ゆっくりあるこう   by照美 yokoiterum.exblog.jp

大自然のかみさまと おなじほしにうまれたいのちにであう旅 唄いながら旅しています ~照美 


by yokoiterumi
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:想い咲きほこれ( 42 )

グリーフケア


b0138522_21165251.jpg
いろいろなわたしを たくさん写真撮ってくれた あいこさん
10月13日の てるみんを囲んでほっこりLIVE inこずみっくvol.3
「まこりん の楽器を持って集まろうLIVE その1」 
こずみっく でしかできないマニアックなライブで 
生前のまこりん をほとんど知らない方も
まこりん の楽器を弾いて遊んでくれていた

棚に置き去りだった楽器たちにスポットを浴びさせてくれて
わたしにはできないことを おもいおもいに面白がってしてくれていることが
どれだけ わたしの癒しになったことか

やってみて分かったことだった

それぞれの方が選んだ曲や楽器を見てたら思い出したこといろいろあって 
そのまま記憶が流れ去るのがもったいなくて手にメモして写メした
b0138522_21145071.jpg

みんなジャンルバラバラ  統一感まったくナシ
でも 全部終わってみると
笑っちゃうくらい まこりん っぽいライブだった
まこりん の音の世界の端から端までって 随分と広かったんだなぁと今更ながらに感じて
ほんとに・・・バランスのとれない人だったんだなぁと今更ながらに理解できた
そして 花子Baby’sは まこりん にとってはほんの片隅の偏った音楽だったのかもしれないとも思った 
それはつまり 私とパートナーを組むにあたってそうなった訳で
私がすごーく偏ってたんだなと わかった
b0138522_21145021.jpg
ゴンさんあいこさんの夫婦漫才ちっくなMCと息のあった歌にはボロボロ涙が出た
Sarisariのえんぞーさんクミちゃんが
ミンミンとオートハープで生活の柄を歌ってくれるのを聴きながら 映画見てるみたいに思い出したのは
まこりん と井の頭公園で歌って遊んだ後に
高田渡も通った「いせや」でまこりん と飲んだときのこと
湯豆腐に入ってるネギを箸でツンとつまんで 中の柔らかい部分をにゅるっと出してパクッと食べて
「おれ ネギの甘い中側が好きだから てるみんに外側あげる」
唖然とした最初の出来事だった

でも そのあと 何百回も唖然とすることあったけど
b0138522_21145118.jpg
こずみっくで 泣いたり笑ったり 歌ったり
いろいろな音楽を聴いたり 
思い出してまこりん のことを話したり 思い出して笑ったり 
こういうことが わたしにとってグリーフケアだなと思う
 
昨年からのことを思えば どれだけの人が一緒に心をギュウッと絞るようにして
こずみっくでわたしの歌を聴いてくれているか
わかっていて それでも歌わせてもらっている

まだ 安心してわたしの歌を聴けるとこまでには いってないと思うんだ

でも いいうたをうたえるようになるな という自信が芽吹いてきてる

ライブのたびに 元気になっていってるのが自分でわかる 
こずみっくでのライブは わたし自身の定点観測の場になっている
ありがたいな
b0138522_21542684.jpg

2011年の年末にBOOを看取って 一人になったあと 何が何だかよくわからなくて
一人だったこともあって
元気で持ちこたえなければという考えも浮かばなかったし
わたしもこのまま幽霊になれちゃうんじゃないかなとなんの疑いもなく本気で思ったり
深く傷ついている自分の気持ちも しばらくは よくわからない感じだった
昼夜逆転も食事がとれないこともあまり自分では気にしていなかった
ある意味 わたし自身の「自然」に従うことができる生活をしていた

2017年3月にまこりん を看取ったあとは 何が何だかわからないながらも
はるちゃんと暮らしていかねばならないので 
生活リズムを大きく狂わせるような わたし自身の「自然」に従うことはできず
いろいろな「不自然」や「無理」があった

それで やっぱり きついなぁと思って
助けが必要だなぁと思って 「グリーフケア」を検索して
明石や神戸あたりでサポートしてくれる何かがないか調べていた時期があった
結局 ピンとくる何かは見つけられなかったのだけど
b0138522_21145096.jpg
横浜にいたときにはホスピスで患者さんや家族に歌う機会があったり
ホスピスで看取りを経験した遺族の方へのグリーフケアの一つのプログラムとして歌う機会をいただくことがあって
「グリーフケア」というものを知った

BOOを亡くした後のグリーフケアになったことは 歌うことや仲間の支えをはじめ いろいろあったけれど
お世話になった在宅医療の医師が主宰する医療者向けの研修会に何度か参加することで
看取りを支えようと日々学ぶ方々の篤志に触れたことも
大きなことだった
そのあと に まこりん と音楽を始めたことがさらに大きく生きる勇気になった



「時間」が経つとともに いろいろなことは癒されていく
でも 癒されて元気になっていく自分自身を 自分で見つける機会を持つことは
とても大切でありがたいことだなぁと思う
今のわたしの場合は 歌える場があるということ ひとりで立つことができていると実感できることはほんとに大きい

b0138522_21144943.jpg
今週は土曜出勤だったので 今日は貴重な日曜日
はるちゃんと王子動物園へ行った
警戒せずくつろぐオスを目の当たりにして はるちゃんと大笑い
いいねぇ 
まこりん みたい
b0138522_21144989.jpg
あまりに楽しくて 帰らないと泣きわめくはるちゃんを
最後は抱えて門から出た
灘の駅に着くまで ずーっと泣いてた

どうして泣き止んだんだろ
気づいたら笑ってたな

そんなもんなんだな いろんなことは





[PR]
by yokoiterumi | 2018-10-14 22:17 | 想い咲きほこれ | Comments(0)
先日 地域の市民団体の方々が運営する「ライムカフェ子午線」でライブをした
地域のお年寄りを対象にした内容で お茶しながらの学習会があったり エンターテイメントを楽しんだり
毎回様々な企画をされている
地域には本当にいろいろな活動をしている方がいる
b0138522_22350559.jpg
一体何を喋って こんな笑い顔になったのかわかんないけど
多分 鉄道唱歌の時だと思うな
すごーく楽しかった
年配の方が多い席では 三線で半分くらい ギターで半分くらい
一緒に歌える民謡と季節の童謡唱歌とで3分の2くらい あと3分の1は私の曲とまこりん の曲を歌っている

今回の会場は まこりん のおかーさんの家から近かったので 迎えにいって一緒に参加した
歌が大好きなおかーさんなので とても喜んでくれた
さらに 当日の歌詞集に 「はるか未来の子どもたちへ  詞曲 水島誠」 の文字を見つけると
指で辿って 喜んでくれて 隣になったおばあさんに一生懸命説明していた

はるちゃんは 照れて私のお尻の後ろに隠れていた
この「ライムカフェ子午線」でライブさせていただくのは3回目で
1回目は はるちゃんが1歳の時 花子Baby'sで
2回目は はるちゃんが3歳の時 ソロで
3回目は はるちゃんが4歳のいま ソロで
b0138522_22350533.jpg
そんなわけで ほとんどの方が はるちゃんのことを知っていて
あっちからこっちから 「はるかチャァ〜ん」と声がかかり それはそれは照れていた

先月の敬老の集いで人丸小学校で歌った時にきていた方もいて
「この前も歌ってくれて ありがとう ほら 成人の集いの時〜  あっ 成人ちがった 敬老だ〜」
と自分で間違えて自分で訂正して大笑いしているおじいちゃんがおられて
ゆるっと和んだ


平日は仕事と家事でパツンパツンとなり
ご飯やお風呂をすませて はるちゃんの相手をするのは寝る前の30分ほどで
最近の流行りは風船バレー
1から20まで続けようよ〜と張り切って打ち合うものの
「1」2 「3」4「5」6「7」8「8」9「9」10「13」・・・・ええええええーっ
ちょっと はるちゃん ちゃんと数えなさいよっ
「数えてるってバー」
何回やってもこんな感じで 笑い転げてお腹よじれる (まだ8まで数えれればいいか・・・)

b0138522_22352182.jpg
休みの日もライブやらイベントやらだったので 3連休の最終日は近所の住宅展示場にやってきた機関車に乗りに行った
そしたら たくさんアンケートを書くことになり
なんだか正直に書くのがめんどくさくなって
夫はいることにした
それで夫の年齢も若くしといた
でも 家を買う気はないにしておいた
正直に書くことが めんどうくさいというのは なんだか疲れてしまうということなんだけど
まぁ仕方ない
いることにしよう

3つくらいのモデルハウスを見て はるちゃんは犬のおもちゃをもらい 大喜び
「はるかのワンワンやねん ワンワンはな お散歩させないとウンチでーへんねん」
翌朝 保育園に行くときに
「ワンワン 連れて行く」
えええええええーーーー ー
はるちゃん  あのさー  恥ずかしかったりしない?
「うん 恥ずかしくないよー  みんなに見せたいねん」
ふぅん そうなんだ〜
「足汚れるから 玄関で拭いてあげなあかんなー」
うん そうだね

b0138522_22350534.jpg

琉球祭の日 エイサーの練習で一緒になる子どもたちのお父さんたちが見にきていて
写真を撮ってもらったり抱っこしてもらったりしているのをじーっと見ていたはるちゃん
何か感じてるんだろうなと思っていたら 帰りに
「はるかも おカラダあるお父さんがほしい」
そうねー おカラダあるお父さんいいよねー
「でも そうしたら まこりん どうなるん?」
どうなるんかなぁ 
「やっぱり まこりん がいい」
そうだねぇ  てるみんもまこりん がいい


少しづつ いろいろ いろいろあって
事情を知っているはるちゃんより3つ年上のお友達に「二人で暮らしてかわいそう さびしいでしょ」と言われた時
私はチクリと痛みがあって すぐに答えられなかったのだけど
はるちゃんは 「全然寂しくないし 二人じゃないし メーコがおるし まこりんはおカラダ返しただけだし」と即答

寂しくないわけはないけど 
はるちゃんは カラダのあるまこりんとの日々を
ありありと思い出せるほど確かな記憶が残っているわけでもないので
寂しくないというのは本当でもあるのだと思う

私はどうかといえば
いつまでも寂しい寂しい言ってたらいけないと思うけど
そりゃ さびしいわぁ
でも かわいそうじゃない

と思ってるとこ



【ライブ予定】


10月11日(木) こずみっく 19:00〜
まこりん の楽器持ったミュージシャンが集まるライブになるかもよって あいこさんが言ってた
sarisariの円蔵さんが まこりん の楽器オールスター勢揃いだから楽しみにしててって言ってた


b0138522_19042012.jpg





[PR]
by yokoiterumi | 2018-10-10 23:24 | 想い咲きほこれ | Comments(0)

ハレの日

b0138522_18153008.jpg
前に人がいれば、なんとか最後までついていけるようになったエイサーで
琉球祭のオープ二ングに
エイサーOhanaのメンバーに入れてもらって踊ることになった

月二回の練習に毎回行けている訳でもなく
はるちゃん連れなので 練習中 はるちゃんが賢く待ってられるわけもなく 
周りの皆さんが子連れに寛容なのでありがたいけど 
棒を振って踊るので
踊り始めたら側に来ないように 踊りの合間になるべく遊んであげて 
踊り始めたら真剣な顔で「来ないでってるみん真剣っ」と言い渡して踊ってる

若い頃から自慢だった音楽に関する私の記憶力の良さは 
ここ最近はさっぱりで 別の人になっちゃった感じ  かなしい 
昔覚えたことは 今も完璧に覚えてるのに 
10代で一緒にキャンプしたブラジル人の少女にたった一度教わった歌だってまだ歌えるのに
最近やり始めたことは ぜんぜん・・・ 全然・・・

踊りも エイサーの歌さえも頭に入らず
お囃子だって 覚えられないという・・・
潔く 覚えるのは放棄した 
原始的に体が覚えるのを待つスタイルで続けている

剣道していたこともあるけど 棒を持つとなんだか血が騒ぎ
太鼓の位置や体の動かし方に なんだか意味がグワーっと体に入り込んでくる感じがして
これは ご神事だなぁと思う
踊りや歌は ご神事だなぁ

b0138522_18153133.jpg
当日は自力でできるところまでの準備をして集合場所へいき
身なりを整えるのを仲間にしてもらった
はるちゃんは 踊らないといつも宣言しているのだけど

はるちゃんも仲間だから 衣装を着て参加してほしくてと
Ohanaを主宰するハルさんメグさんがわざわざ子どもの衣装を用意してくださり
着せてみたら まんざらでもなく喜んでいた
b0138522_18153123.jpg
身支度を整えてもらっている姿って いいなぁ
はるちゃんにとっては 私についてきて ステージに一緒にあがるというのではなく
自分も「ひとり」扱いされる初めての ハレの日で
何か 通過儀礼のような感じで 私は親として勝手に厳かな気持ちを味わっていた
b0138522_18170922.jpg
私は前にも横にも踊れる人のいる特等席を希望したので
舞台二列目のセンターで 
はるちゃんは他の子どもたちとステージ下の横で好きにしていていいということになったのだけど
始まってしまったら約15分ほどは 何があってもはるちゃんのそばにはいけないし
その間ずーっと はるちゃんが足踏みしたり太鼓を持ったりしていられるとも思えず
咄嗟に目に入った てぃんじゃーらのレキさんを指差して
「はるちゃん 困ったり 嫌になったら レキちゃんとこに行きよ」といって
レキさんにも そう言ってあるのですみませんとはるちゃんたちを預けて
踊った
b0138522_18171052.jpg
踊りは余裕ないのに 周りを見る余裕は 日頃の舞台慣れの成果で健在で
空が綺麗だなとか
あっ一番前の列にお友達がいる とか
はるちゃんが手を振ってるとか
仲間の踊りを目で追って真似ながらも そんなことは見えていた
レキさんのおかげで はるちゃんのことは安心だったので本当にありがたかった
まぁ・・・ レキさんにズケズケと子守を頼むのは私くらいだろう。。。
b0138522_18171023.jpg
1枚目のはるちゃんとツーショットの写真は 踊りを終えた後に
これまたレキさんをつかまえて 撮ってもらった
「レキさーーん 写真とっって〜〜〜〜〜」
そんなんいうのも 私くらいかもしれないと思いながら
2018年秋のいい思い出の一枚になった


次の演舞まで はるちゃんは公園で遊び倒し
私は衣装のままそのお尻を追いかけまわさねばならず ヘトヘト
体力がもっとほしいわぁ

そして遊び疲れて 「もーかえりたい」
と譲らないはるちゃんに折れるようにして
2度目の演舞には参加せず帰ってきた
b0138522_18153114.jpg
琉球祭 2016年  秋  このステージに 花子Baby'sは立った
まこりん が亡くなる半年前だった
生涯忘れることのないステージの一つで
歌も もちろんよかったけど 
私自身は 考えなしに勝手に喋り出すわたしのMCを今も覚えていて
今生 肉体を持ってまこりんと出会い
体に流れる琉球の記憶をたしかに分かち合って 二人で響き合わせることができた私たちの人生を
沖縄の神様へ感謝しご報告した日だったと思っている
政雄先生の後ろにずらりと神様が見えた気がしたんだもん
沖縄に行かず 神様に会いに来てもらっちゃった感じだった


そんなこんなで
いろいろ思いがあって
昨年はまこりんいない琉球祭はつらかったので
今年は無理に行かないつもりだったけど
こういうことになった

Booの字で みるくとサインの入った太鼓で
肉体ないたくさんの存在と
Booとまこりんに思い馳せて
太鼓で交流会〜〜
を感じれる余裕はまだないけど いつかはそうなりたい

Booとまこりんにはげまされながら 
色々な方にお世話になりながら

まだまだ 
まだまだ 
わたしはここから これから



【ライブ予定】

10月6日(土)  ライムカフェライブ
 14時〜   場所 C0-OP大蔵谷集会室


10月11日(木) こずみっく 19:00〜
まこりん の楽器持ったミュージシャンが集まるライブになるかもよって あいこさんが言ってた
sarisariの円蔵さんが まこりん の楽器オールスター勢揃いだから楽しみにしててって言ってた
b0138522_19042012.jpg



[PR]
by yokoiterumi | 2018-10-08 19:05 | 想い咲きほこれ | Comments(0)

こんなお彼岸

ヤケドの翌日に受診したクリニックで
やけど直後の様子を聞かれたので

ズボンもパンツも履いたままその上からシャワーで冷やし始めて
皮も剥けてたのでびっくりしながらも とにかく流水を当てて
途中でズボンをハサミで切って脱がせて 流水を当てて
痛みが治まってからガーゼをあてました と話すと

初めの冷却を褒められ
「でもな そのあと またしつこく10分冷やして50分休むを何回か繰り返すともっといい
 最近はケガもヤケドも医者が直すと思ってるかもしれないけど 最初はとにかく冷やす
 それしかないねん」 と言われた
b0138522_16475704.jpg
ほぼほぼ傷口からの感染の心配もなくなってあと一回通院したらおしまい
ほっとする

今日は 秋のお彼岸
遊びに行った公園の通り道に 彼岸花が咲いていて
「てるみん みてー すごい 綺麗なお花咲いてる なんていうんかな」
とはるちゃんが言うので

彼岸花って言うんだよ
この花が咲く頃にお墓参りに行くんだよ

と言うと
「なんで?」と聞かれ
みんなお墓で待ってる日っていわれてるよ
「まこりん も待ってるん?」
そうそう
まこりん も はるちゃんとてるみんがお墓参りに行く日にはお墓にいてくれると思うけど
でも 今日はまこりん は三ノ宮にいるからお墓にはいないよ
マコトさんのライブだから 多分もう早くに行ってギターで遊んでるよ
「そうだね 先に行っちゃったね」
うん
b0138522_16475835.jpg
はるちゃんのパンツ入れに まこりん のぐでたまパンツが一緒にしまってあって
まぁ。。。 そのままにしとこ


夕方から高橋マコトさんのライブに行くので
その前に私は宿題をはじめた
BOOのことを作文する宿題を依頼されていて
久しぶりにBOOのことを書いている
よくも こんなにすらすらと筆が進むもんだ と言うくらいエピソードも思うこともつるりんと出て来る
b0138522_16475666.jpg
「おベンキョー頑張ってるから持ってきてあげたわ」 とはるちゃんがままごとで作った差し入れと
おもちゃのお小遣いをそっと横に置いて行った
b0138522_16475796.jpg
振り返って遊んでる様子を見て見たら
また 台所からの本物がままごと道具に増えて行っている気がするけど
でも こんな風に遊んでるのを見ているのは 楽しく しあわせ
b0138522_16475733.jpg
昨日は斎藤ちえさんのバレーボール観戦仲間の方からメールが届き
今日のいろいろも含めて
お彼岸だなぁ と思う

こういう 繋がりを感じられるお彼岸を過ごせていることが ありがたくて 暖かくて うれしい

お墓の掃除は後日にして
今日はこれから まこりん の高校時代の音楽友達 高橋マコトさんのライブに三ノ宮へ
プロフェッショナルなギターにはるちゃんどんな反応するかな
お酒飲みたいから電車でと思ったけど
帰りを考えて 車で行こう
まこりん も待ってるだろうから そろそろ行かなくちゃ


【ライブ予定】

10月6日(土)  ライムカフェ(朝霧地区認知症カフェ)ライブ
 14時〜   場所 C0-OP大蔵谷集会室


10月11日(木) こずみっく 19:00〜
まこりん の楽器持ったミュージシャンが集まるライブになるかもよって あいこさんが言ってた
sarisariの円蔵さんが まこりん の楽器オールスター勢揃いだから楽しみにしててって言ってた






[PR]
by yokoiterumi | 2018-09-23 17:13 | 想い咲きほこれ | Comments(0)
b0138522_22101406.jpg

地元の敬老イベントで歌わせてもらった
小学校の体育館が会場で おじいちゃんおばあちゃんが大勢来られると聞いて
喜んでいただけるかなぁと 着物を着ることにした

体育館のような場所が私の声にはとてもあっているので
何を歌おうかウキウキと悩んで
まこりん のカラオケを使って 三線を弾きながら「ジパング」と「ふかく碧くとおく」 
三線のみで「安里屋ゆんた」と「十九の春」を歌うことにした

朝からはるちゃん用のおもちゃやお菓子を持って小学校へ
リハーサルをさせてもらい 
CDのチェックでまこりん のコーラスが体育館中に響くと
なんとなく 胸が一杯になる

カラオケで歌うこと
まこりん の思い描いている音の世界をそのまま再現しているカラオケで歌うことは
まこりん が生きていたら
カラオケは使わずに
まこりん のギターで歌うから
多分ずっと できなかったこと  しようという気持ちにもならなかったこと

いくつもの楽器を自分で演奏して音を重ねたまこりん の世界を
今こうして いろいろな方に聴いていただいていることが
不思議でもあり 幸せなことであり なんとも言えない気持ちが湧いてくる

b0138522_22101368.jpg
はるちゃんは 音響のおじさんの部屋に入り浸ったり
b0138522_22101349.jpg
初めて見るジャズのビッグバンドの演奏に思わず釘付けになったり

私の本番には 袖から何度か顔を出したものの
ステージに出てくることはしなかった
ジパングを歌い始めると
袖でオモチャのタンバリンを叩いている音が聞こえてきた
ほんの二節分くらいだったけど

集った方々は 0歳でおんぶで歌っている時から応援してくださってる地元の方も多くて
「大きくなったねー」
「おとーさんとバギーで保育所行ってたの見ていたのよ〜」
「かわいいね〜」
とはるちゃんにたくさん声をかけてくださった
 
皆さんのおかげで
とても気持ちのいい 楽しい 優しいライブができた
またひとつ 自信になった



はるちゃんと公園に遊びに行って餃子の材料を買って
夜は餃子で打ち上げすることにした
b0138522_22101344.jpg
はるちゃんがほとんどを包んだ
こんなこともできるようになった

それで私はいつもならフライパンで焼くのだけど
はるちゃんが包んだのを順番に焼きながら食べたいなと思って
ホットプレートを出した

美味しく食べ終えた後
電源を切って冷まそうとおいていたホットプレートに

はるちゃんが足をくっつけてしまい
「キャァー〜ーーー ーーー  痛いーーー 」
みると100円玉大くらいの皮が剥けていて
私もびっくり仰天
抱きかかえてお風呂で流水で冷やした

はるちゃん わんわん 泣いていた

私も心臓ばくばくしながら

カワムケテタ ウワァ ウワァ・・・
ドウシヨウ ビョウイン? エーー キョウハ シュクジツ


そこに ピンポーン
近所に住んでいる いつもはるちゃんにお菓子をくれるおばあちゃんが
「今日はイベントに行かれなくて会えなかったから」とお菓子を持ってきてくれた

あーー すみません ありがとうございます
実は 今 こういうわけで こんなわけで はるちゃん泣いてて
皮が剥けてて

「皮が剥けるのは ちょっと心配ね 赤くなってるくらいだったらオロナインとか塗って様子見てもいいかもしれないけど」
と一旦家に戻ってオロナイン軟膏と包帯を持ってきてくれた

インターネットであれやこれや検索して
皮が剥けるくらいで
皮が剥けてるから白いし・・・
冷やすのも早かったから痛がってはないけど
ひどい火傷は鈍感になって痛みも感じないという文言を読んでしまうと
なにからなにまで不安になり
やっぱり受診したほうがいいのかもしれない・・・と 
明石の休日夜間救急に電話した
内科的処置しかできないので救急本部に問い合わせて皮膚科の当直を聞くように言われ
119番をした
明石市内には皮膚科の当直が今日はないとのことで
外科の医師のいる病院を教えてもらって連絡した

b0138522_22101303.jpg
状況を伝えて 明日受診で良いのか 
夜にでも早く受診するほうが良いのか自分では判断ができないんですと伝えると 
看護師がドクターに伝えてくれて 
その様子ならば明日の受診で大丈夫ではないかと判断してくれた

はるちゃんは 今まで大きなケガや病気をしたことがないので
私もはるちゃんも 心臓が飛び出そうにドキドキした

明日の仕事を休みたい旨のメールを書いていて
後で読み返したら
落ち着いてるつもりなのに すごい誤字脱字だった
というわけで 4連休が決定した



いろいろ いろいろ
今 私にとって 大切な節目の前の混沌のような そんな時期に来ている気がする
まっすぐな私を感じながらゆっくり自分の心の動きを味わっていきたい

今日 歌った曲 
「黄金の国ジパング」  「ふかく碧くとおく」
やっぱり いい歌だった

いい歌だねとたくさんの方に声をかけていただいて うれしかった
ヤケドも大事件だったけど
それでも 今日の一番は カラオケで歌えたことだった







【ライブ予定】

9月17日(敬老の日) 人丸校区賑わいイベント 10〜12時 
人丸校区の行事で20分ほど歌います  明石市立人丸小学校体育館



10月6日(土)  ライムカフェ(朝霧地区認知症カフェ)ライブ
 14時〜   場所 C0-OP大蔵谷集会室


10月11日(木) こずみっく 19:00〜
まこりん の楽器持ったミュージシャンが集まるライブになるかもよって あいこさんが言ってた
sarisariの円蔵さんが まこりん の楽器オールスター勢揃いだから楽しみにしててって言ってた





[PR]
by yokoiterumi | 2018-09-17 23:38 | 想い咲きほこれ | Comments(0)

つまり おばあちゃん似

b0138522_22101451.jpg
まこりん はお母さん似なので  はるちゃんは  つまり おばあちゃん似
一緒に外食するときはお母さんがお支払いしてくれるのだけど
今日は敬老の日だからご馳走させてくださいと言うと
「そう じゃぁ これもお願い つけてもらって」と ポイントカードを渡された
こういうところが元気で長生きの秘訣

ずーっと喋り続けるおばあちゃんと それにウンウンと相槌を打つ私に
はるちゃんがヤキモチ
「はるかだって おしゃべりしたいのに  遊んでくれる人おらんし」

はるちゃんはお家で てるみんと二人の時いっぱいしゃべれるし遊べるでしょ
おばあちゃん いつも一人だから おはなし聞こうよ

というと
「おうちでは てるみんはいっつもお仕事して 遊んでくれへんし」と反撃

てるみんだって お家ではるかと遊びたいけどさ
最近お手伝い隊のはるかちゃんが テレビ見ててお手伝いに来てくれないし
と 大人気なく私も反撃

しかし 気にせずおばあちゃん喋る の図

こういうのが 穏やかで幸せ というんだと思う
ありがたいなぁと思う

b0138522_22101487.jpg
友人家族に混ぜてもらって 神戸の北部に梨狩り
梨狩りは私もはるちゃんも初体験だった
プラスチックの簡易ナイフをままごと道具のようにして はるちゃんも梨を切って食べていた
b0138522_22101262.jpg
小さい頃は よくぶどう狩りとか 芋掘りとか家族で行ったなと思い出して
こういう思い出は宝物だなと思う
非日常って 大事だなと思う
心の旅というか

親戚のおじちゃんおばちゃんの家に遊びに行くという経験が はるちゃんはないので
友人の家に遊びに行って 違う家族の中に入ってみるということが
とても豊かな経験になっている
はるちゃんだけでなく 私にとっても

b0138522_22101417.jpg
ちょっと不調続きのメーコ 
サンマの残りを盛大にあげて見たら
あなた やっぱり 猫だったんですね という食べっぷりで
あなた やっぱり オトコだったんですね というかっこよさだった

そして翌日から 便がにゅるにゅると出て(床に落ちていて)
今までの固い便が嘘のよう
よかったね〜〜
秋刀魚の油が腸にきいたのかなぁ などと考えていた

そしてその翌々日から ウンチはゆるさを極めて 
ズーーーっとお汁のようなウンチが
止まらず流れ続けている

明日か明後日にはお風呂で洗ってあげないとなぁ・・・


【ライブ予定】

9月17日(敬老の日) 人丸校区賑わいイベント 10〜12時 
人丸校区の行事で20分ほど歌います  明石市立人丸小学校体育館



10月6日(土)  ライムカフェ(朝霧地区認知症カフェ)ライブ
 14時〜   場所 C0-OP大蔵谷集会室


10月11日(木) こずみっく 19:00〜
まこりん の楽器持ったミュージシャンが集まるライブになるかもよって あいこさんが言ってた
sarisariの円蔵さんが まこりん の楽器オールスター勢揃いだから楽しみにしててって言ってた





[PR]
by yokoiterumi | 2018-09-17 22:42 | 想い咲きほこれ | Comments(0)

2018ククリの日

昨日 仕事を終えたあと姫路のPuuTeeカフェに新車で行った(中古車だけど)
木の匂いのPuuTeeカフェ  ホッとする
わたしになれる匂い

4年ぶりに歌わせていただいた
4年前は はるちゃんをおぶって歌った
いまは こんなんだけど
バンボスdeナイトVol.3 水島照美でゲストオファー ✌️
まこりん 追悼「想い咲き誇れ」で吉田拓郎を歌ってくれたバンボスさんの企画ライブで 
もう一組のゲストはsarisari

4年前のこの日に わたしは初めて バンボスさんやさえちゃんに会い
お客さんで来てくれていた sarisariのクミちゃんと円蔵さんに出会った
縁を作って来たのは まこりん で
関西に来てからのまこりん は 短時間でたくさんの人のつながりをつくってくれて
わたしが一人でもその気になれば歌える準備をしてくれていた感じもして
そういうことが得意な人ではないだけに 本当にすごかったなぁと思う
b0138522_21215129.jpg

ホスト役のバンボス一座は安定安心で落ち着いて歌を聴かせてくれて
最後の曲は 加川良の歌だった
まこりん が好きな歌だったので 準備してくれたのだと思ったら
泣けてきた
もちろんバンボス一座の歌が素晴らしくて泣けたんだけど
うたう前に 少しためらがちにしてるバンボスさんにさえちゃんが
「これうたうって言ってたじゃない」 とつっこんでるのも 
二人がやさしくて

sarisariは 誰よりも(わたしよりも)まこりん の楽器をたくさん使ってくれているクミちゃんと円蔵さんの
ユニットで minminを持ってきてくれていた
minminの楽器名の説明もしてくれた
忘れちゃったからまた聞こうっと
楽器を扱うときの円蔵さんは めちゃくちゃ カッコイイ
minminを円蔵さんが弾いてクミちゃんがフィドルを弾きながらうたってくれた
まこりん も喜んでると思うけど
それより何より minminが喜んでると思う
まこりん が持ってる時はおもちゃだったけど 円蔵さんが持ったら 楽器になっていた
b0138522_21193203.jpg

わたしは
ここ数日の天と地の大荒れに思うこともあり 祝詞奏上のような気持で歌った
つまり すごく自分勝手にうたった

いまの暮らしの中で 歌えるということがどれだけありがたいことで幸せなことなのか 
わたし自身がよくわかっているから
正直にうたった
 
週末の夜に 楽しく心軽くなる愉快な歌を選曲できず お客さんにわるいかなぁと
少し思ったけど しょうがない
歌いたい歌を歌った
こんなにわがままなライブなのに何かを通わせながら聞いてくださる方がたくさんいることを感じて
ほんとうにありがとうという気持ちでいっぱいになった

ギターの調弦は なんだかうまくいかず
間違ってとんちんかんなネジを回してしまい
バンボスさんに調弦してもらった
クリアーな音になって気持ちが良かった
調弦もできないのにギター弾いて歌うなんて って 思うんだけど
思うんだけども


はるちゃんは 見知らぬ人がたくさんいて 最初びっくりしながら恥ずかしがってまとわりついていた
「てるみんが お歌になったら はるか一人でいやや すぐおわってほしいねん」
なぁんて言ってたくせに
さえちゃんと遊び始めたら わたしのことなんて 多分どーでもよくなったようで
「てるみん あっち向いてて」

いいライブに参加できたなぁという嬉しい気持ち

なかなかの夜更かしになり はるちゃんは車に乗って1分もしないうちに撃沈
途中で一人打ち上げ用のビールを買った
雨もかなり強く降って来て
駐車場から楽器とはるちゃん抱いて歩いて帰る勇気が出ず
すみませんとつぶやいてマンションの前に 他の来客の車に並べて家に帰った
b0138522_21193533.jpg
みんなは 中華食べながらの打ち上げをしたというので
どこでもドアが欲しくなった
でも わたしもこんなに素敵なビール〜 夜遅かったので1本だけ飲んで余韻に浸った
やさしい気持ちで胸がいっぱいになって
なかなか眠れなかった



今朝は 昨日の出演料で 
約束どおり はるちゃんのキラキラ光るパンツを買いに行き
豪勢なお昼ご飯を二人で食べて 龍の湯に行って
旅行気分で過ごした

b0138522_21193813.jpg

「おやすみって いいねぇ〜」 とはるちゃんが手を繋いで歩いてるときに言い
ほんとうに
おやすみの日をこんなに穏やかに過ごせることが
ほんとうに幸せでありがたいことだなぁと 感じながら帰って来た


家に戻ると メーコさんのおしっこがすごいことになっていて
掃除している間にも また あちらこちらにおしっこ
綺麗になったと思ったら またやり直し
やっと拭きおわったと思ったら また違う場所におしっこ

とうとう・・・してはいけないと思いながらも声を荒げてしまった
はるちゃんがびっくりして飛んでくるような声で

もー〜ー 掃除終わるまでベランダに出ててーーー
入ってこないでっ
なんで こんなことばかりしなきゃいけないの
やること他にもいっぱいあるのに
自分のことなんて 何もできないのに


反省してる
でも 穏やかになんてできなかったんだ

あぁあ

という ククリの日






【ライブ予定】

9月17日(敬老の日) 人丸校区賑わいイベント 10〜12時 
人丸校区の行事で20分ほど歌います  明石市立人丸小学校体育館



10月6日(土)  ライムカフェ(朝霧地区認知症カフェ)ライブ
 14時〜   場所 C0-OP大蔵谷集会室


10月11日(木) こずみっく 19:00〜
まこりん の楽器持ったミュージシャンが集まるライブになるかもよって あいこさんが言ってた
sarisariの円蔵さんが まこりん の楽器オールスター勢揃いだから楽しみにしててって言ってた





[PR]
by yokoiterumi | 2018-09-09 22:02 | 想い咲きほこれ | Comments(0)

1年半目の命日

台風 過ぎていって やっぱり尋常じゃないと思い出しながら なんども思う
台風の2日前に 偶然はるちゃんと乗った船から見た場所がいくつも ヤラレタ

久しぶりに何かを 見せつけられたような思いになった
見せられてたという思いになった
でも  
慌てて わたしの場を飛び出すことはしない
b0138522_21581259.jpg
台風の翌日は まこりん の1年半目の命日だった
一年半か
。。。 えーーー ーっってことは
おいおい書くつもりだった 3月4日の水島誠追悼ライブ「想い咲きほこれ」のレポート
半年放置じゃん
それで半年以上放置確定じゃん・・・

b0138522_21575672.jpg
まこりん の好きなシチューと煮物とご飯を作ると
「ご飯にシチューかけて食べたら美味しいと思うねん」 とはるちゃんが
シチューかけご飯にした

あぁ ジューシィになった(沖縄の方言で 炊き込みご飯とか 混ぜご飯とか 雑炊とか) と思いながら。
20代の頃に八重山の踊りを教えてくれた竹富出身のちとよさんの家での踊りの楽しい時間の合間のおしゃべりを思い出した。
そういえば
「てるみちゃん 忙しい時は ジューシィにしたらいいよ 栄養一度にとれるから」って言ってたなぁ。
「仕事忙しかったからねー 3人の子を保育園に預けて朝と夜はジューシー。ジューシーでちゃんと大きくなるんだから大丈夫よ」って言ってたなぁ。

今まで出会った いろいろな人の言葉や仕草や、やっていた意味が 身にしみてよくわかるというのは
生きて暮らし重ねることでしか かなわないなぁと思う


b0138522_21580564.jpg
ウンチをきばってるところ↑
良い時悪い時の周期を幾たびも重ねながら だんだん子猫サイズになってきたメーコさんは
ブリ大根のブリを欲しがったので なるべく味のしみていないところをあげたり
鰹のタタキがある時は買ってあげたり
食べれそうなものをあげている
でも やっぱり良かったり悪かったり

以前は ちょっとーーー トイレでしてよーーー
と抱きかかえてトイレにストンとおろしたけど
今は メーコがんばれ がんばれ とはるちゃんと見守って応援してる

まぁ・・・
もう いいかげんにしてよぉ〜ーーと口とがらす事もあるけど

まこりん の1年半命日の翌日
北海道で大きな地震が起こった

2009年と2010年、2012年に北海道をライブしながら旅した時に
暖かく迎えてくれた方々 お世話になった方々 歌わせていただいたたくさんの場所
大自然のかみさまたち 
地図を見ながら そのまま自分の上半身にうつってきたような感覚になって
静かに撫でている

今夜からまた大雨
明日の夜は姫路でライブ

「母なる聖地」を歌おうと思っている
多分 これからは必ず歌うと思う まぁ・・今までも歌ってるけど

まこりん と恋人にもなっていない2012年に
まこりん のたくさんの御蔵入り作品をいろいろな人に聴いてもらう方法のひとつになるよと作ってあげた動画より







【ライブ予定】

9月8日(土)  バンボスdeナイト  姫路PuuTee café
9:00〜19:20 バンボス一座     19:25〜20:05 sari sari 20:10〜20:50 水島照美
b0138522_23335191.jpg

9月17日(敬老の日) 人丸校区賑わいイベント 10〜12時 
人丸校区の行事で20分ほど歌います  明石市立人丸小学校体育館



10月6日(土)  ライムカフェ(朝霧地区認知症カフェ)ライブ
 14時〜   場所 C0-OP大蔵谷集会室


10月11日(木) こずみっく 19:00〜
まこりん の楽器持ったミュージシャンが集まるライブになるかもよって あいこさんが言ってた










[PR]
by yokoiterumi | 2018-09-07 23:05 | 想い咲きほこれ | Comments(0)

焼き鳥食べたいねん

いま16時半
「てるみん みて あめとかじぇが やさしくなってきたよ」
b0138522_16161369.jpg
台風が 通り過ぎたと感じる風と雨になってきた
とはいえ まだまだゴーゴー音を立てていて雨も普段なら すごい雨だねというくらいの状況なんだけど
今までが凄すぎたので 小ぶりだねーと思える不思議

ドロシーのお話の大嵐ってきっとこんなんだったんだったのかなぁと思うような風が吹いていた
明石市は前日のうちに小学校休校が決まって JRも10時までしか動かさないというアナウンスが前日にあり
みんなで命を守ろう という社会の意識の置き場所に 尋常じゃないんだなぁと感じる
おかげで わたしの職場も休みになり はるちゃんと二人で自宅で過ごしている

台風か来る前に いくつかのことがあって
一つは 
TACO-MUGEN FES 2018@別館神戸少年  おもしろかった
b0138522_16085369.jpg
はるちゃんが カウンターで番茶を飲む姿も なかなかなもの
色々なジャンルのアーティストが出演して はるちゃんにはかなり刺激的だった
ピアノの弾き語りやラップやロックやポップスやフォークや
いろいろな人が いろいろな表現をしてるんだなぁ
わたしは 直球ストレート
まこりん が カーブ投げてもフォーク投げても てるみんはストレートにしちゃうなぁと言ってたけど
ストレートなの
水島誠の曲と水島照美の曲とを歌った
心地よかった   
・・・が わたしが歌ってる時にはるちゃんが大はしゃぎで
歌いながらアイコンタクトならぬ目力でコラァと念を送ったけど
はるちゃんの笑い声が高らかに響いていた
b0138522_16153313.jpg
帰り道の
夜の繁華街は ほんとに久しぶりで
いろとりどりのセカイの色の匂いがした

場違いな街の場違いな時間に少し緊張しながら
何かを探しているのか 何かから逃げているのかわからない子どもみたいに 
はるちゃんと二人で大人の間をすり抜けて駐車場までもどった
それらも含め全てが 面白かった

誘ってくれた ヒグチさんは 花子Baby'sの「はるか」のCD制作の時にミキシングを手伝ってくれた恩人
おかげで はるちゃんも泣き声と笑い声で参加した家族総出演の音源が収まった
出会いは4年くらい前のこずみっくだった
ヒグチさんのまっすぐな歌にも 大事なこと思い出した感じがした


翌日曜日は たまたま朝テレビでやってた女性船長の神戸観光船ファンタジアに乗りたい〜〜
というので 船に乗りに行った
台風の影響が少しづつ近づいている気配のある風と海の様子だった

以前は
嵐の来る前に 意図して よくこういう場所にお参りに行きたくなることがあった 
海と川が交わる場所
それで そんなこと忘れてたけど 偶然 くることになった
それでも わたしはあまり気にしていなかった

そしたらはるちゃんが 
「てるみん 川と海がくっついてるなぁ」といきなり言うので
びっくりして
手を合わせた
大難が小難になりますように 
ありがとうございます
b0138522_16093789.jpg
海の上から神戸観光
張り切って一番前に座って  正確に言うと 一番前はメルちゃん人形なんだけど
張り切って地ビールとオレンジジュース買って
しばらくしてキョロキョロすると
昼間だからか 周りの人はみんなコーヒー
おかわり買いに行く勇気なし😥
もう1本飲みたかったなぁ、、、、、

と思ってたら はるちゃんが
「てるみん 今日は焼き鳥食べたいねん」

いいこと言う〜〜
さすがまこりん の娘

でも 焼き鳥を二人で食べに行ったことはないんだけど・・・???
一度友人夫婦と居酒屋へ飲みに行った時に確かに焼き鳥食べたと思うけど・・・
一体だれの操作やら

明石駅前の居酒屋にお二人様でロールカーテンを下ろして 焼き鳥盛り合わせ
まこりん がいたら 泣いて喜ぶはず
まぁ多分 喜んで一緒に座ってるんだろう 向かいの席に
飲みたそうなのでわたしがたくさん のんどいた 280円のタイムサービスだったから
b0138522_16095125.jpg
そして台風前日の昨夜
思いがけず準備が早く終わったのでと 新しく家族になる車がやってきた
わたしも とうとう神戸ナンバー
18歳で車に乗ってから今まで7台目
なんやかやと 一番身近な男性にいつもいつも車を買う時に何から何までをしてもらってきたので
全くわからず

今日は保険会社に連絡したけど
言ってる意味がさっぱりわからず
「すみません  わからないんです」
とゼロから説明してもらい
説明を聞くとどうしていいのかさらに分からなくなり
ほとんどの方はこうしてますというアドバイスをそのまま鵜呑みにして設定
そんなこんな の スペード号
でもはるちゃんは「新しいボンゴちゃん」と呼ぶので 今まで通り ボンゴと呼ぶかなどうかな

b0138522_16095899.jpg
ボンゴほどわたしを鍛えてくれて わたしを守ってくれた車はなかったな
初めての車中泊は 2010年10月の淡路島サービスエリア
忘れられないたくさんの人との出会いを支えてくれて
涙と笑いをいっぱい受け止めてくれた相棒だったな
ありがとう
b0138522_16095474.jpg

【ライブ予定】

9月8日(土)  バンボスdeナイト  姫路PuuTee café
9:00〜19:20 バンボス一座     19:25〜20:05 sari sari 20:10〜20:50 水島照美
b0138522_23335191.jpg

9月17日(敬老の日) 人丸校区賑わいイベント 10〜12時 
人丸校区の行事で20分ほど歌います  明石市立人丸小学校体育館



10月6日(土)  ライムカフェ(朝霧地区認知症カフェ)ライブ
 14時〜   場所 C0-OP大蔵谷集会室


10月11日(木) こずみっく 19:00〜
まこりん の楽器持ったミュージシャンが集まるライブになるかもよって あいこさんが言ってた


[PR]
by yokoiterumi | 2018-09-04 16:57 | 想い咲きほこれ | Comments(0)

ガラガラ声で言ってん

昨日日曜日は 明石市の施設で自由参加の工作があったので
バスで出かけていった
折り紙でカニやヨットの折り方を教えてくれて台紙に貼って完成した後
担当の方が
「素敵にできたね 誰に一番に見せたい?」と聞いた
『まま』とはるちゃんが言って
「うん ままね ママと一緒に作ったんだもんね それで お家帰ったら誰に見せるの?」

キタキタキタ〜〜〜〜
キタぞ〜〜〜〜

『メーチャン』
「メーチャン?」
『猫がおるねん』と 堂々とはるちゃん

「そうなの  それから? 
 素敵にできたから パパにも見せてあげてね」

『パパいないもん  死んじゃったから おらんねん』

あまりに自然すぎて 担当の方が
ふつうに「あらそうなの じゃぁ お部屋に飾ってね」


すごいな
はるちゃん


b0138522_21490108.jpg
あれやこれやあって 迷いに迷って
一度払った千円の手付金を返してもらった 車購入大作戦
とあるところから
10万円ほど安く買えることになって正式にお願いしてお支払いをした
手付金を返してくれた会社の方には 少し申し訳ない気持ちだけれど
大人の世界はこういうものと 気にするわたし自身に言い聞かせている

ボンゴに乗るのも後10日ほど

はるちゃんが
「てるみん ボンゴちゃん洗ってあげなあかんな」
というので
そうだね と返事すると

はるちゃんが2歳11ヶ月の時に まこりん とわたしが喧嘩した日の話をとうとうと始めた

「てるみんとまこりん が喧嘩して てるみんが買い物行って はるかはまこりん と車洗いに行ってん
まこりん がはるかにラムネをくれて はるかはラムネを落としちゃってん
そしたらまこりん が はるか気をつけるんだぞって ガラガラ声で言ってん
それでまたラムネくれてん
なんで てるみんはまこりん と喧嘩したんよ
はるかはかなしかってん
ごめんね ゆいいよ まこりん に
ボンゴちゃん まこりん と一緒に洗いに行ったところにまた洗いに行こうな」

この時のことをはるちゃんが思い出して話すのはこれが3回目くらいなんだけど
ラムネのくだりは 今回初めて聞いた
本当のことだったのか まこりん に対しての印象なのか
まこりん とはるちゃんにしかわからないことだけど

まこりん と確かに一緒に過ごした時の情景や心の動きを はるちゃんが覚えているということが
年齢的には奇跡的なことで
私たち家族3人の宝物だなと思う

映像として心や頭に残る記憶があるんだろうな
その映像を見るように思い出すとしたら 年月を経て感じ直す思いや景色があるのかもしれない

今日保育所にお迎えに行くと
先生が はるちゃんが絵を描いた紙の裏にお手紙を書いていて
なんて書いたのか聞いたら とても素敵だったので
書き添えておきましたと 渡してくれた
b0138522_21493562.jpg
てるみん ずっとしんじてるよ
ずっと だいすきだからね
ママとはるかのこころ つながっているからね
はるかへ


こういうところ
わたしに
とても似ている 見てるんだろうな
人の振り見てじゃないけど
ほんとに写し鏡だな

大きなお昼寝おねしょの荷物を指差して
「サンタさんみたいやねん」と自分で笑って見せるところも

今日も最後のお迎えになってしまったのだけど
やはり気持ちがきゅうきゅうとなるので
しばらく というか・・・今後は 
最後のお迎えになってしまう時間までの勤務は外してもらうことにした

職場の先輩ママ保育士に色々と話を聞いてもらい
何を大事にするのか どの程度ならOKなのか
最低限どうでなければならないのか
自分の生活を良く考えて 子どもの生活も考えて
働き方も勤め先も決めていかないとと言われ
頭で考えてもぐちゃぐちゃになるから
書き出してみなよと言われた
b0138522_21491933.jpg

まぁ・・・
甘いとは思うけど
わたしは 
なんとかなるという 根拠のない自信があって
こうでなければならないっていう考えも あまりないので
心が動くままに 心の命ずるままにしてみようと思う
それで困ったら
きっといろんなひとが助けてくれるから〜 という他力本願で

ここ最近7割の確率で夜ご飯は 冷やしサラダラーメン
朝ごはんは9割の確率でおにぎりと卵焼きと漬物
栄養がとか気にすると 買い物も含めて 自分のできないことばかりが気になってしまうけど
いいじゃんいいじゃん それでいいじゃんと 自分で納得したら
朝や夜に イライラすることが減った

家で今一番大事なのは できることに満足することっていう気がする





【ライブ予定】
9月1日(土) 三宮・別館神戸少年   神戸市中央区中山手通1−6−8 (三ノ宮駅より徒歩5分)
「TACO-MUGEN FES.2018」
出演/ヒグチカズヤ、アトリエバンド、水島照美 and more...
私は18時20分からうたいます
きてね
b0138522_23341301.jpg

9月8日(土)  バンボスdeナイト  姫路PuuTee café
9:00〜19:20 バンボス一座     19:25〜20:05 sari sari 20:10〜20:50 水島照美
b0138522_23335191.jpg

9月17日(敬老の日) 人丸校区賑わいイベント 10〜12時 
人丸校区の行事で20分ほど歌います  明石市立人丸小学校体育館



10月6日(土)  ライムカフェ(朝霧地区認知症カフェ)ライブ
 14時〜   場所 C0-OP大蔵谷集会室


10月11日(木) こずみっく 19:00〜
まこりん の楽器持ったミュージシャンが集まるライブになるかもよって あいこさんが言ってた






[PR]
by yokoiterumi | 2018-08-27 22:48 | 想い咲きほこれ | Comments(0)