ゆっくりあるこう   by照美 yokoiterum.exblog.jp

大自然のかみさまと おなじほしにうまれたいのちにであう旅 唄いながら旅しています ~照美 


by yokoiterumi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

はるちゃんは 最近 字を書きたいと言い始め
家では あまり時間がないので
ほとんど教えてあげていないのだけど
保育園で ともだちから教えてもらってくる

先日の持ち帰り作品はこれ
お友達が漢字を書くと言って先生に聞いているのに便乗して
水 の字を書いた
はるちゃんが生まれて初めて書いた漢字は
水 だった
b0138522_08221999.jpeg


昨日は まこかーさんの91歳の誕生日だった
帰りにはるちゃんとケーキ買いに行き
一緒にお祝いした
b0138522_16454949.jpeg
はるちゃんは内緒で準備したり
お祝いすることを喜べるようなり
盛り上がった

91歳
おかーさんの誕生日を
今後 何十回も一緒に過ごすことはできないとわかっているから
ひとつ ひとつ とても大切だということ
素直にはるちゃんに伝わると思う

年老いて一人で暮らし続けるということは
衰える自分を受け入れて
考えて工夫して
これが難しくなったらこれというように
しがみつかず柔軟になれることが大事なんだなぁと おかーさんを見ていて思う

b0138522_16445335.jpeg
明日は朝から横浜へ
6時の新幹線に乗るには何時に起きたらいいんだろ
最近
お布団恋しい季節なので起きれるか心配

横浜へ行くならやりたいこと、会いたい人、行きたい場所
書き出したり、連絡したりしかけたけど
今回は おかーさんの為だけに動くことにした

長旅と、おかーさんの要望と、不安はいろいろあるけど
山形に行くことは
とても嬉しい

さあ
どんなことが待ってるかな
楽しみ 楽しみ

【ライブ予定】

12月16日(日)  長田 六間道商店街  エイサーペイジェント
         この日はカラオケを使って「花子Baby's」のレパートリーを歌おうかと思っています
b0138522_23524946.jpg

12月23日(日)  奈良 大倭紫陽花邑 「直会演芸会」


1月17日(木) 舞子 こずみっく てるみんを囲んでほっこりライブVOL4「まこりん の楽器を持って集まろう その2」


3月3日(日) 舞子 こずみっく 「第2回 想い咲き誇れ」

[PR]
# by yokoiterumi | 2018-12-13 08:11 | 想い咲きほこれ まこりん逝って2年目 | Comments(0)
今週末に横浜経由で山形へ行くことになり 
心も体もガサゴソとしながら 台風に巻き込まれているみたいに過ごしている

メーコにかけていたエネルギーは私に戻ることなく
横浜のおかーさんのことに ただ移動しただけで 質量は変わらない
あー 質量だって 
物理の問題みたいだぁ

たしかに・・・物理のテスト中みたいなんだ
つまり 理解納得して策を練るわけではないってこと
わたし 物理で10点とったことあるもん 高2の時
でも 正直に言えば 全くわからなかったから
0点にならなかったのが不思議なくらいでびっくりしたもん

でもそのテストで100点とってる男子がいて
もっとびっくりした
世の中には 頭の構造が違う人間が すぐ近くに存在するんだと認識した出来事だった

あと
わからなくても直感で答え書いてたら10点ゲットできるってこと
だから 腹を括ったら あとは直感

いろいろあり
髪の毛を染められなくて半分白くてみっともないと おかーさんが電話で言うので
久しぶりに帽子を編んだ
毛糸は まこりん に編んだ帽子の余りで
デザインは まこりん のおかーさんに編んだ帽子とおんなじイメージで てきとうに
b0138522_23053041.jpg

横浜のおかーさんの 一時入所施設の期限が12月末で
弟たちが探してくれていた本入所する老人施設が見つかり
今後長く暮らすことになる施設の契約をした
全てをおかーさんに話すときがきて

それは 弟が背負ったわけだけど

もちろんゴタゴタぎしぎしとして 私の電話も今まで以上によく鳴った

いろいろな事情があって 
いま弟が主に はるちゃんのいとこにあたる子どもの保育園の送迎をしていて
閉園までの迎えでは残業ができずに仕事は溜まりっぱなしになり
朝は開園と同時に入室しないと間に合わないらしく

「ねーちゃん 今日も保育園一番乗り まぁ毎日だけどね
 だからさぁ・・・ 子どもに悪いなぁって思うけどさー
 やったー 一番だね〜 せんせー独り占めだね〜 っていうしかないよね」

うんうん
一番って結構いいんだよ〜
はるかも一番大好きだよ〜

と相槌打って

「ねーちゃんよくやってるよねー 一人で」

そーでしょ もっと褒めて褒めて〜

と言いながら
弟の方がよくやってると思う
私は器用で容量がいいから サボってもよくやれちゃう 
大抵のこと

でも
弟は天才的に容量が悪くて不器用だから
頑張って 私のサボり気味程度だと思う

これバカにして言ってるんじゃなくて
自慢して言ってるんじゃなくて

こういうことってあると思うんだ

電話の向こうで
「とーちゃんお腹すいた〜」
「ダイエーでご飯買って帰ろ」
と聞こえて
頑張れよ  と思う

近くに住んでいたらなぁとも思うけど
そうしたら 多分 あれこれあれこれ 
おかーさんのこともあり
わたしがまわらないだろうから

明石に連れてきてくれたまこりん に
感謝している
まこりん が守ってくれていると 思っている
b0138522_23243722.jpg
わたしが帽子を編んでるのを見て はるちゃんもやりたいと言うので
リリアン編みを教えたら
3段編んで
「はるか もー あきた〜」



老人施設のことを どんな風に話そうかいつ話そうか 
わたしも昼間の3時間なら日帰りでいかれるよと 相談している頃
このタイミングで 山形のいとこが結婚することになり招待状が届いた

話は とんでもなく飛躍して
行かないという選択肢はないだろうから
山形へいつ どう連れて行くかということになり
礼服を取りに一時帰宅はどうするかだの
旅行の支度はどうするかだの 二人で分担してどうするかだの
ゴタゴタとして
行きはわたしが 帰りは弟が付き添うことになった

こういう日程で 明石を出て横浜へ行ってお母さんを連れて山形へ行くよ
山形ではこう過ごして
わたしは日曜日の午後に 神戸で歌うことになっているから
山形から飛行機で朝帰るよ

と手紙を書いて伝えたら
わたしに無理をさせて悪いと思っている様子で
今日は何度も電話がきた

それで 
お前が山形に行きたいのなら 行ってもいいけど
そうじゃないなら 行かなくてもいいと言う

多分
「わたしが行きたいから 一緒に行こう」 と言えば
おかーさんの気持ちも楽になるし満足なんだろうと思う
小さい頃からそうだった
それで 
自然に 自分の気持ちに蓋をして 
おかーさんが言って欲しい答えを言うようになっていた

でも今日は 「わたしが行きたいから 行こうよ」と 言わなかった

ここで おかーさんが求める答えを言えばいいのかもしれない
もう おばーちゃんのおかーさんに 合わせて喜ばせたらいいのかもしれない

でも わたしの中のわたしが もうそう言うのはいやだーーーーと悲鳴をあげていて
余裕のない今 これ以上わたしをわたしが見放すことはできなくて言えなかった
「おかーさんが決めたらいいじゃん  どんなんでもしてあげるから」と答えた

どうしたらいいか分からない と電話の向こうで半分怒りながら泣いていた
おかーさんが判断できずに大きく気持ちが乱れているのもわかりながら
「おかーさんが決めな」と言った

電話は
はるちゃんの相手をしながらだったり
車を運転しながらだったり 
家事をしながらだったりなので

耳が聞こえにくいだけでなく
なぞかけ問答のように ハッキリ言わずに言わせようとするおかーさん相手に 
どんどんイライラしてしまい
話し方がぶっきらぼうになると はるちゃんに
「もっと 優しく話したりよ〜」 と注意された

何十年後かのはるちゃんに 録音して残しとこうかと思う台詞
はるちゃんも
わたしに容赦なくイライラするようになると思うで〜〜〜

でも
イライラしながら  子どもは親に
ごめんね って思ってること
てるみんは忘れないようにするっ




【ライブ予定】

12月16日(日)  長田 六間道商店街  エイサーペイジェント
         この日はカラオケを使って「花子Baby's」のレパートリーを歌おうかと思っています
b0138522_23524946.jpg

12月23日(日)  奈良 大倭紫陽花邑 「直会演芸会」


1月17日(木) 舞子 こずみっく てるみんを囲んでほっこりライブVOL4「まこりん の楽器を持って集まろう その2」


3月3日(日) 舞子 こずみっく 「第2回 想い咲き誇れ」





[PR]
# by yokoiterumi | 2018-12-10 00:08 | 想い咲きほこれ まこりん逝って2年目 | Comments(0)

潔いのと疎いのと

メーコが逝って1週間目の今日
はるちゃんが熱を出し 久しぶりの棚ぼた休暇となった

1週間はあっという間のような 長かったような
心がまだ硬いままの週末は 友人が出店する湊川神社の手づくり市に出かけて行き
大好きなテントのコミュニティにこそっと入り込んで
空間旅行をして そのまま友人の家に一緒に帰り
ご飯をご馳走になった
b0138522_22580231.jpg
仕事が始まれば 通勤の車の中で
メーコの最後の1週間のことが なんどもなんども繰り返し思い出されて
そのときには全く感じなかったいろいろな動作に
ちゃんと意味があったことを感じたり
でも メーコ自身は死期を感じていなかったなぁと思ったり
特に最後の2日間の 太い生き様が
まこりん が亡くなった時の2日間ととてもよく似ている感じがして

かっこよく潔いと言っていいのか
現状把握が疎いと言っていいのか
潔いのと疎いのとでは 言葉の意味はだいぶ違うけど
でも そんな感じだったよなぁと
迷うところだけど 
別にどっちでもよくて
気がついたら もう約束の時がきていた という
最後までゴールに気づかないまま人生を走り抜けるような感じが

人柄というのか猫柄というのか なんていうのか
爽やかな感じさえして 
(なくなる四日前には おしっこやウンチの掃除が大変でもうやだとか言ってたくせに)
その イノチらしい生き方であるっていう 自然が大切なんだなと教えられた気がする

今日は もったいないけど ぬいぐるみについてたウンチを洗って
はるちゃんと 羊だし このぬいぐるみの名前を「メーコ」にしようと決めた

b0138522_23314806.jpg
足の怪我も ようやくお風呂解禁になり
足を上げて入らなくてもよくなった
でもまだ お風呂から出たら薬塗ってガーゼ
もうすぐ1ヶ月になる
お〜〜〜 ほんとに全治1ヶ月の怪我だった



平日の昼間にしか電話のつながらないテレビの不具合のガイドにも
予定外の平日休みのおかげで電話することができ サポートしてもらって
久しぶりにテレビがついた

久しぶりにつけたテレビで秩父の龍勢が映り
なんども旅した秩父の町並みや 
登山した武甲山の様子も映り
気がついたらはらはらと涙が流れていた
はるちゃんがびっくりして  
「ママが泣いたらイヤや」と言って 泣いた
b0138522_23314009.jpg
なんていうのか
いろいろなところへ旅したおかげで
すぐに その場所に心が還る

今はそう簡単に動けないけど
それでも 還る事ができるのは嬉しい事で
祈ることもできるということなのかもしれない

平成最後の12月
思いがけず
何年ぶりかで山形へ行くことになった
横浜におかーさんを迎えに行き おかーさんを連れて山形へ
はるちゃん連れなので なかなか自信が湧かず
ずいぶん心が迷子になったけど
今日 腹を括った
まぁ なんとかなるだろう

棚ぼた休暇は ゆっくり考えて結論を出す時間も与えてくれた
腹をくくったら わたしらしいなと気持ちが楽になった

まぁ  私は潔いクチだと自分では思ってるんだけど
ひょっとして見方を変えたら 疎いのか・・・?


【ライブ予定】

12月16日(日)  長田 六間道商店街  エイサーペイジェント
         この日はカラオケを使って「花子Baby's」のレパートリーを歌おうかと思っています
b0138522_23524946.jpg

12月23日(日)  奈良 大倭紫陽花邑 「直会演芸会」


1月17日(木) 舞子 こずみっく てるみんを囲んでほっこりライブVOL4「まこりん の楽器を持って集まろう その2」


3月3日(日) 舞子 こずみっく 「第2回 想い咲き誇れ」






[PR]
# by yokoiterumi | 2018-12-06 23:54 | 想い咲きほこれ まこりん逝って2年目 | Comments(0)

なんだこりゃ

メーコがカラダを返してから5日経った
朝晩のウンチやおしっこの掃除はしなくてもよくなり
リビングのホットカーペットの上で
だらりと寛いでご飯を食べれるようにもなった

ときどき あれっ  おしっこの匂い・・・?
プーンとにおう気がして
まだ 掃除しきれてないところとか 匂いが染みついてしまったとこもあるんだろうな
でも おしっこくささが なんだかほっとして
あれだけ嫌だったのに
なんだこりゃ

b0138522_22450848.jpg
はるちゃんが おしゃべりぬいぐるみの手を指差して

「ねー〜ー この茶色いのなに・・・?」

んっ?
もしかして・・・
くっさ〜〜〜〜い
やっぱりーーーーーー  メーコのウンチだぁ〜〜〜

「ウンチ〜〜〜〜  メーコーーーーー」

二人で大笑い

「どうするん?」

えっ 洗うけどさ
でも もったいないから しばらくこのままにしとく?

「うん もったいないもんね メーコのウンチ」

ばっかだね〜〜〜〜私たち
ウンチがもったいないんだって〜〜〜

ともう一度二人で大笑い
なんだこりゃ
b0138522_22453065.jpg
それで 偶然見かけた 鍵をかけるマグネットが
わぁメーコみた〜い と買ってしまう

私って こんな人だったのか
新しい自分を発見した



ここ最近は洗濯物も乾きにくいし 
洗濯にかかる時間と労力も ぎゅうっとしぼり出す感じの日もあり
優先順位からすると後回しにしても支障がないので
無理するのやめて 週の後半は洗濯しなくてもいいことにした

週末にはホームセンターにメーコの餌やシーツを買いに行っていたので
併設のコインランドリーの乾燥機で三日分くらいの洗濯物の乾燥をしてしまうことにして
週後半の洗濯物は一度に家で洗って コインランドリーへ
b0138522_22471369.jpg
はるちゃんも遊び感覚でお手伝いしてくれるのと
買い物してる時間に乾燥が終わって畳んで帰れるので
家で はるちゃんの相手をする時間ができるもん

コインランドリーは 一体どんな人が何の用で使ってるんだろうと思ってた
別に特別のことはなにもなく
大きな乾燥機 大好き




[PR]
# by yokoiterumi | 2018-12-04 21:24 | 想い咲きほこれ まこりん逝って2年目 | Comments(0)

夫の友人の居候で恋敵

11月30日の朝 
いつもより1時間ほど早く起きて
最後に はるちゃんが メーコにお手紙を書いて入れて
蓋を閉じた
b0138522_10153997.jpg
蓋の上にピンクの掛物をして
本人の意にそうかどうかはわからないけど
メーコという名前にぴったりの棺にして
送り出すことにした
b0138522_07234871.jpg
メーコは一度だけ 開けっ放しのこのドアから外に出たことがあって
まこりん が この世の終わりのように慌てて探し回ったっけ
外階段の隅にいたメーコを捕まえて
「おまえ なにしてんの ダメだろっ もー やめてっ」
とおかーさんみたいにメーコに文句言ってたな

b0138522_07230402.jpg
ボンゴフレンディには メーコは何度も乗った
青梅から横浜に来る時
横浜から明石に来る時
昨年秋から10回くらい通院した病院に行く時

新しいスペード号に乗るのは初めてで
はるちゃんは いつもは助手席に座るけど
「今日は メーコとお隣するねん〜」と後ろに乗った

はるちゃんを保育所におろして 動物霊園への道すがら
やっと メーコと同等に同じ目線で語り合っているような気持ちになって
不思議な気持ちを味わった

それでも どこかで心の鍵は自分で固く締めていて
隙間を作らないように緊張している自分も感じながら



ナビに従って到着した動物霊園は
出勤前に行くのでというわがままを聞いてくれて早くからストーブをたいて部屋を暖めて待ってくれていた
受付票に メーコ 18歳と書いて オスに丸をつけたけど
箱もピンクだし きっと 気が動転していると思われてるかもなぁと思いながら

b0138522_07231738.jpg
案内された火葬場は
思い描いていた見かけとは だいぶ違っていて
それが逆に
留まるのではなく 体だけを返す手続きで あとは自由になる感じがした


まこりんの親友が北海道から弔電メールを送ってくれた
メーコの冥福を祈って!
メーコは水島が瑞穂のボロ家に住んでコープのバイト中、拾ってきた。
ひめの様に育てたいと言いながら、水島は臆病な性格と
大家に文句を言われたらしく、家から出してもらえない境遇となった。
外猫が窓の外で遊ぼうと声をかけても出してもらえないメーコ。
俺はこんな可愛いそうな飼い方出来ないと思ってた。
案の定、臆病で水島以外に懐かない猫になっていった。
ある時、俺にメーコを預かってくれと言うので旅行にでも行くのかと思ったらどうやら自分の自由が縛られるので手放したくなったようだ。
俺に怒られ、寺でも断られた。
メーコ、実に可哀想な東京でのにゃん生だと思っていた。
明石に行き、水島以外の家族が出来た事で後半のにゃん生が幸せであれば良かったと思う。



b0138522_10151839.jpg
昨晩 色々なものを定位置に戻した
おしっこウンチのことは1年半前からのことだたけど
同居にかなりの支障が出てきたのは
ほんの2、3ヶ月のことだった

部屋を元に戻したら
元気なまこりん と元気なメーコがいるような感じがして
なんだか賑やかになったような気持ちになった

このお正月には まこりん の喪が明けて 
はるちゃんとお正月をしようと考えているけど
その喪に服している期間 
メーコはそばで見守ってくれていたんだなぁと思う

メーコのおかげで(せいで)
大きく動くこともせず 長旅に出るようなこともなく
お世話をしなければいけないので 適度な気のハリがあり
何より
愚痴を言うという私のはけ口を作ってくれた

ペットというには違和感がありすぎの
夫の友人の居候
まこりん の膝や布団を占領する恋敵だったこともあった

今まで見送った二人の夫の誰よりも
一番お世話と介護看護をさせてくれたメーコ
看取らせてくれてありがと

でも やっぱり なんだか 
まだまだおちつかない

はるちゃんも私も メーコを抱いてたわけじゃないのに
なぜか 昨日からずっとぬいぐるみを抱っこしてるとこ

[PR]
# by yokoiterumi | 2018-12-01 10:48 | 想い咲きほこれ まこりん逝って2年目 | Comments(0)