ゆっくりあるこう   by照美 yokoiterum.exblog.jp

大自然のかみさまと おなじほしにうまれたいのちにであう旅 唄いながら旅しています ~照美 


by yokoiterumi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ:想い咲きほこれ まこりん逝って2年目( 56 )

はるちゃんは 最近 字を書きたいと言い始め
家では あまり時間がないので
ほとんど教えてあげていないのだけど
保育園で ともだちから教えてもらってくる

先日の持ち帰り作品はこれ
お友達が漢字を書くと言って先生に聞いているのに便乗して
水 の字を書いた
はるちゃんが生まれて初めて書いた漢字は
水 だった
b0138522_08221999.jpeg


昨日は まこかーさんの91歳の誕生日だった
帰りにはるちゃんとケーキ買いに行き
一緒にお祝いした
b0138522_16454949.jpeg
はるちゃんは内緒で準備したり
お祝いすることを喜べるようなり
盛り上がった

91歳
おかーさんの誕生日を
今後 何十回も一緒に過ごすことはできないとわかっているから
ひとつ ひとつ とても大切だということ
素直にはるちゃんに伝わると思う

年老いて一人で暮らし続けるということは
衰える自分を受け入れて
考えて工夫して
これが難しくなったらこれというように
しがみつかず柔軟になれることが大事なんだなぁと おかーさんを見ていて思う

b0138522_16445335.jpeg
明日は朝から横浜へ
6時の新幹線に乗るには何時に起きたらいいんだろ
最近
お布団恋しい季節なので起きれるか心配

横浜へ行くならやりたいこと、会いたい人、行きたい場所
書き出したり、連絡したりしかけたけど
今回は おかーさんの為だけに動くことにした

長旅と、おかーさんの要望と、不安はいろいろあるけど
山形に行くことは
とても嬉しい

さあ
どんなことが待ってるかな
楽しみ 楽しみ

【ライブ予定】

12月16日(日)  長田 六間道商店街  エイサーペイジェント
         この日はカラオケを使って「花子Baby's」のレパートリーを歌おうかと思っています
b0138522_23524946.jpg

12月23日(日)  奈良 大倭紫陽花邑 「直会演芸会」


1月17日(木) 舞子 こずみっく てるみんを囲んでほっこりライブVOL4「まこりん の楽器を持って集まろう その2」


3月3日(日) 舞子 こずみっく 「第2回 想い咲き誇れ」

[PR]
by yokoiterumi | 2018-12-13 08:11 | 想い咲きほこれ まこりん逝って2年目 | Comments(0)
今週末に横浜経由で山形へ行くことになり 
心も体もガサゴソとしながら 台風に巻き込まれているみたいに過ごしている

メーコにかけていたエネルギーは私に戻ることなく
横浜のおかーさんのことに ただ移動しただけで 質量は変わらない
あー 質量だって 
物理の問題みたいだぁ

たしかに・・・物理のテスト中みたいなんだ
つまり 理解納得して策を練るわけではないってこと
わたし 物理で10点とったことあるもん 高2の時
でも 正直に言えば 全くわからなかったから
0点にならなかったのが不思議なくらいでびっくりしたもん

でもそのテストで100点とってる男子がいて
もっとびっくりした
世の中には 頭の構造が違う人間が すぐ近くに存在するんだと認識した出来事だった

あと
わからなくても直感で答え書いてたら10点ゲットできるってこと
だから 腹を括ったら あとは直感

いろいろあり
髪の毛を染められなくて半分白くてみっともないと おかーさんが電話で言うので
久しぶりに帽子を編んだ
毛糸は まこりん に編んだ帽子の余りで
デザインは まこりん のおかーさんに編んだ帽子とおんなじイメージで てきとうに
b0138522_23053041.jpg

横浜のおかーさんの 一時入所施設の期限が12月末で
弟たちが探してくれていた本入所する老人施設が見つかり
今後長く暮らすことになる施設の契約をした
全てをおかーさんに話すときがきて

それは 弟が背負ったわけだけど

もちろんゴタゴタぎしぎしとして 私の電話も今まで以上によく鳴った

いろいろな事情があって 
いま弟が主に はるちゃんのいとこにあたる子どもの保育園の送迎をしていて
閉園までの迎えでは残業ができずに仕事は溜まりっぱなしになり
朝は開園と同時に入室しないと間に合わないらしく

「ねーちゃん 今日も保育園一番乗り まぁ毎日だけどね
 だからさぁ・・・ 子どもに悪いなぁって思うけどさー
 やったー 一番だね〜 せんせー独り占めだね〜 っていうしかないよね」

うんうん
一番って結構いいんだよ〜
はるかも一番大好きだよ〜

と相槌打って

「ねーちゃんよくやってるよねー 一人で」

そーでしょ もっと褒めて褒めて〜

と言いながら
弟の方がよくやってると思う
私は器用で容量がいいから サボってもよくやれちゃう 
大抵のこと

でも
弟は天才的に容量が悪くて不器用だから
頑張って 私のサボり気味程度だと思う

これバカにして言ってるんじゃなくて
自慢して言ってるんじゃなくて

こういうことってあると思うんだ

電話の向こうで
「とーちゃんお腹すいた〜」
「ダイエーでご飯買って帰ろ」
と聞こえて
頑張れよ  と思う

近くに住んでいたらなぁとも思うけど
そうしたら 多分 あれこれあれこれ 
おかーさんのこともあり
わたしがまわらないだろうから

明石に連れてきてくれたまこりん に
感謝している
まこりん が守ってくれていると 思っている
b0138522_23243722.jpg
わたしが帽子を編んでるのを見て はるちゃんもやりたいと言うので
リリアン編みを教えたら
3段編んで
「はるか もー あきた〜」



老人施設のことを どんな風に話そうかいつ話そうか 
わたしも昼間の3時間なら日帰りでいかれるよと 相談している頃
このタイミングで 山形のいとこが結婚することになり招待状が届いた

話は とんでもなく飛躍して
行かないという選択肢はないだろうから
山形へいつ どう連れて行くかということになり
礼服を取りに一時帰宅はどうするかだの
旅行の支度はどうするかだの 二人で分担してどうするかだの
ゴタゴタとして
行きはわたしが 帰りは弟が付き添うことになった

こういう日程で 明石を出て横浜へ行ってお母さんを連れて山形へ行くよ
山形ではこう過ごして
わたしは日曜日の午後に 神戸で歌うことになっているから
山形から飛行機で朝帰るよ

と手紙を書いて伝えたら
わたしに無理をさせて悪いと思っている様子で
今日は何度も電話がきた

それで 
お前が山形に行きたいのなら 行ってもいいけど
そうじゃないなら 行かなくてもいいと言う

多分
「わたしが行きたいから 一緒に行こう」 と言えば
おかーさんの気持ちも楽になるし満足なんだろうと思う
小さい頃からそうだった
それで 
自然に 自分の気持ちに蓋をして 
おかーさんが言って欲しい答えを言うようになっていた

でも今日は 「わたしが行きたいから 行こうよ」と 言わなかった

ここで おかーさんが求める答えを言えばいいのかもしれない
もう おばーちゃんのおかーさんに 合わせて喜ばせたらいいのかもしれない

でも わたしの中のわたしが もうそう言うのはいやだーーーーと悲鳴をあげていて
余裕のない今 これ以上わたしをわたしが見放すことはできなくて言えなかった
「おかーさんが決めたらいいじゃん  どんなんでもしてあげるから」と答えた

どうしたらいいか分からない と電話の向こうで半分怒りながら泣いていた
おかーさんが判断できずに大きく気持ちが乱れているのもわかりながら
「おかーさんが決めな」と言った

電話は
はるちゃんの相手をしながらだったり
車を運転しながらだったり 
家事をしながらだったりなので

耳が聞こえにくいだけでなく
なぞかけ問答のように ハッキリ言わずに言わせようとするおかーさん相手に 
どんどんイライラしてしまい
話し方がぶっきらぼうになると はるちゃんに
「もっと 優しく話したりよ〜」 と注意された

何十年後かのはるちゃんに 録音して残しとこうかと思う台詞
はるちゃんも
わたしに容赦なくイライラするようになると思うで〜〜〜

でも
イライラしながら  子どもは親に
ごめんね って思ってること
てるみんは忘れないようにするっ




【ライブ予定】

12月16日(日)  長田 六間道商店街  エイサーペイジェント
         この日はカラオケを使って「花子Baby's」のレパートリーを歌おうかと思っています
b0138522_23524946.jpg

12月23日(日)  奈良 大倭紫陽花邑 「直会演芸会」


1月17日(木) 舞子 こずみっく てるみんを囲んでほっこりライブVOL4「まこりん の楽器を持って集まろう その2」


3月3日(日) 舞子 こずみっく 「第2回 想い咲き誇れ」





[PR]
by yokoiterumi | 2018-12-10 00:08 | 想い咲きほこれ まこりん逝って2年目 | Comments(0)

潔いのと疎いのと

メーコが逝って1週間目の今日
はるちゃんが熱を出し 久しぶりの棚ぼた休暇となった

1週間はあっという間のような 長かったような
心がまだ硬いままの週末は 友人が出店する湊川神社の手づくり市に出かけて行き
大好きなテントのコミュニティにこそっと入り込んで
空間旅行をして そのまま友人の家に一緒に帰り
ご飯をご馳走になった
b0138522_22580231.jpg
仕事が始まれば 通勤の車の中で
メーコの最後の1週間のことが なんどもなんども繰り返し思い出されて
そのときには全く感じなかったいろいろな動作に
ちゃんと意味があったことを感じたり
でも メーコ自身は死期を感じていなかったなぁと思ったり
特に最後の2日間の 太い生き様が
まこりん が亡くなった時の2日間ととてもよく似ている感じがして

かっこよく潔いと言っていいのか
現状把握が疎いと言っていいのか
潔いのと疎いのとでは 言葉の意味はだいぶ違うけど
でも そんな感じだったよなぁと
迷うところだけど 
別にどっちでもよくて
気がついたら もう約束の時がきていた という
最後までゴールに気づかないまま人生を走り抜けるような感じが

人柄というのか猫柄というのか なんていうのか
爽やかな感じさえして 
(なくなる四日前には おしっこやウンチの掃除が大変でもうやだとか言ってたくせに)
その イノチらしい生き方であるっていう 自然が大切なんだなと教えられた気がする

今日は もったいないけど ぬいぐるみについてたウンチを洗って
はるちゃんと 羊だし このぬいぐるみの名前を「メーコ」にしようと決めた

b0138522_23314806.jpg
足の怪我も ようやくお風呂解禁になり
足を上げて入らなくてもよくなった
でもまだ お風呂から出たら薬塗ってガーゼ
もうすぐ1ヶ月になる
お〜〜〜 ほんとに全治1ヶ月の怪我だった



平日の昼間にしか電話のつながらないテレビの不具合のガイドにも
予定外の平日休みのおかげで電話することができ サポートしてもらって
久しぶりにテレビがついた

久しぶりにつけたテレビで秩父の龍勢が映り
なんども旅した秩父の町並みや 
登山した武甲山の様子も映り
気がついたらはらはらと涙が流れていた
はるちゃんがびっくりして  
「ママが泣いたらイヤや」と言って 泣いた
b0138522_23314009.jpg
なんていうのか
いろいろなところへ旅したおかげで
すぐに その場所に心が還る

今はそう簡単に動けないけど
それでも 還る事ができるのは嬉しい事で
祈ることもできるということなのかもしれない

平成最後の12月
思いがけず
何年ぶりかで山形へ行くことになった
横浜におかーさんを迎えに行き おかーさんを連れて山形へ
はるちゃん連れなので なかなか自信が湧かず
ずいぶん心が迷子になったけど
今日 腹を括った
まぁ なんとかなるだろう

棚ぼた休暇は ゆっくり考えて結論を出す時間も与えてくれた
腹をくくったら わたしらしいなと気持ちが楽になった

まぁ  私は潔いクチだと自分では思ってるんだけど
ひょっとして見方を変えたら 疎いのか・・・?


【ライブ予定】

12月16日(日)  長田 六間道商店街  エイサーペイジェント
         この日はカラオケを使って「花子Baby's」のレパートリーを歌おうかと思っています
b0138522_23524946.jpg

12月23日(日)  奈良 大倭紫陽花邑 「直会演芸会」


1月17日(木) 舞子 こずみっく てるみんを囲んでほっこりライブVOL4「まこりん の楽器を持って集まろう その2」


3月3日(日) 舞子 こずみっく 「第2回 想い咲き誇れ」






[PR]
by yokoiterumi | 2018-12-06 23:54 | 想い咲きほこれ まこりん逝って2年目 | Comments(0)

なんだこりゃ

メーコがカラダを返してから5日経った
朝晩のウンチやおしっこの掃除はしなくてもよくなり
リビングのホットカーペットの上で
だらりと寛いでご飯を食べれるようにもなった

ときどき あれっ  おしっこの匂い・・・?
プーンとにおう気がして
まだ 掃除しきれてないところとか 匂いが染みついてしまったとこもあるんだろうな
でも おしっこくささが なんだかほっとして
あれだけ嫌だったのに
なんだこりゃ

b0138522_22450848.jpg
はるちゃんが おしゃべりぬいぐるみの手を指差して

「ねー〜ー この茶色いのなに・・・?」

んっ?
もしかして・・・
くっさ〜〜〜〜い
やっぱりーーーーーー  メーコのウンチだぁ〜〜〜

「ウンチ〜〜〜〜  メーコーーーーー」

二人で大笑い

「どうするん?」

えっ 洗うけどさ
でも もったいないから しばらくこのままにしとく?

「うん もったいないもんね メーコのウンチ」

ばっかだね〜〜〜〜私たち
ウンチがもったいないんだって〜〜〜

ともう一度二人で大笑い
なんだこりゃ
b0138522_22453065.jpg
それで 偶然見かけた 鍵をかけるマグネットが
わぁメーコみた〜い と買ってしまう

私って こんな人だったのか
新しい自分を発見した



ここ最近は洗濯物も乾きにくいし 
洗濯にかかる時間と労力も ぎゅうっとしぼり出す感じの日もあり
優先順位からすると後回しにしても支障がないので
無理するのやめて 週の後半は洗濯しなくてもいいことにした

週末にはホームセンターにメーコの餌やシーツを買いに行っていたので
併設のコインランドリーの乾燥機で三日分くらいの洗濯物の乾燥をしてしまうことにして
週後半の洗濯物は一度に家で洗って コインランドリーへ
b0138522_22471369.jpg
はるちゃんも遊び感覚でお手伝いしてくれるのと
買い物してる時間に乾燥が終わって畳んで帰れるので
家で はるちゃんの相手をする時間ができるもん

コインランドリーは 一体どんな人が何の用で使ってるんだろうと思ってた
別に特別のことはなにもなく
大きな乾燥機 大好き




[PR]
by yokoiterumi | 2018-12-04 21:24 | 想い咲きほこれ まこりん逝って2年目 | Comments(0)

夫の友人の居候で恋敵

11月30日の朝 
いつもより1時間ほど早く起きて
最後に はるちゃんが メーコにお手紙を書いて入れて
蓋を閉じた
b0138522_10153997.jpg
蓋の上にピンクの掛物をして
本人の意にそうかどうかはわからないけど
メーコという名前にぴったりの棺にして
送り出すことにした
b0138522_07234871.jpg
メーコは一度だけ 開けっ放しのこのドアから外に出たことがあって
まこりん が この世の終わりのように慌てて探し回ったっけ
外階段の隅にいたメーコを捕まえて
「おまえ なにしてんの ダメだろっ もー やめてっ」
とおかーさんみたいにメーコに文句言ってたな

b0138522_07230402.jpg
ボンゴフレンディには メーコは何度も乗った
青梅から横浜に来る時
横浜から明石に来る時
昨年秋から10回くらい通院した病院に行く時

新しいスペード号に乗るのは初めてで
はるちゃんは いつもは助手席に座るけど
「今日は メーコとお隣するねん〜」と後ろに乗った

はるちゃんを保育所におろして 動物霊園への道すがら
やっと メーコと同等に同じ目線で語り合っているような気持ちになって
不思議な気持ちを味わった

それでも どこかで心の鍵は自分で固く締めていて
隙間を作らないように緊張している自分も感じながら



ナビに従って到着した動物霊園は
出勤前に行くのでというわがままを聞いてくれて早くからストーブをたいて部屋を暖めて待ってくれていた
受付票に メーコ 18歳と書いて オスに丸をつけたけど
箱もピンクだし きっと 気が動転していると思われてるかもなぁと思いながら

b0138522_07231738.jpg
案内された火葬場は
思い描いていた見かけとは だいぶ違っていて
それが逆に
留まるのではなく 体だけを返す手続きで あとは自由になる感じがした


まこりんの親友が北海道から弔電メールを送ってくれた
メーコの冥福を祈って!
メーコは水島が瑞穂のボロ家に住んでコープのバイト中、拾ってきた。
ひめの様に育てたいと言いながら、水島は臆病な性格と
大家に文句を言われたらしく、家から出してもらえない境遇となった。
外猫が窓の外で遊ぼうと声をかけても出してもらえないメーコ。
俺はこんな可愛いそうな飼い方出来ないと思ってた。
案の定、臆病で水島以外に懐かない猫になっていった。
ある時、俺にメーコを預かってくれと言うので旅行にでも行くのかと思ったらどうやら自分の自由が縛られるので手放したくなったようだ。
俺に怒られ、寺でも断られた。
メーコ、実に可哀想な東京でのにゃん生だと思っていた。
明石に行き、水島以外の家族が出来た事で後半のにゃん生が幸せであれば良かったと思う。



b0138522_10151839.jpg
昨晩 色々なものを定位置に戻した
おしっこウンチのことは1年半前からのことだたけど
同居にかなりの支障が出てきたのは
ほんの2、3ヶ月のことだった

部屋を元に戻したら
元気なまこりん と元気なメーコがいるような感じがして
なんだか賑やかになったような気持ちになった

このお正月には まこりん の喪が明けて 
はるちゃんとお正月をしようと考えているけど
その喪に服している期間 
メーコはそばで見守ってくれていたんだなぁと思う

メーコのおかげで(せいで)
大きく動くこともせず 長旅に出るようなこともなく
お世話をしなければいけないので 適度な気のハリがあり
何より
愚痴を言うという私のはけ口を作ってくれた

ペットというには違和感がありすぎの
夫の友人の居候
まこりん の膝や布団を占領する恋敵だったこともあった

今まで見送った二人の夫の誰よりも
一番お世話と介護看護をさせてくれたメーコ
看取らせてくれてありがと

でも やっぱり なんだか 
まだまだおちつかない

はるちゃんも私も メーコを抱いてたわけじゃないのに
なぜか 昨日からずっとぬいぐるみを抱っこしてるとこ

[PR]
by yokoiterumi | 2018-12-01 10:48 | 想い咲きほこれ まこりん逝って2年目 | Comments(0)

メーコの約束の日

今朝 目が覚めて
今日はどんな感じかなぁ  散らかってるかなぁと
いつものように
おそるおそるメーコの部屋をあけると
いつにも増して床はウンチまみれだった
ずいぶんがんばって 大きなウンチを出し切ったようなメーコが
力を使い果たしたような気配で寝ていた
メーコと呼ぶと
小さな声で メーー と鳴いて答えた

何度か経験している そのときの空気が流れていて

わかってしまった

今日は メーコの約束の日かもしれない

はるちゃんを起こす前に部屋を掃除して
シーツを全部新しくして 水を新しくした
水は背の高い入れ物と 低い入れ物と 二つ用意した
姿勢を保つのも大変かもしれないと思って
それで
一口だけ 器を近づけて 水を飲ませた

メーコ用にボロ布を用意してあったけど
新しいバスタオルを裂いてかけた

b0138522_20313179.jpg
はるちゃんに
もしかしたらメーコは 今日体を返すかもしれないから
ありがとうとがんばってねしよう と言った

はるちゃんが撫でて メーコー と呼ぶと
頭を持ち上げて メーメーと鳴いた

出がけにもう一度行ってくるねをして

今日はカーテンを閉めたままの方がいいような気がして
薄暗くして出かけた

b0138522_20314804.jpg
出勤する車の中で
あー そうか メーコは私が魔女だった時に 一緒にいてくれたんだっけ
この前は先に死んじゃってごめんね
とふと思い浮かんで

自分でも 私変だよなと おかしくなりながら でも妙に納得できて
そうなのかもなと思った


職場で
10時過ぎ頃に ありえない状態で時計が壁から音を立てて落ちた

時計が落ちた原因をみんなであーだこーだと言いながら
私はメーコが逝ったのかなと思っていた

仕事を定時に終えて
はるちゃんを先に迎えに行くか 一度家に帰るか少し迷った

はるちゃんに一緒にいて欲しいような気持ちもあった
でも
はるちゃんには もう十分だろうと思って

一人で家に帰った

やっぱり 冷たくなっていた

最後のおしっこはたくさん出ていて
朝のウンチもそうだけど
出し切って逝ったんだなぁという感じがした

はるちゃんを迎えに行くまでの20分ほど
部屋を片付け 掃除をして メーコが入れそうな箱に
シーツとバスタオルで寝床をつくっておさめた

ぐぐっと涙がこみ上げてきた

昨夜 ダンボールの上に乗って
高い場所からこの世を見ているような様子をしていたメーコの姿が浮かんだ

明石の動物霊園に電話して 明日の朝連れて行くことになった
開園が9時のところを仕事の都合で8時半にと無理言って
開けてもらうことになった
この前私が膝を怪我した公園の近くにあることがわかった
b0138522_20322349.jpg
はるちゃんを迎えに行き 車の中で話した
「いややー メーコーーー いややーー ママがメーコのこと怒ったからやー」
「なんで死ぬん? みんな死ぬん? てるみんも死ぬん?はるかも死ぬん?」
とひとしきり泣いたはるちゃんと お花を買いに行った

菊の花を手に取ったら
はるちゃんが「ピンクにしようっと」とカーネーションやスイートピーをカゴに入れ出したので
菊を全部返して ピンクの花ばかり買った
b0138522_20324432.jpg
はるちゃんは メーコに大事なおもちゃをあげると並べて
10分ほどして 「やっぱりあげられない ごめんねメーコ」と引き上げていた

夜ご飯を作る気にもなれなかったけど
こういう時はカレーに限ると カレーライスを作って食べた

なんて言うのか
寂しさも悲しさも じわりじわりとくるんだろう


私のことを鍛えてくれた男性の一人だったな

ありがとう メーコ


まこりん メーコそっちに返すね
b0138522_20325158.jpg
しとしと しとしと なみだが落ちる



[PR]
by yokoiterumi | 2018-11-29 21:26 | 想い咲きほこれ まこりん逝って2年目 | Comments(3)

お手柔らかにね

b0138522_19561560.jpeg
「足の爪を切ってー」
とはるちゃん

あれ はるちゃん なんで手の指は短いの?
「だって 足の爪は食べられへんの」

ふーん
…はーっ?
手の爪は食べてるの?

「うん」

次から食べないで 爪切ってって言ってね
b0138522_20030120.jpeg
今日 帰ったら メーコがいなくて
あちこちさがした
他の部屋には入れないので
ベランダ?
雨なのに?
もう真っ暗なのに?

はるちゃんと2人で メーコ めーこと呼んでさがしたら

ベランダで倒れていた
一昨日の夏にベランダでキュウリを育てた時
まこりんが張ったツル用のネットに足を絡ませてしまったようだった

はるちゃんは倒れてるメーコを見て泣き出し
「いやだ メーコしんだらいやだ メーコー」
と泣いた

まこりんが死んだとき
棺の中のまこりんにゆで卵やバナナをむいて食べさせようとしていた はるちゃんの姿がよぎった

はるちゃん
成長したな


当のメーコは
呼ぶ声に応えて鳴いていたが
少し弱っていたかんじがした

抱いて部屋に入れて
水やエサをあげて布にくるんでトントンしていたら
元気になり
箱の上に上がって
何かを表現しているようだった

メーコのおかげで
はるちゃんの豊かさ袋が大きくなっていることは間違いない

ありがとう
メーコ
これからもよろしくね
あのー できればお手柔らかに
b0138522_20145324.jpeg
メーコのことと
横浜のおかーさんのことで11月は
つかれてしまい免疫力下がってしまったのか
久々の口内炎

そんなこんなで ご飯を食べてメーコの部屋覗いたら
水入れがひっくり返り水浸し
さらに床ぎウンチまみれ

だっからよー

お手柔らかにって言ってるじゃん






[PR]
by yokoiterumi | 2018-11-28 19:55 | 想い咲きほこれ まこりん逝って2年目 | Comments(0)

愚痴ってるとこ

b0138522_22595931.jpg

リビングから メーコのウンチやおしっこから守りたいものを移動させているうちに
本当にメーコのものだけの部屋になってしまった 
水島家のシンボルとも言える リビングのまこりん のギターも
一度片付けることにした

我が家の一番居心地がいいはずの寛ぎの部屋が
いま 一番居心地の悪い部屋になっていて
どうしたらいいのかわからない

はるちゃんが寝た後とか くつろぎたいのになぁ

テレビはこの部屋にしかないのでここしばらくつけていない
ある意味はるちゃんにはいいかもしれないけど
ご飯を作る時やメーコの世話やリビングの掃除をするときなど
テレビ頼りだったので 
結果アイパッドでゲームを覚えたはるちゃん
まぁ それもいいか

ご飯もこの部屋ではもう とても食べる気持ちになれず
他の部屋で食べて清潔を保つつもりなものの
カウンターで仕切られているとは言え 
リビングに台所はくっついているので
ビミョーな気持ち

家の中どこへいっても自由でよかったメーコの暮らす範囲を 
このリビングとベランダだけにさせてもらおうと決めたのはいつだったっけ
半年前か一年前か
自分がとても悪いことをしているような罪悪感があって
何日かは本当に心が苦しかった

そうすることで
おしっこやウンチの掃除をする場所が限られたことで
ずいぶん楽なったけれど 
ドアの開閉を忘れると住み分けなんて なんの意味もなく
家中がメーコのウンチとおしっこになる
それで はるちゃんに閉めてって言ったじゃんと強く強く言ってしまう
時には はるちゃんが泣くまで言ってしまい
(そんなに言うのは不要のことなのに)ごめんねと謝って
でもやっぱりかなしくて やり切れなくて もうやだと呟きながら掃除してしまう日がある

メーコの状態もまたすすんで
ウンチが常に垂れ流しの状態で 
そのまま座って寝て動いて起きた時には
ほぼ下半身はウンチまみれ
b0138522_22592206.jpg
月一回くらいシャワーをしてきたけれど
シャワーして半日するともう ほぼ もとどおりに汚れてしまい
そんなに頻繁にすることがいいとも思えないし
ないより そんな気力も時間もなくて 言葉がなくなる

シャワーして体を拭いてあげた後は
綺麗だし なんとなく可愛くなって 
たくさん布の上から撫でて
ごめんねメーコ と撫でている

b0138522_23005913.jpg
仕事から帰って保育所にお迎えに行くまではなんとか元気でニコニコしてられるものの
家に帰って プーンと臭うと 気分は急下降してしまい
掃除とご飯とどっち先にしたらいいんだろ〜
この匂いの中で夕食準備・・・
それとも お腹空いてるのに 自分たちのご飯作るより メーコか・・・

朝起きてメーコ部屋掃除したのに 帰ってまたメーコ部屋掃除  
時と場合によって 寝る前にもう一回メーコ部屋掃除

朝起きるのも帰ってくるのも 気持ちがやっぱり重くなりがちで
いい気は循環していないと 自分でも思ってる
多分 このままじゃいけないなと思う

疲れてる様子を見せない おかーさんになんて 
今の私は とてもなれなくて
結果・・・
はるちゃんは 私の様子を見て掃除を手伝ってくれたり
お米を研いでくれたりする こともある
4歳なのに

まぁ・・・ もちろんお手伝いは遊びでもあるけど

私は子どもの頃から おかーさんの顔色を先読みして動く子だったので
はるちゃんには そういう思いをさせたくないなと思っているけど
思っているけど
思っているけど

やつ当たっちゃったなぁ と思った時には
はるちゃん ごめんね
はるちゃんが悪いんじゃないのに 怒っちゃってごめんね
と謝るようにしてる


それで 今日 決心した

今のままでは 本当に疲れ果ててしまうので
ゲージで仕切ってリビングの半分 返してもらおうと思う
掃除する範囲をもう少し小さくさせてもらって
私の気持ちに もうワンクッション欲しい

まぁ・・ 餌はもりもり食べてるし
まだまだ元気だと思うけど
下半身が どんどんおかしいことになってることは間違いなくて
多分 本人も困ってるとは思うんだ

100均のすのこを上手くつなげればできるかなっ
週末にやってみようっと

ベランダもウンチやおしっこや吐いた餌ですごいことになってるから
デッキブラシ買ってこよっと

ゲームしてるってことにしよっと
シランケド

それでブログで愚痴ってるとこ






[PR]
by yokoiterumi | 2018-11-27 23:45 | 想い咲きほこれ まこりん逝って2年目 | Comments(0)

おそるべき4歳

b0138522_16314080.jpeg
テレビでクリスマスの装いの異人館が映り
「あー お姫様のおうちサンタさんおるー」と興奮して言うので
はるちゃんを 初めて異人館のある北野へ連れていった
まぁ・・・正確にいうと まこりん と新婚デートしたとこだから
お腹の中にいる時にきてるけど

萌黄の館で
カウチに腰掛けて
セピア色の写真に写ってるお嬢様の気分みたいでうれしそうだった

しかし
そんな穏やかな休日にも
横浜の母から 容赦なく電話があり
うんうんと聞くものの
あまりのわがままな言い分に
だんだんと腹もたって
泣きたくもなってくる

泣きたいと言ってるおかーさんに
泣きたいのは こっちだと心の中で叫んだ 風見鶏の家

「ねー どーしたん? なんで怒ってるん?」
とはるちゃんに顔をのぞかれ

ははは
そうだよね〜〜

ちゃうねん  怒ってるんじゃなくて
困ってるねん

b0138522_00060422.jpg
調度品の丁寧な手仕事に
癒された
木のものにする ろうけつ染め
いいなぁ  またやりたいなぁ
渋木も重クロム酸ナトリウムも 多分まだあると思うなぁ
暮らしを彩るっていいよなぁ


b0138522_16515645.jpeg
せっかく 北野に来たので
北野天満神社にあがった

平清盛に設建された福原京の鬼門守護は山のてっぺん
神楽殿ドキドキする
右手を挙げて 感じるまましていたら
はるちゃんも真似して
二人で手をヒラヒラ

お宮にお参りするとき 
神頼みなんて全く教えてもないし
教える気もないのに はるちゃんが
「神さま はるかはミッキーのパソコンをお願いします」と頭を下げて唱えていた
どこで覚えて来るんだろう 恐るべき4歳

おそるべきと言えば
先日 明石駅前でばったり会った友人に メーコの具合が悪いことをつらつらと話して
病院はかわいそうだから もう連れて行くのはやめて自然にしようと思っててー と喋った途端 横から
「お金もかかるしねー」とあまりに自然な相槌をはるちゃんが打ち

一瞬そのタイミングの良さと内容に わたし目が点
友人が大笑いして
「てるみん〜 もう迂闊なこと言えないね〜  聞いてるね〜〜はるちゃん〜〜」

ほんと・・・・
おそるべき4歳なり


【ライブ予定】

12月16日(日)  長田 六間道商店街  午後


1月17日(木) 舞子 こずみっく てるみんを囲んでほっこりライブVOL4「まこりん の楽器を持って集まろう その2」


3月3日(日) 舞子 こずみっく 「第2回 想い咲き誇れ」

[PR]
by yokoiterumi | 2018-11-25 16:30 | 想い咲きほこれ まこりん逝って2年目 | Comments(0)

オマチイタダイテルネン

b0138522_12590040.jpeg
久しぶりに友人の家に
まるで実家のように遊びにいき
はるちゃんを散歩に連れ出してくれてる間に
わたしは炬燵で本を読見ながらうたた寝

なんて平和なんでしょう
炬燵の中って

緩んでいるところへ
横浜のおかーさんから泣きながら電話がきた
弟がついに真実を話し
来月以降 新しい老人保健施設に暮らすことになる
しばらくは怒りと悲しみと
なんとか自分を納得させようという理由探しと
おそらく
胸の中は大騒ぎだと思う

いつ どのタイミングで
打ち明けても
多分おなじ道を通って
心が落ち着くまでには
ある程度の時間が必要なのだと思う

そのあと 弟とも話した
トオクハナレテ
おかーさんの話はうんうんと聞き
弟には労いと応援と入れ知恵
わたしができることは このくらい
仕方ない

b0138522_13381205.jpeg

保育園の帰り
マンションのエレベーターを先にのぞきにいったはるちゃんに
「早く早く」
とせかされ
それでもタラタラ歩いていたら
「ままっ オマチイタダイテルネン」
と耳元で囁かれた

エレベーターの中で私たちを待ってる人がいた
わたしは気づいてなかったけど
はるちゃん気づいて教えてくれた

それにしても
「オマチイタダイテルネン」
すごいじゃん

さすが わたしの子


【ライブ予定】

12月16日(日)  長田 六間道商店街


1月17日(木) 舞子 こずみっく てるみんを囲んでほっこりライブVOL4「まこりん の楽器を持って集まろう その2」


3月3日(日) 舞子 こずみっく 「第2回 想い咲き誇れ」



[PR]
by yokoiterumi | 2018-11-20 12:57 | 想い咲きほこれ まこりん逝って2年目 | Comments(0)