ゆっくりあるこう   by照美 yokoiterum.exblog.jp

大自然のかみさまと おなじほしにうまれたいのちにであう旅 唄いながら旅しています ~照美 


by yokoiterumi
プロフィールを見る
画像一覧

霧が池弁天のこと

今すんでいる家から一番近いお宮は  今のところ「霧が池弁天社」
b0138522_230359.jpg

今のところと書くのは、これから出会うお宮があるかもしれないので。
「霧が池弁天」は、3月初旬に見た夢がきっかけで見つけたお宮。

建て替えた家の一室にあった観音開きのとびらをあけると奥の方に鏡があり、古いお宮のような神棚のような場所があるという夢

立て替えようと家の床板をベリベリ剥がしていたら床下から観音様のような女性のようなの神様が見つかる夢

自分たちの足下の神様さがしなさいということではないの?というアドバイスがあり、BOOが図書館で古地図や郷土史をめくりめくり探したところ
私達が住む団地群の一角に、「霧が池」という池があったこと(明和の大干害飢饉のときには雨乞いする行者が関東一円から訪れたという)
今は埋め立てられてしまったけれど、霧が池を守る弁天、水神がそばにあるらしいことを知った。
探してみると、徒歩1分ほどの場所にお宮はあり、また、池は団地の集会所になっていた。
お宮に初めていったとき、桃色の梅の花がかわいくさいていて、チャーミングな女の神様が待ってくれている感じがした。会えたことがうれしくて勝手に涙がぽろぽろぽろぽろ。

池は夜だったこともあってもの悲しく、b0138522_22524747.jpg今はただその場所に行って「ようやく歴史を知ることできました」とご挨拶するのみ

そういう場所が まだまだ足もとにたくさんあるのかもな・・・
自分たちの力だけでは、わからないことだらけ
ひとつひとつ 地元のこと自分たちの足もとのことがわかりますように
[PR]
Commented at 2008-04-23 22:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yokoiterumi at 2008-04-23 22:34
よんでくれてどうもありがと
昔は なに村っていうんだろ・・・・
霧が丘という地名は、それほど新しいものではなかったのがびっくりだった。
武蔵の国のおはなし 今度ぜひ教えてください。

by yokoiterumi | 2008-04-20 22:58 | 神奈川  | Comments(2)