『ゆめのなる木』
そうしたらよかったか と とりあえずの結論を出して
10月末から11月中旬にかけての西国ツアーのチラシのタイトルも
変えられるものは変えようと 作りなおした

なにをどうしたら どうなった というのは 実はよくわからないことで
どーでもいーことに 近いモノもたくさんある
でも 大切なのは 
自分達が納得している状態で進んでいるのかどうか
というところなんだと思うんだ
他人に 受け取ってもらいやすく自己紹介するって難しい

弥勒もまだひとりでどうなっていくのか わかってないんだけど
こういうのです って紹介できないことが多いんだよなぁ

算命学でみたとき わたし「表現」をつかさどる星いっぱいだった
私自身ではなく
他の誰かに便乗して表現したいこともいっぱいあるのかなぁ
実はユーリーにだけじゃなくて いろんな人にね
わたし 年下の分際で 年上の人に つい言っちゃう
コーシタ ホーガイー  アーシテ ミタラ  アタシ コーイウホーガ スキ
なまいきな30代ですみません
でも 先輩たち 意外と怒らず聞いてくれるから
イー気になって おそらくほかの人が心配するようなことも言ってるの
スミマセン 先輩方

こんな30代




[PR]
by yokoiterumi | 2012-10-06 22:20 | 2012 照美 | Comments(0)