ゆっくりあるこう   by照美 yokoiterum.exblog.jp

大自然のかみさまと おなじほしにうまれたいのちにであう旅 唄いながら旅しています ~照美 


by yokoiterumi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ:想い咲きほこれ まこりん逝って2年目( 77 )

今年の私は 
たぶん心に鍵をかけている
しっかり戸締りしている自分を感じている

2年前の2月のこと 思い出さないようにしている
まこりん が具合が悪くなってあれよあれよという間に
心の準備が音も立てずに整った時のひとつひとつ
置き去りに蓋させて欲しい自分を感じる

まこりん が死んだ事実も

それは自分に正直とも言えるし 嘘つきとも言えるわけで
私の中に しこりや歪みをつくっていくかもしれないけど
いつかちゃんと そんなふうにした私にも向き合うから
今は それでいいよって私は思ってる  
のに

まぁ。。。
つまり 思い出したくないのに
うっかりすると息するのも忘れて思い出してるってこと
眠れないじゃんかぁ〜〜〜
そういう時は お湯お湯(お湯割り)っていうまこりん の声が聞こえて
夜中にお湯割り。。。

何年続くんだろ〜 2月のこれ
まだ2年目だから そら 仕方ないけど

そんな状況で今年のライブの準備を進めている
無理せず毎年この時期にまこりん の名前を出して「想い咲き誇れ」のライブを
できる形で続けていこうと思っている
いずれ無理せずチキンジョージや国立劇場とかでできちゃったら
またそれもいいし〜

今年は
去年の腹をくくって向き合ったチキンジョージでの「想い咲き誇れ」とは想いがだいぶ違う

追悼しない 
かなしまない
元気も出さない
まこりん の言葉を借りるなら「君へのレクイエムはうたえない」
ば〜か  レクイエムなんて歌えるか〜 

やりたいことは・・・
まこりん と一緒にいる感覚を味わいたい
それだけ。

集まってくれるみんなと
カラダを返したヒトと一緒にいる感覚を味わうこと
音楽はそういうことができると知っている

まこりん の遺した音源に
♪一人で歌えばありゃさみし 二人で歌えばケセラセラ♪
っていう歌があったけど
そのとおり 一緒に歌いたい


3月3日はどんな風にしようとか作戦は今ほとんどなくて
でも 私のことだから きっといい会になるハズ
こういう根拠のないことに すごく自信があるんだ〜

でもさびしいのはいやなので
あそびに来てほしいです〜
それで 
誰か来てくれるのかなぁとドキドキするので
来る前に行くよって教えてくれたら すごくうれしいです

別に
まこりん にあったことないひとも仲良しじゃなかったひとも
ケセラセラ

出演者の目玉は ハーバーギャングス (と勝手に決めていて)
間違いなくまこりんも うるさく参加するだろう

b0138522_22482218.jpeg


先日雪が降ったとき 福崎町にあるGallery&TeaRoom「りんごの木」へ行った
雪が止んで道路事情の安全が確認できたお昼から夕方遅くまで
お庭を独り占めして雪遊び
やっと山形で買った雪靴が役に立つ時がきた
雪遊びの合間に、店主のくみちゃんにおかし作り教室をしてもらったり
ランチを食べたり
ちょっとした旅行気分だった
b0138522_23123271.jpg
お庭があるっていいなぁ
明石からほんの1時間ちょっと北にのぼると
海の街ではなく山の街
兵庫は広い

そして明石より北のほう西の方へ行くと
感じるモノの気配がはっきりしてくる
うまく言えないけど 
カミサマも暮らしている感じ

せっかく兵庫へ来たので
いつか ゆっくり歩いて感じてみたい


b0138522_22025178.jpg
土曜日 明石公園へ行った
普段は公園で遊んで帰ることが多いけど なんとなく森の中へ入った
うれしかった
はるちゃんと森の中を歩いたり遊んだりした
計画的に伐採された木があって
木の屑が地面に落ちていた

しゃがんで木の屑を撫でて 握ってまた撫でて
そのまま胸に当てて 手のひらを大きく開いて空に向けた

森の中を歩くとき
大きく手を振りたくなって 手を上げてふっていたら
はるちゃんに
「ママ おかしいからやめて」 と言われて
わーーーー とうとう はるちゃんに おかしいって言われた〜と
おかしくなって大笑いした

日曜日は ダブルお母さんDay
色々ありながら
それでも週末の半分は はるちゃんと二人で自由に過ごせている今に感謝して
少しづつ この先のいろいろも感じながら




「君へのレクイエムは歌えない」のフレーズが出てくる曲はこの曲

Home again ~君へのレクイエムはうたえない~ 旅する唄2014㉘ 花子baby's




【ライブ予定】
3月2日(土) 神戸 Flat Five
「Macoto 5 th Kobe Gig」  高橋マコトさんのライブ  
主宰ブーケン(山下賢一)さん
OA:Hosokawa SP Band 、水島照美
開場 18時  開演19時 078-392-8638
MC 2500円(1ドリンク付)




3月3日(日) 舞子 こずみっく 「第2回 水島誠フェス 〜想い咲き誇れ〜」
open 14:00 start15:00 charge
(出演) 
● 水島照美  
● GON&あいこ 
●ハーバーギャングス(レキ&テリー) 
●ハーバーガールズ(サチコ&テルミ)
●スペシャルゲスト:まっちゃん

078-782-7263
神戸市垂水区舞子台6丁目10−3 久保ビル2階
b0138522_22482218.jpeg

3月10日(日)  小野市 Garden TACOPA(ガーデン・タコパ)
おひなさまの歌会 水島照美ライブ

by yokoiterumi | 2019-02-17 23:16 | 想い咲きほこれ まこりん逝って2年目 | Comments(0)

ビールとお酒とチョコ

5歳になりバレンタインデーの意味を理解した はるちゃん
「ママは誰にチョコあげたいん?」
うーーん まこりん
「だめ。はるかがまこりん 。」
そうなの?
「そう。はるかは まこりん にビールとお酒とチョコあげたいねん。」
ヘェ〜 まこりん が好きなものばっか
「でもまこりん はおカラダないから チョコは はるかにやるって言うよね きっと」

そうだね 間違いなく

まこりん はきっとこう言うよね とか
まこりん はこう言ってるかもね とか

うちでは普通の会話
私は 外では そうそうそんな風には話さない(でいるつもりだ)けど
はるちゃんは保育園で仲のいい友達と家のようにまこりん の話をしているようで

先日 節分前に鬼の話を友達としてるところに
ちょうど私がお迎えに行き
友達が私に「鬼が来てもパパに守ってもらうから大丈夫」と言った後で
「はるかちゃんは まこりん がふわふわってきて守ってくれるんやろ」
と聞いてきた

そうそう ふわふわ=って と返事して
はるちゃんとはるちゃんの友達と私と3人でクスクス笑った
こういう話が自然にできていること ありがたいなぁと思う

2月14日バレンタインデーは はるちゃんの生活発表会で
ゴンさんとあいこさんが じぃじばぁばになり見にきてくれた
恥ずかしいのと嬉しいのとではるちゃん普段見せない顔も見せていた
大きくなったな

演目は「スイミー」
最後に「友達はいいもんだ」を歌った
4歳児クラスの子どもたちが歌う
♪こまった時は力をかそう 遠慮はいらない〜 という歌詞になんだか泣けた
b0138522_23123232.jpg
発表会の後はのんびり買い物をして家で遊んだ
私はギター弾こうかなと準備していて 
ふとはるちゃんの様子を見たら
粘土にベビーパウダーを振りかけて 「お菓子作ってるねん〜」と満面の笑み
水のスプレーで霧吹きまでしていて
一瞬言葉を失ったけど そんな遊びもいつまでも見れるもんじゃないので
「シート敷いてやったら〜」とだけ声かけて自由にさせて
b0138522_23123237.jpg
顔にも もちろんベビーパウダーくっついて
マンガみたいだった

いろいろ おもしろいことを 繰り広げてくれて
ぷぅっと吹き出すことも多いけど
はるちゃん自身は 注目されるとか 笑われる(微笑まれる)ということを
恥ずかしいと思うようになってきて
笑うと「笑わないでっ」と おこるようになった

ヒトって なんて可愛いんだろう



【ライブ予定】
3月2日(土) 神戸 Flat Five
「Macoto 5 th Kobe Gig」  高橋マコトさんのライブ  
主宰ブーケン(山下賢一)さん
OA:Hosokawa SP Band 、水島照美
開場 18時  開演19時 078-392-8638
MC 2500円(1ドリンク付)




3月3日(日) 舞子 こずみっく 「第2回 水島誠フェス 〜想い咲き誇れ〜」
open 14:00 start15:00 charge
(出演) 
● 水島照美  
● GON&あいこ 
●ハーバーギャングス(レキ&テリー) 
●ハーバーガールズ(サチコ&テルミ)
●スペシャルゲスト:まっちゃん

078-782-7263
神戸市垂水区舞子台6丁目10−3 久保ビル2階
b0138522_22482218.jpeg

3月10日(日)  小野市 Garden TACOPA(ガーデン・タコパ)
おひなさまの歌会 水島照美ライブ

by yokoiterumi | 2019-02-16 23:41 | 想い咲きほこれ まこりん逝って2年目 | Comments(0)
リラックスカフェのお二人にゲストによんでいただいたSASAYUのライブ
朝 超特急で溜まった家事を終えて ひとりでリハしたくて
はるちゃんどうしよう テレビ何かやってるかなぁとつけたら
マコリンのブルーレイデッキが勝手に起動して
ハードディスクに録画されてる一覧が勝手に出てきた

勝手にって言ってるけど たぶんリモコンに何かが当たったんだとは思うけど
「吉田類の酒場放浪記」っていうのがたくさん録画されてて
高校時代のお友達のバンドのCASIOPEAのライブが録画されてて
埋もれるように「となりのトトロ」と「猫の恩返し」があって思い出した

はるかに見せてやるから「トトロ」録っとくねって言ってたっけ
亡くなる2ヶ月くらい前の話だったように思う

やるじゃん マコリン
育児手伝ってるじゃん と心の中で会話して
早速 はるか様を ととろ様にお願いして わたしはマコリンの部屋にこもって2時間ほどリハをした

お昼だったので 菓子パン一袋と お茶を水筒に入れて机に置き
はるちゃん なにか困ったらマコリンの部屋にいるからね〜と言い置いて
わたしも こんなんできるようになった

b0138522_13492741.jpg
途中で はるちゃんが部屋に来た
「ママー トトロいやや」
なんで?
「ママが病気になったら はるか悲しいし ひとりぼっちになっちゃうから
 でもママが病気になったらお見舞いに行くね でも悲しいから他のにして」

トトロに出てくるおかーさんは病気で入院していて子どもたちがお留守番してるんだっけ

こういうことは前にもあった
やっぱりテレビを見ていた時に 
お母さんと離れ離れに暮らしている女の子が時々手紙を書いているというような内容だったんだけど
「ママ はるかは ママが帰ってくるまで頑張るから はるか お手紙書くからね」
と言いながらポロポロ泣き出した

ありがとう 大丈夫だよ 
てるみんはどこにもいかないよ〜〜
b0138522_13493550.jpg
SASAYUでは
はるちゃんは 今までにない恥ずかしがりぶりで離れず
「ママとくっついてる」と
約1時間のわたしの持ち時間を 背中にくっついてステージで過ごした
前回ここでのライブは春だったかな
色々なお客さんの膝を独占して抱っこしてもらっていたはるちゃんの成長の過程を
そのままゆるしてもらっている

思いがけず 以前高橋マコトさんのライブで出会った魔法使いさんとの再会があり
魔法を見せてもらったあたりから少しずつはるちゃんらしくなっていった
帰る頃になってエンジンかかりだし
リラックスカフェのお二人に抱っこしてもらったり 投げキッスし合ったりして

わたしは 歌としては中途半端な仕上がりで 一昔前のわたしだったら自分が許せなかっただろうけど
なぜかとても満足している
正直に立てているということかな
おしゃべりも含め
わたしの表現を受け止めてくれるお客さんがいてくれることが
こんなに幸せでありがたいことだということに感謝いっぱい
魔法使いさんと呼んでるのはブーケンさんで
有名なギタリストながら 
はるちゃんとわたしにはまず魔法使いのおじさんになってくれて笑わせてくれる
そして 
ゲストで呼んでくださる先輩ミュージシャンの胸を借りてどんな時でも歌を歌うことを忘れずいられることに感謝している
ありがとうございます





【ライブ予定】
3月2日(土) 神戸 Flat Five
「Macoto 5 th Kobe Gig」  高橋マコトさんのライブ  
主宰ブーケン(山下賢一)さん
OA:Hosokawa SP Band 、水島照美
開場 18時  開演19時 078-392-8638
MC 2500円(1ドリンク付)




3月3日(日) 舞子 こずみっく 「第2回 水島誠フェス 〜想い咲き誇れ〜」
open 14:00 start15:00 charge
(出演) 
● 水島照美  
● GON&あいこ 
●ハーバーギャングス(レキ&テリー) 
●ハーバーガールズ(サチコ&テルミ)
●スペシャルゲスト:まっちゃん

078-782-7263
神戸市垂水区舞子台6丁目10−3 久保ビル2階
b0138522_22482218.jpeg

3月10日(日)  小野市 Garden TACOPA(ガーデン・タコパ)
おひなさまの歌会 水島照美ライブ




by yokoiterumi | 2019-02-11 22:53 | 想い咲きほこれ まこりん逝って2年目 | Comments(0)
施設に入所した横浜のおかーさん  不満いっぱい
でも おかーさんの常態的に不満足感は 
考えてみたら 今に始まったことじゃなくて
私が小さい頃から 
おかーさんが満足しているところを見たことがないような気がする

目の前のことが わぁ〜 うれしいとか ありがたいとか
これで十分だなぁとかいう風に
小さな幸せ見つけるのが下手くそな気がする

わたしは結構 満足上手 幸せ感じ上手なほうなので
こういうことは親に教えられるものではないんだろうな と思う

とはいえ 
施設暮らしは 元気なおかーさんにとっては不便以外の何物でもない

そのことは よく分かっている
家族(付き添い)がいれば買い物に行けるのに
家族(付き添い)がいれば散歩に行かれるのに

弟が来ないから買い物に行けない 
弟が来ないから頼みたいこともしてもらえない
日曜日来れないなら
仕事休んできてもらいたい  
休めないような仕事があるわけない  という

弟にと言ってるけど それは矛先変えながらわたしにもいっている
と思ってはいた
そしたら
おかーさんの姉にあたる叔母から手紙が来た
日帰りでいいから横浜に行ってあげてほしいと書いてあった

あ〜〜〜 おばちゃん達になんて言ってるんだろうな

はるちゃん連れて気軽に行ける用事じゃないから
保育所に預けて一人で行くとして 保育所の開門から閉門まで使って往復したら
滞在は2時間
そういうの 横浜のおとーさんが亡くなってから何度かしてきたけどさ


同じ施設で友達になった人にご馳走するお菓子もお茶も買いに行けないから
送って欲しいと言われ
「この前送ってくれた玉葱スープがあったら・・・イカナゴ・・・お菓子・・・切手と封筒・・・本」
と言った後に
「山形に言って りんごと 伝六豆の大袋と ばくだん(ポン菓子)送ってもらったんだ また頼もうと思う」
というので

おばちゃん達に申し訳ないという気持ちと
恥ずかしいなぁという気持ちと
おかーさん すごいよなぁ よく 頼めるなぁ と呆れる気持ちと
いろいろ

長生きする人は こういう人なんだろうな


送ってほしいものは 土曜日にかかってきた電話で言われたことだったけど
今日はもう木曜なので 明日には送らなくちゃと 
今日はるちゃんを迎えに行った後 買い物に行った
郵便ポストから入れれるようにレターパックも買った
b0138522_20552134.jpg
家に帰って 送る準備を始めたら
「どうしたの まま こわい顔してるけど」

えっ? そう?
「はるかのハイチュー 最後の一個ママにあげる」

えっ なんで? いいよ はるちゃん食べていいのよ
「だって まま きげんわるくなりそうだから あげる」

あぁ きげん悪いんじゃなくて 疲れちゃって 
ばぁばのご用がいっぱいあって  ごめんね 怒ってないよ
「はるかは 笑ってるママが いいママ」

そうだね
でも ちょっといま考え事しながら準備してるから こわい顔しちゃうかも
はるちゃん ビデオ見ててくれる?

と 今日はピーターパン様に はるか様をお願いした

レターパックでは収まらず ダンボールに入れなおした
なんだか 独り立ちしたばかりの娘に送る荷物みたいだなぁと思いながら
だいたい
うちは 親娘逆さだよ むかしから  と自分で自分を慰める



あーーー
ほんとは今日はやりたいことがあったんだ

みんなの歌で放送されたまこりん の「はるか」のリクエストを
みなさんに協力して欲しくて 文章を書こうと思ってたんだ
はるちゃんが小学校上がる頃に放送されたらいいなと思って 
一年前の今から呼びかけようと思って
それで 土曜日のSASAYUのときにMCできるように準備しようと思って

そんな気力も 吸い取られた・・・。

これは
日を改めよう


土曜日はSASAYUのイベントにゲストで呼んでいただいている
ギター扱うテクニックは確実に下降気味だけど 
心意気でまっすぐ歌ってこようとおもう
三線で民謡歌おうかなぁ  半分くらいは

リラックスカフェの お二人の演奏もとても楽しみ

お会いできたら うれしいです


【ライブ予定】

2月9日(土) 加古川 SASAYU
 079-422-0722 open18:00 start19:00
b0138522_20421134.jpg

3月2日(土) 神戸 Flat Five
「Macoto 5 th Kobe Gig」  高橋マコトさんのライブ  
主宰ブーケン(山下賢一)さん
OA:Hosokawa SP Band 、水島照美
開場 18時  開演19時 078-392-8638
MC 2500円(1ドリンク付)




3月3日(日) 舞子 こずみっく 「第2回 水島誠フェス 〜想い咲き誇れ〜」
open 14:00 start15:00 charge
(出演) 
● 水島照美  
● GON&あいこ 
●ハーバーギャングス(レキ&テリー) 
●ハーバーガールズ(サチコ&テルミ)
●スペシャルゲスト:まっちゃん

078-782-7263
神戸市垂水区舞子台6丁目10−3 久保ビル2階


3月10日(日)  小野市 Garden TACOPA(ガーデン・タコパ)



by yokoiterumi | 2019-02-07 23:08 | 想い咲きほこれ まこりん逝って2年目 | Comments(0)
平成31年2月3日(日)
朝目覚めるなり はるちゃん 布団に半身起して呟いた
「せつぶんや」
それで 自分で髪を結って見せに来た

下で一つくくりして ちょんまげのように前髪を結った後に
二つを束ねたらどうなるかなと思ったらしく
三つ目のゴムは 台所から輪ゴムを持ってきて結っていたようだったけど
あまりに可愛く素敵で そのままにしといた

そして豆をリュックにしまって 友人の家へ向かった
いつもはベターっとくつろいで甘えて過ごすはるちゃんだけど
遊びながらも緊張を保っていて
オニが来るんじゃないかと 物音にも敏感になっていた 
b0138522_23064502.jpg
友人が買い物に出てしばらくして
オニがやってきた

はるちゃん 必死に なんとかしようとしていた
泣いてはいけないと思ったのか 泣けないほど怖かったのかわからないけど
友人にしがみつきながらも
オニの前では泣かなかった

おかーさんを困らせないこと いい子にすること をオニと指切りげんまんで約束した後
オニは帰っていった

しばらく固まったような状態でいたあとに
やっと緊張が解けて 抱っこしている胸の中で
涙をポロリポロリ 静かに流した

なんていうのか
すごいな と思って
こうやって 
はるちゃんは生きていくんだなぁと思ったら
涙がでた
臨場感あふれた避難訓練みたいで

でも 困難にぶつかる時って こういう感じかも知れないと思いながら見ていた
逃げられないことってある
困難がやってくることを感じていても逃げることできない時
策がなくても立ち向かわなければいけない時
その場から立ち去りたくても 放り出すことができない時

ギリギリのところで振り絞る はるちゃんの魂の一滴を見たような気がした

まぁ 大げさな言い方だけど
親バカだから

私が友人に頼んで したことだったけど
心の中で ほんとうに心の底からごめんねした

来年は 友人がオニだということに もう気づくかもしれない
だから これが最後の 畏れを知る節分かも知れない
b0138522_23065838.jpg
テンションが上がりきらないまま夕食準備の手伝いをして
恵方巻きを自分で巻いた


今日は節分を一緒に過ごすことともう一つ目的があって友人宅へ行っていた

3月3日PM3時から こずみっくで予定している 「第2回 想い咲き誇れ」で
てぃんじゃーらの さっちゃんと二人で数曲演奏することになり
とりあえず今日は音出して遊ぶことになった

こんなんどうか?
あんなんどうか? あれこれ試しに音を出していたら
はるちゃんも参加(本番は絶対しないと言っている)
さぁ どんなふうにしようかな

さっちゃんとの演奏を思いついたきっかけは
あいこさんに 出演者は誰がいい?と聞かれた時に
「もし かなうなら
 てぃんじゃーらのレキさんと サンセレのテリーさんに ちょいワルな感じのユニットしてほしい」
と話したらすすめてくださって実現することになり

それなら 女子もしようかなぁと思って
私と てぃんじゃーらの さっちゃんと サンセレのバーバラ でユニットしようと誘ったら
二人とも賛成してくれたんだけど
バーバラは都合がつかなかったので さっちゃんと二人で演奏することになった

先日 レキさんとテリーさんがユニット名を「ハーバーギャングス」にするとお知らせくださったので
女子は 「ハーバーガールズ」にしたところ


「第2回想い咲き誇れ」も 昨年のように 水島誠追悼ライブとしたらいいのか迷ったけど
なんだかそんな気分でもないので いいネーミングを探していて
ピンときたわけではないんだけど
とりあえず フェスにした

だから 「第2回 水島誠フェス 〜想い咲き誇れ〜」
また変わるかもしれないけど
3月3日PM3時から  こずみっく
来てね





【ライブ予定】

2月9日(土) 加古川 SASAYU
b0138522_20421134.jpg

3月2日(土) フラットファイブ

3月3日(日) 舞子 こずみっく 「第2回 水島誠フェス 〜想い咲き誇れ〜」
open 14:00 start15:00
(出演) ● 水島照美  ● GON&あいこ 
     ●ハーバーギャングス(レキ&テリー) ●ハーバーガールズ(サチコ&テルミ)



by yokoiterumi | 2019-02-04 00:01 | 想い咲きほこれ まこりん逝って2年目 | Comments(0)

ヤマンバの時間

b0138522_23174421.jpg
「綿菓子 たーべよっと」
お正月に初詣した時に買ってあげた綿菓子を
半分残して大事にしまっていた はるちゃん
「あーーーーー こんなになってるー 」
ふわふわで 袋の半分を占めていたはずの綿菓子は
固く薄っぺらに縮んでた

はるちゃん すごく怒ってた
「ママのせい 明日にしたらって言ったからっ。 すぐ食べたらよかったのに」

えーーー 
だって二個入ってたから一個は明日にしたらって言ったけど
1ヶ月後にしたらって言ってないし・・・。

そしたら妙案を思いついたらしく
割り箸にコットンを巻きつけてふわふわの綿菓子を作って遊び始めた
しばらくして
「絵の具でイチゴ味にしたい」というので
新聞敷いてやってね 好きにしな と自由にさせていたら
ビショビショと絵の具を塗って これもまた薄っぺらぺったんこになっていたので
ちょっと知恵を授けた

ほら こうやって絵の具を筆にとって
こんな風に塗るとふわふわのままの綿菓子に色つけられるよ

と教えると
職人のように綿菓子を作ってた

b0138522_23173723.jpg
今日はひと月ほど早いけれど まこりん の三回忌をした
朝 当日になってからのバタバタだけど
はるちゃんとお墓の掃除とお花を供えに行き
少し時間があったので 公園でひと遊びした

5年前の今日はまだ 産院にいた
私はいったい 今いつを生きてるんだろうと不思議な気持ちになるくらい
時間の軸は幾重にもなっていて
過去現在未来混合
同じ線のうえに違和感なく存在するように感じている

まこりん のおねーさんたちと久しぶりにおしゃべりして
はるちゃんも遊んでもらった
賑やかに食べる直会ご飯はとても楽しかった

夜は 久しぶりに まこりん お気に入りの器で 
まこりん が好きな霧島をお湯で薄くして飲んだ


はるちゃんは 節分を控え
鬼が来るのはやむを得ないけど 誰かに守ってもらわなくちゃと言うことになり
明日は昼前から友人宅へ避難することになった

はるちゃんは 友人が鬼役だとは知らない

本気で怖がっているはるちゃんに
私は はるちゃんが言うこと聞かないと 「あーーーーいいんかなぁ 明日 お・お・お・・・」とついつい言ってしまい
意地悪だよなぁ 私 とわかってるんだけど
意地悪に言ってしまう

それも明日までだから いっか

普段は なるべく脅かしたりしないようにしてるんだけど
絵本に出てきたヤマンバをとても怖がったので
夜更かしになるときは
夜10時過ぎると「ヤマンバの時間」でやって来るから早く寝たほうがいいと思うよ と言っている

あぁ〜 いけない母だわ〜
ウソついて おどかしたりして
ほんとに




【ライブ予定】

2月9日(土) 加古川 SASAYU
b0138522_20421134.jpg

3月2日(土) フラットファイブ

3月3日(日) 舞子 こずみっく 「第2回 水島誠フェス 〜想い咲き誇れ〜」
open 14:00 start15:00
(出演) ● 水島照美  ● GON&あいこ 
     ●ハーバーギャングス(レキ&テリー) ●ハーバーガールズ(サチコ&テルミ)




by yokoiterumi | 2019-02-02 23:50 | 想い咲きほこれ まこりん逝って2年目 | Comments(0)

5サイダヨネ

b0138522_23592368.jpg
「ままより先に着替えたかったぁー はるか一番がよかったー」
と大泣きで明けた5歳の朝

そして その2分後くらいの あっというまに機嫌が直って大笑いの
誕生日記念写真

泣いたり笑ったりが ころりころり
それで いいんだと思う
大人になったって 心の中では泣いたり笑ったりころりころりしてるもん

約束どおり 明るい時間にお迎えに行くために
いつもより3時間早く職場を離れて まずはわたしのために1時間過ごすつもりだった
だって
はるちゃんの誕生日はわたしのおかーさんになった記念日だし

家でボーッとするか
どこかでお茶するか
どうしようかなぁと思っていたけど
家に帰ったら たまりまくりの家事をするだろうと思って
明石駅に寄った
どのお店のコーヒーにしようかなぁ とお店巡りしてるうちに30分が経ち
ついつい文房具雑貨を見てしまったら 30分がまた経ち
はるちゃんとの約束の時間になってしまった

計画のない1時間の自由時間は早いこと早いこと

b0138522_23591802.jpg
はるちゃんのリクエストで夜ご飯はこずみっくへ行った
車なら10分の距離を ビール1杯を乾杯して飲みたくて
バスと電車で小一時間かけて行った
メーコの餌やシーツやトイレ砂を持って行こうと 
トランクや大きなカバンに入れて出かけた

定時で帰るサラリーマンの波に便乗するように電車に乗ると
旦那が帰る前に荷物まとめて実家に帰る母子みたいに見えたかも

今日はライブのないBar営業の日で あいこさんにはるちゃんのお弁当を作ってもらった
うさぎの可愛いお弁当作ってくれていた
ケーキを届けてくれていた方がいて
思いがけず ゴンさんのギターでハッピーバースデイを一緒にいる方たちが歌ってくれて
5本のローソクをあいこさんに手伝ってもらって はるちゃんが吹き消した

2歳年上の子を連れて来てくださった方がいて
はるちゃんは数分間の恥じらい時間を経て 仲良しになり
お盆や正月に親戚の家で夜まで遊んでる子どもたちのようだった

はるちゃんはエプロンを持っていっていて 手伝う気満々
キッザニアで覚えた 「いらっしゃいませ」のデパート風のお辞儀を実践していた
わたしも せっかくなので 
はるちゃんに生ビールを注文した


家に帰って来て 手を洗いにいったはずのはるちゃんは
なかなか部屋に持ってこず

「う〜ん いい感じ」
という声が聞こえて 何だろう?と見に行くと

洗面所でシャンプーを歯ブラシで泡立てて生ビールを作っていた
あまりに真剣なので
やってることを 否定する気持ちになれず
あぁあ 歯ブラシ・・・。まぁそろそろ替え時だったけどさと思いながらも
ダメでしょとは言えなかった

あのさー はるちゃん その歯ブラシはもう使わないからね

シャンプーを片付けようと容器を持ったら
中身は空で。
まぁ 残り少なかったけどさ。
シャンプー全部使って ビールを作っていたってこと
b0138522_23591111.jpg

今日は 誕生日だし
言わないでおこう

。。。5サイダヨネ


毎日毎日
たくさんの想いを巻き込みながら 成長し合えることに
ほんとうに ありがとう

昨晩からはるちゃんと何回かこのユーチューブを見ている



この曲は
みんなのうたにプレゼンすることを目標にしてた曲のひとつで

呼びかけ部分にはじめは
名前ではなくあやし言葉をいれていた

でも
はるちゃん〜〜とまこりんの声でいれて正解だったと
いつも おもう





【ライブ予定】

2月9日(土) 加古川 SASAYU
b0138522_20421134.jpg

3月2日(土) フラットファイブ

3月3日(日) 舞子 こずみっく 「第2回 想い咲き誇れ」






by yokoiterumi | 2019-01-30 00:43 | 想い咲きほこれ まこりん逝って2年目 | Comments(0)

生きることに 健気

今日は1月27日
5年前の今日は はるちゃんが生まれる2日前で
マタニティクリニックで夜を過ごしていた

基本的に促進剤を使わないクリニックを選んだので
自然なリズムに任せているわけだけど

陣痛だと思って来たものの ピタリとその気配は止まってしまい
2回目の夜が来て
私よりも後から来た 私よりずーっと若い妊婦さんが
ぽんぽんポンポン子どもを産んで すぐにおかーさんになり

置いてけぼり感が半端なく
だんだん 不安とかなしさで まこりん に八つ当たりしまくって
真夜中に声を荒げてる私を心配して見に来た助産師さんに 
一番リラックスするのは何?と聞かれ
自分たちの歌を歌うことと聴くことと言ったら
好きな曲かけていいですよ と言われて
まこりん が車から 「花子Baby's0」のCDを持って来てかけたんだっけ

横浜の私の家と 青梅のまこりん の家で録音した音源を聴きながら
録音した時のおかしいエピソードを思い出して二人で喋ってるうちに
リラックスして私はまこりん の腕枕で寝たんだっけ

今月は土曜日の勤務がないこともあって
あちらこちらへ出かけた

淡路島の公園では なかなかこわがって渡れなかった吊り橋に挑戦しようとしたり
一緒にいないとしなかった遊具も ここで見ていて と一人で遊びに行ったり
成長したなぁと思うことがいくつもあった

b0138522_22301850.jpg
昨日は 明石の博物館に 竹久夢二展を見に行った
はるちゃんは博物館デビューで 走らない 壁に寄りかからない の約束を
説明のあと30秒くらいで破って
学芸員さんに注意された

小さい子は誰もいなかったけど
あえて連れて行ったのは
まこりん が竹久夢二の大ファンだったから

今日は毎年楽しみにしているオルゴールのコンサートへ行った
主催している先生は 私の身体を診てくれる全盲の東洋医学の先生で
本業の傍ら 様々な活動をしている

その一つは 宮城県亘理郡山元町のいちご農家と障害者作業所の支援で
毎年 超高級品の山元町のイチゴを仕入れてくれている
コンサートの最中に はるちゃんと二人で1パック半 約1000円分のイチゴをたいらげた
満足〜〜
山元町は1週間ほどボランティアに行った地区でもあるので
偶然とはいえ 継続してできることでの応援をさせてもらえることはうれしい
b0138522_22302774.jpg
5歳の誕生日を目前に はるちゃんはさらに面白さがパワーアップしている

検尿容器にいつの間にか自分で名前を書き
「で〜きたっ」と満足げな声で振り返ると あまりに 見事で
そのまま提出した
さらに ぬいぐるみ一つ一つの尿検査・・・。

結婚式の絵を描いてくれると言って
「まこりん とてるみんがチューしてる」 と言って口と口を線で結び描き
「はるかはお腹の中におんねん」と自分もしっかり描いてみたり

高いところの用事を始め 今まで私を呼んで用を足していたことも
知恵を絞って自分でこなすようになった

「夕方のママより 朝のママの方が優しくて いいママ」と言われ
身に覚えがあるものの なんともなんともで
ごめん 疲れてるねん と言い捨てて台所に立つと 呼びに来て
「はい ここに寝て 疲れてるやろ」と遊び部屋に招待された

マイメロディの枕の上に保冷剤  その横にお茶があった
反対側にはゴミ箱とティッシュがあって
「気持ち悪くなったら ここにゲーしていいねんで」
背中に当たるところにはツボ押し
手にはもう一つ保冷剤を握っていて 横になったらおでこに乗せられた
感動した
でも次の瞬間からは お医者さんごっこが始まったんだけど

他にも 
暮らしのあちこちに 思わず吹き出すような面白いこと
たくさん広げて見せてくれる

私の顔色を伺うことも最近はするようになり
したくないならしなくていいよ
と言うと
「でも ママはしてほしいんやろー」 と言い返されることも度々
仕方ないので 私も負けずに開き直り
そのとーーーり〜  
と言うことにしてるけど

子どもはすごい
それで 
生きることに 健気
それが愛おしい

あと2日で 5歳かぁ
私もおかーさん歴5年になるんかぁ〜 
まだまだ若葉マーク必要だけど

そんなこんなを思っている今
また一人 
大変お世話になった方が体を返されたというお知らせが来た
12月23日にお会いすることができ 
「大好きです」と伝えることができた
彼女は私よりも30歳くらい年上だけど
はるちゃんに負けないくらい 生きることに健気な人だった

わたしも そうあろうと決めている
それがご恩返しだと思って
目の前のことを丁寧に そして健気に 生きたい



【ライブ予定】

2月9日(土) 加古川 SASAYU
b0138522_20421134.jpg

3月2日(土) フラットファイブ

3月3日(日) 舞子 こずみっく 「第2回 想い咲き誇れ」



by yokoiterumi | 2019-01-27 23:34 | 想い咲きほこれ まこりん逝って2年目 | Comments(0)

ゆるしてあげる

1月17日 てるみんを囲んでほっこりライブVOL4 inこずみっく
「まこりん の楽器を持って集まろう その2」
1月17日という特別な日に 神戸で
こんなにたくさんのまこりん の楽器が音を響かせる時間を許されること 
まこりん も思いもしなかっただろう
b0138522_18481984.jpg
まこりんの歌のシリアスな部分のテーマは 
 
自然への畏れや命のはかなさ 
時空を超えたいのちの叫びの切なさ 
音の海で響きあえる歓び

というところだったんだろうと 私は理解しているので
(たぶん 本人以上に理解してると思う)
この日のライブは
被害の大きかった須磨にルーツをもつまこりんの
想いが溢れる音たちが響いた夜になり
彼も感慨深くこの場にいたと思う
b0138522_18480610.jpg
肉体がないと楽器はならせないので 
まこりん にはもうできないから
カラダ張って まこりん の楽器鳴らしてくださる皆さんに
本当にありがとう


私は テイラーではなく桶ギターを持っていった
b0138522_18480342.jpg
まこりん の代名詞だった「ザ・まこりん」 ともいうべきマーチンを
ごんさんに 今後弾いてもらうことになり 
3年ぶりくらいにマーチンの音を聞いた
シャリーンとなった途端  これだよこれ
あー まこりん の音だと思った

2015年だったか2016年だったか
まこりんが 「てるみんの声に合う音色の新しいギターが欲しい」と言ったとき

まこりん は楽器いっぱい持ってるから 使わないギターが増えるのは反対
手持ちのギターを交換するなら新しいギター迎えてもいいよ と答えた 

ずいぶん悩んだ顔をして「いいギターだから マーチン1本じゃダメなんだ」

そうなのかー。でもお金はないよ。カードはだめ。 と譲らずいたら

「じゃぁ マーチンを二本売るよ」ということになった

東京時代は まこりん はマーチンを太鼓をたたくみたいに
体全体でギター鳴らしているという印象があって
まこりん が弾くマーチンの倍音が何重にも広がる様子を眺めるのが大好きだったので
実は
すごく酷なことを私は言ってしまったと すこし気にしていた

でも
なんていうのか 音楽パートナーというだけじゃなくて
今後 長く一緒に暮らしていく旦那さんを躾けなくちゃ みたいな
そんな気持ちも その頃はあって
私も一歩も譲らなかったので 
テイラーがうちに来たとき
うちにはマーチンはもうないのだと思っていた

ところが
まこりんが逝って楽器の整理をしたとき
マーチンが1本 遺っているのを見つけた
正直に うれしかった

まぁ・・・ つまり
嘘つかれてたってことなんだけど

ゆるしてあげる
b0138522_18481447.jpg

久しぶりに会った まこりん の楽器たちは すごく綺麗になってて  
うちの子毎日お風呂に入れてもらってるんだわぁという感じだった

こうやって 私一人では伝えきれないまこりん の音を
はるちゃんに伝えることができて うれしい

震災の話も みなさんがそれぞれしてくださり
しずかにココロの手が伸びて
ライブが終わる頃には 演者も聴き手も
そのまま みんなでおなじ家に帰るみたいな気持ちになった

この日は へっころ谷のおとうさんの告別式が藤沢であった日でもあるので
私自身のコーナーは
今まで私の人生に たくさんの学びと気づきをくれた
たくさんの人たちに感謝する気持ちで歌った

ギターや歌は明らかに練習が足りてないけど
おしゃべりができるようになってきた
水島照美はライブでしゃべれないとね〜





【ライブ予定】

2月9日(土) 加古川 SASAYU
b0138522_20421134.jpg

3月2日(土) フラットファイブ

3月3日(日) 舞子 こずみっく 「第2回 想い咲き誇れ」



by yokoiterumi | 2019-01-27 20:46 | 想い咲きほこれ まこりん逝って2年目 | Comments(0)
わたしには 実の父と 義理の父のほかに 
「おとうさん」と呼んでいる人が数人いる
とても ありがたいことだと思う

この鉢巻きしめてる おとうさんは 
藤沢の六会にある ほうとう料理の店「へっころ谷」の初代店主

ほんとうに お世話になった  おとうさん
b0138522_21482387.jpeg
知り合ったのは25年くらい前で 
わたしは学生生活も終わって 
いよいよ 社会人になったものの
普通の一般的な型のある生き方に馴染めず
少し生きづらくなっていた頃に このお店とおとうさんに出会った
のちに2代目店主となる息子の賢吾くんとわたしは歳が近く 仲良くしてもらって
色々な面白いことを一緒にした

「へっころ谷」との出会いは 何が最初だったのか もう覚えていない
BOOが連れていってくれたんだとは思うけれど
弥勒を結成する3年くらい前だったと思う

北鎌倉の石井先生の家で ろうけつ染めをする仲間たちとご飯を食べに行ったのが初めだったのか
「ほうとう祭」で三線を弾いたのが初めてだったのか

とにかく
歌が歌えたことは おとうさんとの距離をぐぐっと縮めてくれていたことは確かだと思う
沖縄民謡を歌っても喜んでくれたけど
最上川舟唄を歌ったらすごく喜んでくれた
おとうさんも 歌が上手で お酒が入るとまず「武田節」


おとうさんの知り合いの 面白いことしている人をたくさん紹介してもらった
農業をしている人 
お寺の住職 
カラオケサークルのお友達 
あらゆるジャンルのミュージシャン
大正琴を弾く白ひげの占い師おじいちゃん 
同じような匂いのする多感な若者たち
飄々とした植木屋さん 
元パティシエのおじさん 
不思議な学校の先生 
子どもの育ちを支える活動をする人たち
他にも たくさん 
あっという間に友達が増えた  それも老若男女

わたしの人生は とても 豊かになっていった

すっかり親戚の気分で
一緒に 山梨の帯那に住むおじいちゃんの家に泊まりにいったこともあった

帯那は 兵庫県でいうと竹田城址みたいなところで
印象としてはマチュピチュみたいな感じだった
この村で歌わせてもらったこともあった
音響は村内の有線放送のマイクで わたしの歌が集まった方々だけでなく
強制的に村中に流れることになり びっくりしたら
「集まれないのは歩けない年寄りだから 大喜びのはずだ」と言われたっけ

おじいちゃんの家に行く前日に
おとうさんの家に泊めてもらった時は 本当の娘みたいに さりげなーく
お風呂もご飯も寝床も準備してくれて 寒いからと言ってホットワインを作ってくれた



最後におとうさんに会ったのは BOOのお葬式だった
いつもの格好でお焼香に立ったおとうさん
「いいお葬式だったよ」 と言ってくれた

そのあと まこりん と再婚して明石に行くことになり子どもが授かったことを伝えて 
いつか まこりん とはるちゃんと藤沢に行きたいなぁと思っていた

そしたら まこりん 死んじゃって。

そのことは とてもお知らせできなかった
心配かけるだけだから落ち着いてからと思っていた

昨年6月に おとうさんが料理人としての現役を引退することになり
そのお祝いサプライズ企画でメッセージを寄せて欲しいと賢吾くんに声をかけられた

わたし かけなかったんだ
メッセージ

まこりん のことちゃんと伝えてからにしようと思って先延ばしになり
用意したメッセーカードは今もまだ机の上にある



年明けて今月11日金曜日 仕事帰りに 
なんだかどうしても ほうとうが食べたくなって買い物に行った
b0138522_22442306.jpg
家にある色々な野菜を煮込んで ほうとうを作った
色々入れたら栄養満点〜と思いながら

そしたら
賢吾くんからメールが来た

おとうさんがカラダを返したことを知らせるメールだった

はじめ なんのこと?と思いながら読んだ
えっ? だれのこと?と思いながらもう一回読んだ
1月11日に大好きなお風呂の中で と声に出して読んで
なんていうのか 隣でおとうさんが
「そうなんだよ てるみちゃん」と相槌打ってるみたいな気がした
おとうさんらしくて 納得した

通夜16日告別式17日と書いてあって 無理しないでと書いてあった

おとうさんと写ってる写真が本当はたくさんあるはずなんだけど
パソコンを乗り換えている間にわからなくなってしまった
でも いくつもの場面が鮮明に思い浮かぶ

ブログを遡ってみたらいくつか出てきたけど
東日本大震災前の2011.2.26
へっころ谷の33周年イベント https://yokoiterum.exblog.jp/14971917/ 
東日本大震災後の2011.4.22
「みらぼく復興支援ライブ」https://yokoiterum.exblog.jp/15360087/

そうか・・・本当にお世話になったのは ブログを書き始める前なんだ

たくさんのものを受け取って そしてやっぱり 
わたしは 直接 おとうさんにご恩返しはできていない
だから 
いま させていただけることの中に返していこうと思う


おとうさん 
兵庫のお酒も美味しいから ちょくちょく飲みにきてね

あーーーーーーーーーーー
おとうさんに この歌聞いてほしかったなぁ
それで 褒めてほしかったなぁーーーー
それで肉体持たない世界でも流行らせて欲しいの〜
なんちゃって

おとうさん ありがとう
だいすき






【ライブ予定】

1月17日(木) 舞子 こずみっく 
てるみんを囲んでほっこりライブVOL4「まこりん の楽器を持って集まろう その2」
open19:00 start19:30 ¥1,000


2月9日(土) 加古川 SASAYU

3月2日(土) フラットファイブ

3月3日(日) 舞子 こずみっく 「第2回 想い咲き誇れ」


by yokoiterumi | 2019-01-14 23:30 | 想い咲きほこれ まこりん逝って2年目 | Comments(0)